カマス釣りの基本と基礎 – Kamasu Fishing –

カマスとは “カマス科カマス属に分類される胴長な体つきが特長” の海水魚である。

ルアーフィシング・サビキ釣り等の外道として釣られることの多いカマス。釣れる頻度が多いことからルアーを使ってカマスを専門に狙うアングラーも数多く存在している。

今回は、陸っぱりから釣り上げることができる海水魚「カマス」を、ルアー(メタルジグ)でターゲットにすることを前提としたタックルの組み上げ方と釣り方について紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
カマス釣りの基本と基礎 – Kamasu Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

カマス釣りとは?

カマスを専門に狙い釣る釣法「カマス釣り」。

近年、流行りだしているのが陸っぱりからルアーを使ってカマスを釣り上げる方法だ。

使う餌(エサ)はメタルジグと呼ばれる模擬餌。メタルジグは鉛(ナマリ)を使って作られている。カマスのような歯が鋭い魚に対してはワームよりも鉛(ナマリ)で作られた頑丈なルアーを使った方が変形せず、何回もキャストすることができる。

それでは、早速、カマス釣りに必要な知識とタックル(道具)について紹介していこう。

釣れる場所

カマスが釣れる場所は様々。ただ、風通しが良い “沖に面している場所” で釣りを行うと釣れやすい。特に “沖に面しているポイント” にはカマスが集まりやすい。さらには、カタクチイワシ等のベイトボールが発生している場所にはカマスが捕食しにやってくることがある。ナブラ等の現象に遭遇した場合には積極的にキャストしてみよう。

  • 防波堤の先端(風通しの良い場所)
  • 沖に面している場所
  • 群れが回遊している場所
  • 明かりが付いている場所
  • 水深が深い場所

カマスは回遊魚。アジのように湾内に集まってくることも珍しくはない。周囲でバタバタとカマスが釣れている場合は躊躇なしに仕掛けを放り込んでみよう。

釣れる期間

カマスの釣れる期間は限られている。ただし、場所によっては冬等のオフシーズンでも釣れる場合がある。シーズンに捉われない。すなわち、場所によってのベストシーズンを見つけ出すことがカマスを一番に釣り上げる方法である。

これから解説するカマス釣りのシーズンは餌(エサ)となるカタクチイワシが接岸するカマス釣りの代表的なシーズン。参考適度に知ってもらいたい。

釣れる季節

川へ遡上する一部のカタクチイワシが接岸するシーズンは3月下旬(春)から5月上旬(初夏)。基本的にはこのシーズンがカマス釣りのベストシーズンだ。ただし、魚に追われて接岸することもあるために決まったシーズンは存在していない。

カマスが釣れている地域では数多くのカマスが回遊していることが多い。近くの釣具店に行って情報を集める。もしくは、釣り場に居る現地のアングラーから情報を聞き出して欲しい。

釣れる時間

カマスが釣れる時間はカタクチイワシが大量に発生する時間。すなわち、日の出・日の入りの前後1・2時間(朝マズメ・夕マズメ)か、満潮の前後1・2時間である。魚が接岸する時期は限られるが餌(エサ)の捕食時間は大まかに決まっている。大型の回遊魚も同時にこの時間に集まって捕食するために上記の釣れる時間には必ず釣りを行っていたい。

それでは、カマス釣りにお勧めするタックル(道具)を紹介していこう。

竿(ロッド)の選択

カマスは歯の鋭い魚。これを考慮すると柔らかいワームよりかは鉛(ナマリ)で作られているメタルジグを使う方が取り返しがよく釣りを行うことができる。すなわち、メタルジグを使うことができるタックルを前提に組み上げていこう。ただし、陸っぱりからでは15cm程の大きくて重いメタルジグを扱うことができるガチガチの硬い竿ではなく、3cm~7cm程の軽量ジグを扱える竿を前提にタックルを組み上げていく方がメジャーである。

メタルジグの重量が重いと飛距離が伸びる。ただ、メタルジグの重量と比例してサイズも大きくなるために小さいカマスは食いつかないことが多い。ライトゲームに使用される3cm~7cmの軽量ジグを扱えるタックルを選択して、気軽に陸っぱりからカマス釣りを行えるタックルを軸に組み上げていこう。

