SMITH(スミス)の「メバピョンピョン」はダート釣法で誘うキビキビアクション型ワーム!

2016年12月に、SMITH(スミス)から、ダート釣法でメバルを誘うアクションユーザー向けワームが登場した。

  • メバピョンピョン(MEBAPYONPYON)

太いボディから極端に細くなるテール。この極端な形状がダートアクションにハッキリとしたキビキビ動作をもたらすのか。獲物の捕食スイッチを強制的に “ON” にすることで知られているダート釣法。メバルをダートアクションで誘うときはダート専門に開発されたワームを使って誘ってみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
SMITH(スミス)の「メバピョンピョン」はダート釣法で誘うキビキビアクション型ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

メバピョンピョン

SMITH(スミス)から登場したメバル用シャッドワーム。2016年12月に登場したSMITH(スミス)のメバルワームは “ダートアクション” で誘い上げるダート型と “タダ巻き” で誘うリトリーブ型の二種類だ。リトリーブ型となる「メバピンピン」は後述するとしてダート型となる「メバピョンピョン」について少し紹介しよう。

メバピョンピョンはキビキビアクションを演出させるダート釣法で誘い上げる。ダート釣法とはワームの動きを左右させることによって魚の捕食スイッチを強制的に “ON” にさせるアクション方法。すなわち、ダートアクションは活性が低いメバルに対して効果的となる。そんなシビアな状況に遭遇した時には「メバピョンピョン」を使いつつ、ダートアクションを駆使して誘ってみよう。

開発に携わっているのはライトゲーム界の巨匠と謳われる “武田栄氏” 。ワーム本体にツートンカラーが採用されているには “武田栄氏” が体験してきた様々な経験を元にして作られたからだ。すなわち、”釣りプロが導き出した答え” が「メバピョンピョン」には詰まっていると判断できる。

本体を見ると太いボディからテール部位にかけて極端に細くなっている。この独創的な形状がダートアクションにハッキリとしたキビキビ動作をもたらすのか。ダートアクションでメバルを誘うときには「メバピョンピョン」を使って誘い上げてみよう。

スペック / 特徴

対象魚 サイズ(inch) 本数
メバル・他 1.3 10

This is MEBAPYONPYON

タダ巻きで誘うなら「メバピンピン」をチェック!

ダート釣法でメバルを誘い上げる「メバピョンピョン」と一緒にチェックしておきたい製品は、様々なリトリーブスピードに対応しつつ、リトリーブに変化を付けたアクションリトリーブでもメバルを誘うことができる万能ワーム「メバピンピン」だ。

メバピョンピョンと比較すると0.1(inch)ほどサイズが拡大。メバピョンピョンと同じく、ツートンカラーが採用されている。ダートで誘うメバピョンピョン。対して、メバピンピンはリトリーブで誘うことができる初心者向けワームだと言える。

公式サイトによると “表層スキッピングやストップ&ゴーなどのアクションリトリーブなど万能タイプのピンテールモデル” と表現されている。ピンテール型の最大の強みである “オールマイティー能力” と “武田栄氏” の経験により導き出されたツートンカラー。これらが合わさった万能メバル用ワームが「メバピンピン」だ。

なお、メバピョンピョンとメバピンピンの双方にエビから抽出したオイルフォーミュラー入っている模様。ワームが放つ臭いで集魚効果を得ることができる。メバル用ワーム「メバピョンピョン」と「メバピンピン」を使いこなしてメバルを釣り上げてみよう。

スペック / 特徴

対象魚 サイズ(inch) 本数
メバル・他 1.4 10

This is MEBAPINPIN

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年12月に登場したSMITH(スミス)の製品だ。

  • メバピョンピョン(MEBAPYONPYON)- ダート釣法で誘うならコレ!

同時期に製品化されたライトゲーム用ワームもチェックしておきたい。

  • メバピンピン(MEBAPINPIN)- リトリーブで誘うならコレ!

是非、メバルをターゲットにする際は、誘い方に合わせてワームタイプを使い分けつつ、ターゲットを釣り上げて欲しい。

引用 SMITH メバピョンピョン

引用 SMITH メバピンピン