SMITH(スミス)の「メバピンピン」は幅広いリトリーブ速度に対応した対メバル用の万能ワーム!

2016年12月に、SMITH(スミス)から、メバルに向けた新しいピンテールワームが登場した。

  • メバピンピン(MEBAPINPIN)

様々なリトリーブ速度に対応したモデル。ストップ&ゴーといったリトリーブ速度に変化を付けたアクション系リトリーブでも扱いやすく設定されているだけにビギナーから熟練者までと幅広い人気を集めそうだ。

そこで、レポ部では・・・
SMITH(スミス)の「メバピンピン」は幅広いリトリーブ速度に対応した対メバル用の万能ワーム!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

メバピンピン

SMITH(スミス)から登場したピンテール型ワーム「メバピンピン」は、湾内メバルに効果的な “スマート&スモールデザイン” を意識して製作されているようだ。製品登場当初から多くのカラーリングがバリエーションとして用意されている。各ポイントに適したパターンカラーを広く選択することができるのも一つの魅力であると感じる。

ライトゲーム界の巨匠 “武田栄氏” が開発に携わっているメバピンピン。ワーム本体に装飾されたカラーリングには巨匠の経験から導きだされたツートンカラーが採用されている。単色のカラーリングで構成された従来のワームとは違い、複数のカラーリングを組み合わせたワームの方がメバル等のワーム慣れをした固体からは見切られにくいからだ。

ワームの本体(前部)には2つの窪みが付いている。後ろからチョボチョボと餌を捕食するメバル相手には、針先からワーム尾っぽの間隔を短くすることで針掛りが良くなることがある。この2つの窪みのどちらかをカットして尾っぽから針先までの距離を見直すことで更なる釣果が期待できるかもしれない。

様々なリトリーブ速度に対応したメバピンピン。ストップ&ゴーといった多彩なリトリーブアクション等でも扱いやすく設定されている。ビギナーの方を始めとするリトリーブアクションを主体に攻めることの多いアングラーにオススメしたいピンテール型ワームが「メバピンピン」だ。

スペック / 特長

釣法 サイズ(inch) 本数
ライトゲーム 1.4 10

This is MEBAPINPIN

同時期に登場した「メバピョンピョン」もチェック!

メバル用ピンテールワーム「メバピンピン」と一緒にチェックしておきたいアイテムは、SMITH(スミス)から同時期に登場したメバル専用シャッドワーム「メバピョンピョン」だ。

メバピンピンは幅広いリトリーブ速度に対応したモデル。対して、メバピョンピョンはダートアクションでターゲットを誘うときに有利となる。メバピンピンと比較すると0.1(inch)ほどサイズが縮小。ピンテール型ワームとは違って尾っぽから本体へと繋がる曲線が滑らかに描かれているように見える。ダートアクションをしたときにキビキビと動く動作を思想として組み上げられたものだろうか。

ダートアクションは活性が低いメバルに対して効果的。メバピンピンと同じツートンカラーが採用されていることから実用性は高そうだ。

ワームの本体(前部)には1つの窪みが付いている。ワーム自体がメバルのサイズと合っていないと感じた場合は、窪みから前部をカットすることでメバルの口に合わせたセッティングへと変更することが可能。

ダートアクションでメバルを誘うことを目的として製作されたメバピョンピョン。活性の低い場合はダートアクションを持ってメバルの捕食スイッチを強制的に「ON」することを意識してキビキビとしたロッドワークを心掛けよう。

スペック / 特長

釣法 サイズ(inch) 本数
ライトゲーム 1.3 10

This is MEBAPYONPYON

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年12月にSMITH(スミス)から登場した製品である。

  • メバピンピン(MEBAPINPIN)- リトリーブで誘うならコレ!

同時期に登場した対メバル用ワームもチェックしておきたい。

  • メバピョンピョン(MEBAPYONPYON)- ダートで誘うならコレ!

是非、自分がアピールしたいアクションと合致したルアータイプを選択し、各ポイントに居付くメバルを釣り上げて欲しい。