海釣りをルアーで制す!陸っぱりから気軽に大型魚を狙える釣法を紹介!

陸っぱりから釣ってる人

近年、ルアー分野の釣りが知られるにつれて、岸(ショア)からルアーを投げて釣る様々な陸っぱり釣法が開発されるようになってきた。

  • 初心者がいきなり船デビュー!

といわれても、敷居が高く、いまいちしっくり来ない。順序良くステップを踏んでからでも船デビューは遅くないと感じている。順序良くステップを踏む手順の一つとして、陸っぱりから簡単なルアーゲームを楽しんでから船へとデビューしてみるのも一つの方法である。

今回は、ルアーフィッシング入門者が簡単に始められる陸っぱりから気軽に魚達を狙うことが可能な釣法の数々について注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
海釣りをルアーで制す!陸っぱりから気軽に大型魚を狙える釣法を紹介!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

青物を狙える!「ライトショアジギング」

ライトショアジギングは、従来から陸っぱり釣法として君臨していたショアジギングを更にライト(繊細化)した竿(ロッド)を使って岸(ショア)から青物を初めとしたターゲットを狙う釣法である。防波堤・磯場・岩場といった外湾に面した場所で行うだけで、青物・根魚・フラットフィッシュ等をターゲットにすることができる。

ショアジギングでは40~100(グラム)前後のメタルジグを用いることが多い。対して、ライトショアジギングでは18~50(グラム)前後とショアジギングに比べれば軽いジグを用いることになる。

ショアジギングでは重いジグを扱うことになるために肩に負担が掛かる。すなわち、長時間続けることが困難。その点、扱うルアーが軽量のライトショアジギングではショアジギングよりも疲れが溜まりにくい。例えるならば、ショアジギングはジョギング、ライトショアジギングはウォーキングといったところ。

何よりも、防波堤から気軽に青物を狙えるライトショアジギングは、ロマンを追い求めたい方にはピッタリな釣法といえるだろう。

詳細について知りたい方は以下のリンク先にて詳しく解説している。

ライトショアジギングの基本と基礎 – Light shore jigging –
ライトショアジギングは、岸(ショア)からルアーを投げて釣るルアーフィッシングの1つです。 根魚、青物、フラットフィッシュなどの様々な獲物...

大型魚を狙え!「ショアジギング」

ショアジギングは、カンパチ・ブリ、ヒラマサ等の大型の青物を陸っぱりから釣り上げる釣法。ライトショアジギングより重いルアーを扱うが飛距離は申し分なく出る。まさに、遠投という言葉が相応しい。基本はメタルジグを用いて行うことになるが竿(ロッド)の適正ルアーウェイト(MAX)内であればバイブレーション、ミノー等を利用することもある。

ハードな釣りと言われる由縁はアクションにある。ショアジギング、ライトショアジギングといったジギングアクションを行う釣法では「シャクリ」という一般的なアクションを用いて獲物を誘うことになる。無論、メタルジグが重ければ重いほどに引っ張る力(アクション)の負担が肩や腕に来ることからショアジギングは疲れやすい。

  1. 40~100(グラム)前後のルアーをキャスト
  2. シャクリ(アクション)を繰り返す
  3. ルアーを回収

アクションして回収。このメソッド(繰り返し)を釣れるまで行うことになる。体力・精神力・忍耐力、アングラーの集中力が試される一種の試練だと一地域ではいわれているほどだ。

ただ、岸(ショア)から大型魚を狙うことができるショアジギングは、ライトショアジギングと同じく、ロマンを追い求めたい方にはピッタリな釣法である。ようやく釣り上げたときには言い表せないほどに達成感がある。

まずは、ライトショアジギングで筋力を付けてからショアジギングに移行するといったアングラーも居るようだ。

詳細について知りたい方は以下のように検索して欲しい。

ショアジギングとは?
検索

アジを狙う!「アジング」

アジングとは、アジを主体に狙う釣法である。食材として親しまれるアジ。小ぶりなアジだけでなく、タックルによっては大型のアジを釣り上げることも可能。外道としては、メバル、カサゴ、ソイ、ベラ、これら以外に様々な外道を釣り上げることができる。

外湾・内湾・防波堤・岩場・磯場、アジが存在する幅広いポイントで狙うことが可能。複雑なアクションは必要なく、基本アクション(通常巻き)だけでターゲットにできることから初心者から人気が高い釣法である。

アジングでは、模擬餌(ワーム)をジグヘッドという針(ハリ)に装着し、一つの仕掛けとして用いる。リールを巻くことでワームが漂いつつ、アジ等の魚にアピールすることになる。

