カサゴを防波堤で釣る!陸っぱりから気軽にカサゴを狙える仕掛けを紹介!

カサゴ(別名:ガシラ)は一般的にはポピュラーな「根魚」として知られている。防波堤から釣れる魚は、アジ・イワシ・サバ等の回遊魚が有名だが、そこを根城としている根魚が居れば問題なく釣り上げることが可能だ。

今回は、一般的に馴染み深いカサゴ(ガシラ)を釣り上げる上で、最も馴染み深い釣法と仕掛けについて紹介していこう。

そこで、レポ部では・・・
カサゴを防波堤で釣る!陸っぱりから気軽にカサゴを狙える仕掛けを紹介!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

カサゴの釣れる季節とは?

カサゴ釣りはオールシーズン楽しむことができる。あえて、ベストシーズンを示すならば、冬~春の寒い期間である。11月~4月が産卵期であるために、このときに集まったカサゴをターゲットにすることができるからだ。

夏は小さな個体・冬は大きな個体を釣り上げることができ、ベストーシーズンである冬~春を軸に釣行することで型の大きいカサゴを釣り上げることが可能。多くの魚が温かい海域(沖)へと旅立ってしまうオフシーズン。冬に釣ることができる数少ない海水魚となる。

春告魚「メバル」も同時期に釣り上げることができ、根魚であることからポイントもカサゴと重なる。カサゴを狙ってたつもりがメバルが釣れてしまった!といった嬉しい場面に遭遇する場合もある。

カサゴを釣り上げることができる様々な釣法。興味をお持ちの方はこれから紹介する様々な釣法を基準に寒いシーズンでも諦めずに釣りを行ってみてはいかがだろうか。

カサゴ釣りの基本とは?

カサゴ釣りの基本。それは “ボトム(海底)を意識して仕掛けを落とすこと” である。とはいえ、カサゴは餌(エサ)に貪欲な魚。海底(ボトム)以外のポイントへと大雑把に放り込んだとしても、比較的、苦労せずに釣り上げることができる。

カサゴの餌(エサ)を挙げると、

  • オキアミ
  • ゴカイ
  • アミエビ
  • 青イソメ
  • イカナゴ

と、カサゴが好む餌(エサ)は幅広く存在する。夜行性であり、カサゴの活性が高いときには表層付近まで餌(エサ)を捕食しにくる。主に効率よく狙えるのが夜間。夕マズメ~がカサゴがよく釣れるチャンスだ。

カサゴを狙える釣法は様々。今回は、安定な足場(防波堤等)からカサゴをターゲットにできる釣法を幾つか紹介していこう。

ブラクリ仕掛け

ブラクリを使った穴釣りの仕掛け

ブラクリ釣りとは先端に錘(オモリ)が付いた針(ハリ)を装着し、落とし込みにより、根魚を釣り上げる釣法である。

ブラクリ仕掛けに用いられる一般的な餌(エサ)は、

  • オキアミ
  • ゴカイ
  • 青イソメ
  • イワイソメ
  • フナムシ

釣り方は至って簡単。防波堤から餌(エサ)を装着したブラクリ仕掛けを海底(ボトム)付近に落とし込むだけ。食いつきが悪い場合は竿をフルフルと揺することで辺りに餌(エサ)の匂いを広めることができる。カサゴは餌(エサ)に貪欲な魚。紹介した餌(エサ)以外でも釣れる可能性が大いにある。興味がある方は「ブラクリ仕掛け」で色んな餌(エサ)を装着してカサゴを釣り上げてみよう。

This is Burakuri

胴付き仕掛け

胴付き仕掛けとは2~3本の針(ハリ)が付いた仕掛けの末端に錘(オモリ)を付け、落とし込みによってカサゴを釣り上げる釣法である。

胴付き仕掛けに用いられる一般的な餌(エサ)は、

  • オキアミ
  • ゴカイ
  • 青イソメ
  • イワイソメ
  • フナムシ

複数の針(ハリ)を使うことによって幅広くタナ(水深)を探ることができる。ブラクリ仕掛けと大きく違う点は根掛かりのしやすさ。海底(ボトム)を中心に探るカサゴ釣りでは必然的にストラクチャー(障害物)との接触がある。針(ハリ)が多い胴付き仕掛けは障害物の多いポイントで使ってしまうと頻繁に根掛かりを起こしてしまうのだ。ストラクチャーが多いポイントでは「ブラクリ仕掛け」を使うことを強く推奨する。

This is Doutuki

ジグヘッド仕掛け

ジグヘッドとは針(ハリ)と錘(オモリ)が一体化した擬餌針のこと。主にルアーフィッシング分野で扱われることの多いジグヘッド。カサゴ釣りでも利用することができる。

使い方は以下のとおりだ。

  • ジグヘッドにワーム(模擬餌)を装着する
  • ジグヘッドに餌(エサ)を装着する

ゴカイ・イソメ等の生餌が使われることの多いカサゴ釣り。ただ、カサゴは餌(エサ)に貪欲な海水魚。ワームを使っても簡単に釣り上げることができる。

波が強い場所ではジグヘッドの重さが波の勢いに負けてしまうことがある。その結果、ジグヘッドの行き着いた先で障害物に接触し、根掛かりを起してしまう場合も。そんなときには、ジグヘッドの重さを「重め」に変更することによって波に揺られる心配が無くなり、根掛かりを回避することができる。生餌(エサ)が要らないカサゴ釣りは今人気の釣法だ。

This is Jig head

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、防波堤でカサゴを釣る場合に覚えておきたい仕掛けの数々だ。

カサゴは根魚。昼間は藻・テトラ等の障害物に身を隠し、夜になったら餌(エサ)を求めて徘徊し始める。昼間はストラクチャー等の間に落とし込む釣りを主体に。夜間は胴付き仕掛けを使った幅広くタナ(水深)を探る釣りを意識してみて欲しい。

こちらの記事もどうぞ!