Daiwa(ダイワ)から「セオリー 17」が登場!最先端の機能を持った軽量モデル!

2017年02月に、Daiwa(ダイワ)から、新しいリールが登場することになった。

  • セオリー 17(THEORY)

新型リール “セオリー” にはマグシールドが搭載されている他、ZAION製エアローターやオートマチックドラグシステムといった新しいスペックが搭載されている。高スペックだけに様々な釣法で使われることになりそうだ。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)から「セオリー 17」が登場!最先端の機能を持った軽量モデル!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

セオリー 17

大手釣り具メーカーDaiwa(ダイワ)から登場した新型リール “セオリー” 。丈夫・軽量・多機能とアングラーには嬉しい機能が詰まったハイパフォーマンスリールとなる。

あらゆる異物の侵入を防ぐ “マグシールド機構” や、最先端のドラグシステム “オートマチックドラグシステム(ATD)” が搭載されている今製品。注目すべきはその軽さにある。

ボディ・エアローター共にカーボン素材を用いた “ZAION(ザイオン)素材” が用いられているだけに軽量。アジング・メバリング等のアクションを行う釣法でも爽快に扱うことができる重さを持ち合わせている。ただし、3500・4000等の大きいサイズには別の素材が使われている模様。その他にもDaiwa(ダイワ)が誇る機能が満載。まさに、ハイパフォーマンスリールという称号が相応しい仕上がり。

カラーリングはボディに黒色。スプールには金色の配色と渋みと明るさのバランスが上手く取れているように感じる。

番数は2004(番)から4000(番)まで計11種類がラインナップ。数多い種類の中から釣法に合ったリールをチョイスできるのも素晴らしい。(3500PE-H/4000/4000Hに関しては2017年03月に登場?)

耐久力・軽さ・デザイン・各種性能において素晴らしい仕上がりとなっている。興味をお持ちの方は次項のセオリーの紹介動画を参考にしてみてはいかがだろうか。

スペック / 特徴

番数
2004 2004H 2506 2506H
2508PE-H 2508PE-DH 2510PE-H 3012H
3500PE-H 4000 4000H

This is THEORY

セオリーの解説動画

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介するのは、2017年02月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • セオリー 17

2017年に登場した数々のリールの中で “セオリー” は新型のリールとなる。同時期に登場する2017年バージョンのリバティクラブやワールドスピンといった派生型リールもチェックしておきたい。是非、自分に合ったリールを選択し、今年度もストレスのない釣りを行って欲しい。

引用 Daiwa(ダイワ) セオリー 17