ワームとジグヘッド

上級者になるとリトリーブ(ただ巻き)だけでなく、リフト&フォールといった様々なアクションを駆使しつつ、その場に合った誘いパターンでアジへとアピールする。釣れない場合には、ジグヘッドの重さを変更し、波の影響を受けにくくしたり、ベイトパターンを読んでワームのカラーリングを変更したりと意外と奥深い。ただ、アジが居れば釣れる確立は高いことには変わりない。コツとしては、ポイント選びと回遊してくるパターンを読むことができればそれなりに釣果を上げることができる。

小さい魚でもアジは青物。身近な環境で気軽に強い引きを体感したいならば「アジング」だ。

アジングとは?
検索

高級魚!メバルを狙う!「メバリング」

根魚としても有名なメバル。メバルを陸っぱりからターゲットにする釣法がメバリングだ。アジングと似たような繊細なタックルを用いて行う。頻繁に議論されるのがディップ形状。チューブラーディップはメバルの当たりをダイレクトに感じることができ、ソリッドディップはメバルに違和感を与えにくく穂先が曲がっていく特長を兼ね揃えている。ただ、最近のソリッドディップは感度が高い物が製品化されている。すなわち、一概には決めることができないのが現状。よく研究してから竿(ロッド)を選択したいところ。

外道としては、カサゴ、ソイ、ベラ、アジ、これら以外に様々な外道を釣り上げることができる。(カサゴの割合が多いのは私だけだろうか)

磯場・岩場といった潮が複雑に出入りしている場所にメバルは多く存在する。夜行性であることから夜に活発になり、灯りの周りに集合するベイト(餌)を狙いにメバルも集まってくる。

デイゲーム(日中)では、船の下や海草の間、ストラクチャーの影に潜んでいることも多いため、頻繁にポイントを変えつつ、探っていくランガン釣行を推奨したい。

スーパーに並ぶことの少ない高級魚「メバル」をルアーで釣り上げるならば「メバリング」で決まりだ。

メバリングとは?
検索

イカを狙う!「エギング」

エギングとは、イカをターゲットにした釣法である。エギングの外道としては、タコ、アメフラシ、タチウオ、ダツ、スズキと様々。ただ、エギングで用いる模擬餌(エギ)自体が独特な形状をしていることから、外道を釣り上げることができれば逆に運が良いと感じる。

エギングの誘い方は「シャクリ」といわれる独特なアクションを用いることが多い。ただ、コウイカのように底で休憩しているイカに対してはリトリーブ(ただ巻き)も有効となる。

エギングでは、複数の針が一つになった複合針(カンナ)が付いたルアーを一つの仕掛けとして用いる。シャクリアクションを基本としつつ、イカにアピールすることになる。

エギ

ジギングの中でもラフな位置する定着する「エギング」は春と秋がベストシーズン。秋イカは数釣りを楽しむことができ、春は産卵を迎えた大きいイカをターゲットにすることが可能。

当たりは引くというよりも「ズシッ」とした重い感覚だろうか。晩ごはんのおかずとして一匹ほど釣り上げてみてはいかがだろうか。

エギングとは?
検索

河口の王者!スズキを狙う!「シーバス」

重い引きとパワーファイトを陸っぱりから体験できるシーバス釣り。シーバスとはスズキのことを示し、そのスズキを小さい順から表すと コッパ → セイゴフッコスズキの順となる。これらの魚をターゲットにする釣法こそが「シーバス釣り」である。

無論、シーバス釣りでの外道も存在している。マゴチ、アカエイ、ボラ、カサゴ、これら以外にも様々な外道を釣り上げることができる。メジャーなポイントとしては河口付近。シーバスは海水だけでなく、淡水域、汽水域と幅広く順応する能力を兼ね揃えている。

ベイト(餌)が豊富な河口付近はシーバスの絶好の棲み家。隠れながら餌(エサ)となるベイト達を獰猛に捕食している。このことからシーバスはフィッシュイーター(魚を捕食する肉食魚)と呼ばれている。

シーバス釣りでは、ミノー・シンキングペンシル・バイブレーション・メタルジグ・スピンテールジグ、様々なルアーを用いて誘うことになる。釣れるサイズが大きく、パワフルな釣りを楽しめる釣り方としても有名だ。

河口近くに住んでいる方は「シーバス釣り」をチェックしておこう。

シーバス釣りとは?
検索

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、ルアー入門者の方が気軽に始められる陸っぱりの釣法の数々だ。

  • 防波堤では小さな魚しか釣れない!
  • ルアーでなんか釣れるわけがない!

ルアー釣りを試してみればこのような概念は無くなる。船釣りを先に楽しむ前にルアー釣りの基本コンセプトを学んでみるのも一つの手だと感じる。

是非、この際に、陸っぱりから気軽にルアーフィッシングを始めてはいかがだろうか。