SHIMANO(シマノ)の「ゴリアテ Hi」は最新のシーバスメソッドに合わせた設計!旧モデルを超えた性能!

2017年03月に、SHIMANO(シマノ)の既存の製品 “ゴリアテ” がリニューアルされ、再登場することになった。

  • ゴリアテ Hi(Goliath Hi)

ハイレスポンス仕様となる今製品。旧モデルより、俊敏な立ち上がり性能を持ち合わせ、より軽い力で泳いでくれる。遅いリトリーブ(デッドスローリトリーブ)やドリフトに重点を置かれて進化を遂げたゴリアテ(ハイレスポンス仕様)。立ち上がりが早い分、シャローエリア等の浅瀬では最高のパフォーマンスを発揮するはずだ。浅瀬に居るシーバスをターゲットにする際に使ってみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
SHIMANO(シマノ)の「ゴリアテ Hi」は最新のシーバスメソッドに合わせた設計!旧モデルを超えた性能!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ゴリアテ Hi

SHIMANO(シマノ)から登場したシーバス用ルアー。既存の製品である旧モデル “ゴリアテ” のハイレスポンス仕様となる今製品は “X AR-Cシステム” を採用することにより、より軽い力で泳ぐことが可能。立ち上がりの早さを利用すればシャロー(浅瀬)でも気兼ねなく使用することができる。

元々、SHIMANO(シマノ)から製品化されていた旧モデル(ゴリアテ)。残念なことに廃盤となっていただけに店舗でも見かけることは少なかった。今回、復活したゴリアテはシマノインストラクターの “泉 祐文氏” が希望し復活することになったと動画では語られている。

旧ゴリアテと似たフォルムを持つ新ゴリアテ。しかし、公式サイトには “最新のシーバスメソッドに対応するためイチからボディ形状の設計をやり直した” と記述されている。この意味としては “X AR-Cシステム” といった軽い素材を使ったボディを使っており、バネでウェイトをコントロールする軸となっていること。飛距離だけでなく、より軽い力で泳がすことが可能。

  • スッとキャストし、スッとアクションへと移行させる

水面下のシーバスを素早く探索したい方やシャローエリアの攻略。スレたシーバスをよりナチュラルに誘いたい方にもオススメしたい製品だ。

Movie by Youtube

スペック / 特長

タイプ モデル サイズ(mm) 重さ(g)
フローティング XL-195Q 95 12
XL-112Q 125 17

This is Goliath Hi

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • ハイレスポンス仕様(旧ゴリアテを上回る性能)
  • 立ち上がりの速さ(AR-C SHELL)
  • ボディの向上(X AR-C)
  • バネでウェイトを制御(AR-C重心移動)
  • より軽い力で泳ぐ(ボディ素材の見直し)
  • デッドスローリトリーブ・ドリフトアクションに適応

旧ゴリアテの復活版となる新ゴリアテ(Hi)。公表されている段階でカラーリングは全12種類(記事執筆日)。リトリーブが基本アクション。デッドスローリトリーブやドリフトアクションを駆使して誘うと良いとのこと。ポイントに居るベイトのサイズに合わせて2パターンのサイズを使い分けつつ、カラーリングもベイトに似たカラーに変化しながら対応していきたい。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年03月に登場したSHIMANO(シマノ)の製品だ。

  • ゴリアテ Hi(Goliath Hi)

人気が出そうなサイズは95(mm)だろうか。陸っぱりから利用する分には “飛距離” は重要な要素だが30(m)程ではベイトのサイズも変化しないように思える。ただ、95(mm)にはトレブルフックが2つ搭載されているのに対し、125(mm)にはトレブルフックが3つ搭載されている。すなわち、フッキング確立という面では95(mm)よりも優れている。他に95(mm)では届かないポイントを攻略するのに適しているだけに沖合いから幅広くシーバスを誘う高い感知範囲を持ち合わせている。もろもろのことを考慮してもポイント選びだけは慎重に行いたいところ。時間帯に関してはベイトを追ってターゲットが接近してくる地合(朝マズメ・夕マズメ)を軸に釣りを行うと釣果が得られやすい。確実な釣果に一歩近づけるはずだ。

引用 SHIMANO(シマノ) ゴリアテ Hi