Maria(マリア)からフィッシュイーター用メタルジグ「ムーチョ・ルチア」が登場!人気のメタルジグが進化を遂げて帰って来た!

2017年03月中旬に、Maria(マリア)から、青物用のメタルジグが登場する。

  • ムーチョ・ルチア

ライトジギング・オフショアジギング、ショアジギング、様々なジギング釣法で使われてきた人気ある今製品。今回、登場するムーチョ・ルチアのカラーバリエーションを見る限り、かなり個性的な仕上がり。スイミングアクションとフラッシング力、数多いサイズバリエーションにより、様々なタックルで活用することができる汎用性あるメタルジグとなっている。ショアジギング初心者の方にもオススメしたいメタルジグだ。

そこで、レポ部では・・・
Maria(マリア)からフィッシュイーター用メタルジグ「ムーチョ・ルチア」が登場!人気のメタルジグが進化を遂げて帰って来た!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ムーチョ・ルチア

Maria(マリア)から登場した青物用メタルジグ。コストパフォーマンスに優れ、多くのブログに取り上げられている人気のメタルジグが再登場することになった。

アシストフックとトリプルフックをダブルで搭載した今製品。パッケージから開封した時点でメタルジグに関する設定は完了しているために手間を掛けずにそのまま使用することが可能。高い塗装強度を持ち合わせていることから歯の鋭い魚やストラクチャー等に当たった際に起こりうる塗装ハゲが起こりにくい仕様となっている。

レンズホログラムとバブルホログラムによる高いアピール性と安定した水泳姿勢により、通常リトリーブ(ただ巻き)でも十分にアピールできる性能を兼ね揃えている。

特に注目しておきたいのが “個性的なカラーバリエーション” の数々である。ブルーピンク(通称:ブルピン)はメジャーだとして、青物カラーには珍しい全体が黒色で配色された “黒アワビ” や小魚が捕食する姿を描いた “弱肉強食” といった配色までがラインナップされている。

ライトジギングやショアジギング、様々な陸っぱりから行う釣法で高い人気を得ている今製品。疲れない程度にターゲットを釣り上げたいならば通常アクション(リトリーブ等)でターゲットを狙える今メタルジグを使用してみてはいかがだろうか。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
ムーチョ・ルチア 51 18
55 25
62 35
68 45
80 60

※:18(g)と60(g)は4月に発売が予定されている模様。

This is MUCHO LUCIR

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • 投げて巻くだけで誘える(激しいシャクリ動作はいらない)
  • アシストフックとトリプルフックをダブルで搭載(初期設定がいらない)
  • レンズホログラムとバブルホログラムをWで採用(高輝度ホログラム)
  • ストラクチャー・歯の鋭い魚に強い(塗装ハゲに強い)
  • ヘッド部(腹部寄り)にサイズを刻印(サイズが一目で判断できる)

数多いメタルジグの中でもリーズナブルに使用することができる今製品。ストラクチャーの隙間や藻の中に潜むフィッシュイーター達をくまなくサーチ(探求)することが可能。すなわち、シビアなポイントを攻略する際に慎重にならずとも攻撃的に攻めることできるはずだ。初めてのポイントの初期攻略として今メタルジグを使用してみて欲しい。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年03月中旬に登場したMaria(マリア)の製品だ。

  • ムーチョ・ルチア

塗装ハゲに強い特長を持ち、アシストフックとトリプルフックを初期搭載。ダート等の複雑なアクションを必要としない今製品。総合的に考察すると “ショアジギングを始めて行う方のために開発されたようなメタルジグ” に仕上がっている。是非、ショアジギング・ライトジギングを始めて行う際には初期設定のいらない扱いやすい今メタルジグを使ってみてはいかがだろうか。

引用 Maria(マリア) ムーチョ・ルチア