SMITH(スミス)の「メバペンマグナム」はデカメバルを誘うことに特化したビックプラグ!

2016年12月に、SMITH(スミス)から、メバペンマグナムの後継モデルとして新たな対メバル用プラグ「メバペンマグナム ネオン」が登場した。

従来から登場しているメバペンシリーズの中でも飛距離に特化したメバペンマグナム。少し離れた潮目やベイトポイントにキャストすることができる飛距離性能に特化したメバル用プラグだ。従来から登場しているメバペンマグナムの各性能を受け継ぎつつ、本体にネオンプレートが採用されたアピール系プラグの登場だ。

アピール力を強化したい方はボディ内部に “ネオンプレート” が採用されている今プラグを使ってみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
SMITH(スミス)の「メバペンマグナム」はデカメバルを誘うことに特化したビックプラグ!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

メバペンマグナム ネオン

2016年12月に登場したメバペンマグナム ネオン。従来から登場していたメバペンシリーズ「メバペンマグナム」の後継モデルである。メバペンマグナムの飛距離性能の秘訣 “重さ” と “長いボディ” である双方の性能を受け継ぎ、本体にネオンプレートが採用されたメバペンマグナム ネオンは表層近くにいるデカメバルを誘うことを想定したモデルとなっている模様。

公式サイトによると “クリアー板に特殊フィルムを加工した物” がネオンプレートと呼ばれており、その特殊プレートを本体に挿入することで “透過性がありながらも、僅かな角度の違いで変色とフラッシングをもたらす” ということらしい。

カラーラインナップを見る限りでは本体が透き通ったクリアカラーが多いように見える。これは、最大限にネオンプレートのアピール効果を発揮させることを目的とした作りとなっているからか。ネオンプレートによるアピール効果とメバペンマグナムの飛距離性能のダブル効果を持ってメバルを誘い上げることが可能となる。

デカメバルを想定した作りとなっている理由としては “本体サイズ” にあると想定する。メバペンシリーズの中でも大きめに設定されたメバペンマグナム。デカメバルになるほど大きいベイトを捕食することが多い。小さい個体が大きいベイトを食べることは少ないとされているメバル釣りでは大きいベイトを想定して製作された今モデルは効果的だと言える。

飛距離性能にアピール効果が追加された「メバペンマグナム ネオン」は、デカメバルを釣り上げるならばチェックしておこう。

スペック / 特長

タイプ サイズ(mm) 重さ(g)
フローティング 68 7.7

This is MEBAPEN MAGNUM NEON

デカメバルを誘い出すコツとは?

デカメバルを誘い出すコツ。それは “メバルが居る海域に行くこと” である。頻繁にデカメバルが釣れる場所だと恵まれているポイント。そういったポイントはキープしておきたい。ただし、根付いているメバルをターゲットとする場合は人の出入りを気にする必要性がある。当たり前だがメバルが釣れたら釣れる確立は減少する。デカメバルなら尚更だ。肝心なのは「人通りの少ないポイント」で釣りの三大ポイントといえる「潮」「季節」「時間」を知ることだと言える。頻繁に叩かれているポイントはデカメバルの影も薄いためにサイズを望むことはできない。これらのことを踏まえつつ、デカメバル釣りに挑戦してみよう。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年12月に登場したSMITH(スミス)の製品だ。

  • メバペンマグナム ネオン(MEBAPEN MAGNUM NEON)

是非、表層メバルをターゲットとする場合には “飛距離性能” と “ネオンプレートが放つアピール力” でデカメバルを誘ってみて欲しい。

引用 SMITH メバペンマグナム ネオン