Daiwa(ダイワ)のキジハタ用ワーム「TRF KJカーリー」は小粒の気泡で誘えるアピール系ワーム!

2017年03月に、Daiwa(ダイワ)から、キジハタやその他のフィッシュイーター達に効果的なカーリーテール型ワームが登場する。

  • TRF KJカーリー(TRF KJ CURLY)

本体サイドから無数に生える足。この芋虫のような姿(フォルム)が様々なフィッシュイーターの本能を刺激するのか。どうやら、アクション時に細かな気泡を発生させてアピールすることができるらしい。カーリーテールであるがゆえにアピール度は抜群。ここぞ!という場面で最大限にアピール度を高めてキジハタを含むフィッシュイーター達を特殊な波動で誘い上げてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)のキジハタ用ワーム「TRF KJカーリー」は小粒の気泡で誘えるアピール系ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

TRF KJカーリー

Daiwa(ダイワ)から登場したアコウ(キジハタ)と様々なフィッシュイーターを対象とした汎用型ワーム。名前の通り、尻尾の先が三日月の形をしたカーリーテール型のアピール系ワームだ。

全体的なフォルムはカーリーテール型ワームの側面に薄いリブを無数に配置した姿。公式サイトではこれを “モジャモジャボディ” と表している。このモジャモジャボディは “スローフォールの実現” と “アクション時に細かな気泡” を発生させる役割を兼ねている模様。

キジハタ(アコウ)だけでなく、様々なフィッシュイーターに高いアピールを示すとされる今製品。ジグヘッドと共に使うことで様々な釣法及び、タックルに応用することができるかもしれない。ゲーム性に適応する汎用性もチェックしておきたいポイントの一つだ。

テール部位には “3Dクレセントカーリーテール” を採用。公式サイトによると “中央部のみを凹ませた” 仕様にすることでレスポンスの良さと強度を持ち合わせているとか。

アクション時に発生する細やかな気泡で様々な魚達を魅了する。タックルボックスに今製品を忍ばせておくことで「ここぞ!」というアピール時に役に立つ他、使い方次第では “多様多種” な釣り方で釣行を楽しめるかも知れない。

スペック / 特長

タイプ サイズ(inch) 本数
カーリーテール 3.8 7

This is TRF KJ CURLY

チェックしておきたいポイント!

分かりにくい方のために、今一度、この製品の特長や機能をおさらいしておこう。

  • アクション時に細かな気泡を発生させてアピールする
  • カーリーテール型
  • キジハタを含めた様々なフィッシュイーターを誘うことができる
  • 複雑な水流を発生させる(ゆっくりとしたフォールが可能)
  • レスポンスの良さと強度を持っている

キジハタゲームだけでなく、様々なフィッシュイーターに効果的とされる今製品。(約)9.6cmという他の釣法でも応用が利く汎用性を持つ仕上がり。カラーリングは全8種類(記事執筆日に確認)。アコウ(キジハタ)の定番カラーとされる “赤色” や “桃色” をベースとした配色が多く登場している。ポイントに合わせて使い分けつつ、ベストな配色を見つけ出して欲しい。

まとめ

今回、紹介したのは、2017年03月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • HRF KJカーリー(TRF KJ CURLY)

アクション時に細かな気泡を発生させてターゲットを誘い上げる。無数のリブのかみ合いが細やかな泡を発生させることができるのか。カーリーテールが発する強い波動も注目しておきたいポイントの一つだ。是非、アピール型のワームを使用し、マズメ等の捕食タイミングを無駄にしないように “攻めの姿勢” で釣りを行ってみてはいかがだろうか。

引用 Daiwa(ダイワ) HRF KJカーリー