SMITH(スミス)の「メバペンSP ネオン」は水面直下で誘うメバル用ペンシルベイト!

2016年12月に、SMITH(スミス)から、新しいメバル用ペンシルベイトが登場した。

  • メバペンSP ネオン(MEBAPEN SP NEON)

数多いメバル用プラグを産出してきたSMITH(スミス)。今回、登場したプラグは水面直下に潜むメバルをターゲットにできるサスペンドタイプ型ペンシルベイト “メバペンSP” にネオンプレートが持つアピール力を取り入れた物となる。水面直下に浮いてきたランカーメバルを攻略するのに一役買いそうだ。

そこで、レポ部では・・・
SMITH(スミス)の「メバペンSP ネオン」は水面直下で誘うメバル用プラグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

メバペンSP ネオン

SMITH(スミス)の既存の製品 “メバペンSP” にネオンプレートを搭載したモデル “メバペンSP ネオン” が登場した。公式サイトによるとネオンプレートとは “クリアー板に特殊フィルムを加工したもの” をいうらしい。このインナープレートが本体内部構造に組み込まれることで “僅かな角度の違いで変色とフラッシングをもたらす” とのこと。

水面直下で独自の浮遊姿勢を保つ “メバペンSP” にネオンプレートを設けることでクリア系ルアーのアピール力を更に向上したルアーに仕上がっている模様。ネオンプレートを取り入れたアピール系ルアーを用いればメバルの視野内に入りやすそうだ。

アピール系ペンシルベイトとして登場した今製品。アクション方法としては “スローでのストップ&ゴー” や “トゥイッチ” でルアーの動きを意識しながら誘うと効果的とされている。

ネオンプレートが発するアピール力を持ってすればタダ巻き(リトリーブ)でも誘えそうな気もしなくはない。水面直下を攻めるならば “メバペンSP ネオン” は要チェックしておきたい。

スペック / 特徴

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
サスペンド 45 3.2

This is MEBAPEN SP NEON

水面にメバルが現れる状況とは?

根魚として知られるメバル。そんなメバルも水面に浮上してくることも珍しくはない。水面付近にメバルが浮上してくる場合は以下の通りだ。

  • 餌を追い込んでいるとき
  • 酸素が薄いとき(潮止まり等)
  • 浅瀬のポイントで釣るとき

一番に分かりやすいのが明りに集まってくるメバル。明りにはプランクトンが集まりやすい。すなわち、そのプランクトンを狙ってメバルが浮上してくる訳だが “見えているメバルは意外と釣りにくい” のも事実である。そんなシビアなポイントで釣りを行う場合には “ポイントに合ったルアー” を探し出すことが一番である。様々なルアーを使い分けつつ、ポイントに合ったルアーを探し出して欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年12月に登場したSMITH(スミス)の製品だ。

  • メバペンSP ネオン(MEBAPEN SP NEON)

是非、ルアーが持つタイプを状況に合わせて使い分け、メバルが潜む海層(タナ)に合わせてピンポイントに狙ってみて欲しい。きっと釣果が上がるはずだ。

引用 SMITH(スミス) メバペンSP ネオン

こちらの記事もどうぞ!