カマス釣りに必要なスペックを以下に示す。

  • 軽量ジグを扱える(5g~40g)
  • 軽さ(アクションし続けることができる軽さ)
  • スピニングタックル(スピニングリールが扱える竿)

実際に大型のメタルジグ(15cm程)を扱える竿を使ってカマスを釣り上げている姿を目撃したことはない。(船からは除く)

陸っぱりからカマスを釣り上げるならばライトタックルを用いて接岸したカマスを狙って釣りを行いたいところ。陸っぱりからカマスを狙うタックルの目安としては25cm未満の魚を狙うならば0.5g~10gを扱える竿。25cm以上を狙うならば10g~30gを扱える竿を基準に選択すると良い。

▼ 25cm未満の魚を狙える竿(スピニングタイプ)

ダイワ(Daiwa) 月下美人 アジング 74L-S

▼ 25cm以上の魚を狙える竿(スピニングタイプ)

シマノ(SHIMANO) ルアーマチック スピニング S86ML

リールの選択

竿を選択することができれば後は竿に合ったリールを選択するだけだ。組み上げ方は0.5g~10gを扱える竿を選択した場合には取り返しの良い2000番程のリール。10g~30gを扱える竿を選択した場合は3000番程のアクションに幅を持たせることができるリールを選択すると良い。

カマス釣りに必要なリールスペックを以下に示す。

  • 軽量(アクションし続けることができる軽さ)
  • 頑丈(不意の大物にも対処できる頑丈さ)
  • 適合性(竿に合ったスペック)

カマス釣りで一番に重要視すべき道具はリールである。カマスは青物の一種。引きが強いことで知られている。すなわち、ドラグ性能が優秀でないとリールを円滑に操作することができない。円滑に操作できないと引きの強い青物に対して大きなハンデを背負ってしまうことになる。さらには、竿に合わないリールを選んでしまうとアクションに幅を持たせることができなくなり、水中でのメタルジグの動きが疎かになってしまう。

リールスペックだけは妥協せずに竿のスペックと合致したリールを選択して欲しい。

▼ 2000番(スピニング)

シマノ(SHIMANO) ソアレBB C2000PGSS

▼ 3000番(スピニング)

ダイワ(Daiwa) エクセラー 3000H

糸(ライン)の選択

カマス釣りで使いたい道糸(メインライン)はPEラインかフロロカーボンライン。

カマスは歯の鋭い魚。通常の糸(ライン)を使っていては鋭い歯によって意図も簡単に切断されてしまう。メインラインにの先にスナップを付け、ワイヤーリーダーをセッティングした上で釣りを行って欲しい。

それでは、ラインシステムを組み上げに必要なワイヤーリーダーについて解説していこう。

ワイヤーリーダー

ワイヤーリーダーを使う理由としては “カマスが歯の鋭い魚” であるからだ。メインライン(道糸)に強度が強いとして知られるフロロカーボンラインを使用したとしても、ある程度の強度を持つことができる。ただし、カマスのサイズの大きさや旋回したタイミングによっては切断される可能性が出てくる。それを確実に対処するのがワイヤーリーダーの役目である。

ワイヤーリーダーは「金属」で作られている。太刀魚・サメ等の鋭利な歯を持った魚に切断されないように開発された特殊糸であり、ナイロンラインやフロロカーボンライン、PEライン等の通常ラインで切断されることを防ぐ特殊ラインのことである。

道糸(メインライン)に自由を持たせることで道糸のラインの特長を取り入れつつ、切断されないラインシステムに組み上げることが可能。無論、カマス等にも有効であり、陸っぱりからの釣りやオフショア(船)からの釣りに幅広く応用されている。カマスを確実に釣り上げるためにもワイヤーリーダーは採用したいところ。

