モンベルの「フィッシングハット」は釣りに必要な性能を揃えた機能的な帽子!

日中釣りを行う際に危惧される強烈な日差し。強烈な日差しを浴び続けることで人間の体には様々な影響が出始める。そんなときにはツバ付きの帽子。直射日光を避けるだけではなく、ツバが付いていることで頭部の広い範囲に影が付き、涼しさと視界の確保をもたらしてくれる。

今回は、ツバが全方向に付いている機能的なフィッシングハットについて紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
モンベルの「フィッシングハット」は釣りに必要な性能を揃えた機能的な帽子!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フィッシングハット

モンベルの既存の製品「フィッシングハット」は、全方向からの日除けを考慮した “円ツバ” が採用されている。さらには、紫外線遮へい率90%以上を兼ね揃えた高UVカット率を持っているだけにアウトドアでの実用性は高そうだ。

フィッシングハットには円ツバに “樹脂製の芯” が挿入されている。これにより、自由自在にツバの形状を変更することが可能。日差しの強いときにはツバを寝かしたり、視界を確保したいときにはツバを立てたりとアングラーの希望に沿った形状を作ることができる。

表面には撥水加工が成されているために少しの雨ならば問題は無いように見える。素材にはバリスパン素材が使われている。強度や速乾性にも優れているのも魅力的だ。

撥水・UVカット・速乾性・強度、釣りに必要な機能と性能を兼ね揃えているフィッシングハット。これから到来する「春」に向けていち早く装備を整えてはいかがだろうか。

スペック / 特長

サイズ
S M L XL

This is Fishing hat

日光を浴び続けることで起こる病気とは?

一般的に紫外線を浴び続けることで出る体への影響について少し触れてみよう。

頭部近辺による症例だと、

  • 頭皮への影響
  • 目への影響
  • 肌への影響

以上の3つに大きく分けることができる。

紫外線を浴びることでの代表的な病気としては、充血・白内障・翼状片・雪目・角膜炎、日焼け・日光アレルギー・日光角化症など。ダイレクトに浴びることになる “頭へのダメージ” は凄まじいと予期される。髪の毛は皮膚とは違って再生機能がないとされている。目の細胞も一度破壊されてしまうと再生することが難しい。長時間の釣りを実行するならば、必ず、紫外線から身を守るグッズを身に付け、釣りに挑んで欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、Montbell(モンベル)から登場している既存の製品だ。

  • フィッシングハット

日光を直に浴び続けることとなる釣り。通常の帽子を被っても効果的だが釣り専用に開発された帽子を選択することができれば、より機能的に日光への耐性を付けることができるかもしれない。自分の身を守るために帽子は欠かせない存在である。

是非、この際に、紫外線から体を保護するグッズを揃えつつ、紫外線を多く浴びることになるシーズン(春~夏)を乗り切って欲しい。