Daiwa(ダイワ)から「ワールドスピン 17」が登場!回転力に重点を置かれたリール?!

2017年02月に、Daiwa(ダイワ)の既存の製品 “ワールドスピン” が新しく生まれ変わって再登場することになった。

  • ワールドスピン 17(WORLD SPIN 17)

2013年に登場した “ワールドスピン 13” のフォルムとは別格といっていい程の重圧感ある仕上がり。そして、Daiwa(ダイワ)が誇る基本テクノロジーが搭載された淡水・海水共に対応した扱いやすいリールとなっている。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)から「ワールドスピン 17」が登場!回転力に重点を置かれたリール?!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワールドスピン 17

大手釣り具メーカーDaiwa(ダイワ)の既存の製品 “ワールドスピン 13” が2017年モデルに生まれ変わって登場することとなった。サビキ釣り等の釣法でマルチに活躍する本リール。今回、登場することになった “ワールドスピン 17” は、公式サイトによると “リールの回転” に重点を置かれて製作されている模様。

Daiwa(ダイワ)が誇る技術である “デジギアⅡ” や “アンチバックラッシュシステム” といったリールとラインの放出関係を円滑にする技術。糸ヨレを解消する技術 “ツイストバスターⅡ” 等の基本テクノロジーが詰まったリールとなっている。

ボディ色は薄い銀色で彩られていた印象が強い旧ワールドスピン。2017年モデルは “黒色” と “銀色” がメインカラーとして使用されており、釣り意欲を駆り立てられるような仕上がり。

CFタイプとノーマルタイプの2種類がラインナップされている。CFタイプはラインの付属は無し。インナーボックス仕様。ノーマルタイプとは違いベアリングが “3/1” に設定されている。よりスムーズさを求めるならばCF系を使うべきか。

コストパフォーマンスが高い本製品。新しいモデルの割にはコスト性が優秀で初心者の方は勿論、気軽にリールを手に入れたい方には嬉しい製品となっている。気になった方はDaiwa(ダイワ)の公式サイトをチェックしてみてはいかがだろうか。

スペック / 特徴

番数
1500 2000 2500
3000 3500 4000
CF2000 CF2500 CF3000

This is WORLD SPIN 17

機能と性能とは?

今回、登場した “ワールドスピン 17” は、Daiwa(ダイワ)の基本テクノロジーが搭載されたモデルとなっている。以下に機能と性能を記す。

  • デジギヤⅡ
  • ワンタッチ折りたたみハンドル
  • ABSⅡ
  • クロスラップ
  • ツイストバスターⅡ
  • インフィニットストッパー

これだけの性能と機能を兼ね揃えていながら高いコストパフォーマンスを持つ本製品。重量感あるボディや配色。2013年に登場したワールドスピンと違い、渋みのあるカッコ良いリールに仕上がっている模様。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2017年02月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • ワールドスピン 17(WORLD SPIN 17)

リールの回転性能に視点を置かれた高パフォーマンスリール。ボディも旧モデルとは違った重量感ある仕上がりとなっている。是非、様々な環境で使える今リールを用いつつ、サビキ釣りを始めとした様々な釣法で釣果を出して欲しい。

引用 Daiwa(ダイワ) ワールドスピン