メタルジグ

メタルジグとは鉛(ナマリ)で作られた模擬餌のことである。数々の釣りメーカーがメタルジグを産出して世に送り出している。とはいっても、カマスを専門に狙うコンセプトを持ったメタルジグは少ないように思える。ただし、メタルジグでカマスを釣ることができるメタルジグは存在する。そこで、これからカマスを釣り上げることができると有名なメタルジグを幾つか紹介していこう。

月下美人. プリズナー

Daiwa(ダイワ)から登場しているメタルジグ。カマスの他に、アジ・サバ・シーバス等、様々な魚を釣り上げることができる。3・5・7gと小さめな本体から放つフラッシング効果は計り知れない。バランスはセンターウェイトバランス。水平フォールアクションが特長の軽量メタルジグだ。アジング・メバリング等の竿(ライトロッド)を使ってカマス釣りを行うならば一つは持っておきたいメタルジグである。

リトリーブ(タダ巻き)で誘い、食いが悪いならば、竿先をチョンチョンとメタルジグを跳ねさせるようなイメージを思い浮かべながらアクションさせてみよう。

スペック / 特長

釣法 サイズ(mm) 重さ(g)
ライトゲーム 29 3
34 5
41 7
This is Prisoner

ダイソー. ジグロック

Daiso(ダイソー)から登場しているメタルジグ。ライトジギングからショアジギング等のジギングゲームで主に使用されることが多い。ジギングシーズンになるとブルピンカラー(ブルーピンク)は売り切れになるほどに人気がある。ライトジギング・ショアジギングといった陸っぱりから少し重いメタルジグを扱える竿を選択した場合は一つは持っておきたい。100円であるがゆえに根掛かりの多い海底(ボトム)を中心に幅広く誘うことが可能。市販のメタルジグに劣らない精密な外観(作り)が印象的だ。興味がある方はお近くのダイソーショップへチェックしに行こう。

スペック / 特長

釣法 サイズ(mm) 重さ(g)
ジギングゲーム 65 18
75 28
80 40
関連リンク
100円均一ショップのDaiso(ダイソー)からジグベイトの後継モデル「ジグロック」が登場した。 ダイソーのメタルジグは100円の仕上が...

その他

カマスとは、細長い円筒形の体型を持った日本全国に生息する海水魚である。 餌(エサ)だけではなく、メタルジグ、ホッパー、ミノー、様々なルア...

アクション方法

カマスの活性が高いときにはリトリーブ(ただ巻き)で釣ることができる。ただし、食いが悪いときにはメタルジグを使ったアクションが有効。その中の幾つかをパターン化して紹介していくことにする。

Pattern. 1

  1. メタルジグをキャスト(遠投)する
  2. 海底(ボトム)に着低させる
  3. ただ巻きをしばらく行う
  4. ただ巻きの途中でリールを止める
  5. 0.5秒程停止させる
  6. リールの巻き取りを再開させる
  7. [3]~[6]の繰り返し

Pattern. 2

  1. メタルジグをキャスト(遠投)する
  2. 海底(ボトム)に着低させる
  3. ただ巻きをしばらく行う
  4. ただ巻きの途中で竿先をチョンチョンと細かく跳ね上げる
  5. [3]~[4]の繰り返し

Pattern. 3

  1. メタルジグをキャスト(遠投)する
  2. 海底(ボトム)に着低させる
  3. ワンピッチジャーク
  4. 海面までメタルジグを近付ける
  5. [2]~[4]の繰り返し

激しいアクションを必要としないカマス釣り。基本的にはリトリーブ速度を変化させるだけでメタルジグにアタックしてくる。アクションで釣り上げるというよりかは、カマスが存在する適したポイントを選び、釣行することを頭に入れておいて欲しい。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、メタルジグを使ってカマスを釣り上げる方法である。

カマスを釣り上げる第一のアドバイスは “カマスの歯に負けないタックルを組み上げること” である。鋭い歯に糸が切断されてしまったり、ドラグ性能や円滑に操作できないリールを使ってしまうと、せっかく掛かったカマスを取り逃がしてしまうことになる。

是非、紹介したタックルセッティングを基準にして、メタルジグで行うカマス釣りを楽しんで欲しい。

こちらの記事もどうぞ!