ジグヘッドにワームを真っ直ぐ装着できる「プロント」を紹介!|APIA(アピア)

シーバスに関する製品を多く取り扱うAPIA(アピア)から、ライトゲームで使えるユニークなワームが登場した。

  • プロント(PRONTO)

ワームをジグヘッドに装着する際の煩わしさ。ジグヘッドにワームを真っ直ぐに刺せる方はどれくらい居るだろうか。今回は、初心者の方に嬉しいAPIA(アピア)から登場したスリット付きのワームをご紹介しよう。

そこで、レポ部では・・・
ジグヘッドにワームを真っ直ぐ装着できる「プロント」を紹介!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

PRONTO(プロント)

APIA(アピア)から登場したメバル用ワーム「プロント」は、ワームをジグヘッドに真っ直ぐ刺すことが可能。初心者にはもちろん、上級者の方でも素早く装着することができる。

本体に入れられたスリットに沿ってジグヘッドの針(ハリ)を装着するだけでシャンク部位にワームが直線的に収まる仕上がり。

アジング・メバリング等のライトゲームでは頻繁にワームの付け替えが必要になる。真っ直ぐに付けれない方の悩みである「何度もジグヘッドにワームを刺してしまってキャストする前にボロボロとなってしまう!」という事態を未然に防ぐことができる画期的なアイテムだ。

メバル・根魚等を対象にしている一方、アジ等もターゲットにできる1.5(inch)という汎用性を持ち合わせるプロント。ライトゲームを主に楽しんでいる方は要チェックだ。

スペック / 特長

名称 サイズ(inch) 本数(本)
プロント 1.5 8

This is APIA

ワームを真っ直ぐに付ける理由

ジグヘッドに対して真っ直ぐにワーム刺せていないと、ワーム本来が持つ性能を発揮することができない。アクションしている最中には「キビキビ」とした動きを再現することができなくなり、リトリーブ時には「クルクル」とワームが回転してしまう場合もある。

  • 真っ直ぐ付けなくてはいけないって分かっていたとしても、なかなかできない!
  • 真っ直ぐに装着できているか不安…
  • 水中でちゃんと泳いでくれてるの?

このような方を多く見られる。メバル用ワーム「プロント」を使用すれば上記のような不安を取り除けるだけでなく、ワームをジグヘッドに何度も刺すことによる初期セット段階でのワームの損壊を未然に防ぐことが可能。

PRONTO(プロント)の使い方を丁寧に解説してくれている動画が公開されている。気になった方は確認して欲しい。

プロントの使い方を丁寧に解説された動画

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年(秋)に登場したAPIA(アピア)の製品だ。

  • プロント(PRONTO)

アジング・メバリングを始めたばかりのアングラーの悩み。それを取り払った斬新なスリット入りデザインとコンセプト。

是非、APIA(アピア)から登場した新商品を体験してみてはいかがだろうか。