SJCAM SJ4000の各部マウント取り付け方法

SJCAM SJ4000のマウントは様々。自転車・車に取り付ける物、水中で使用するために浮きとして使用する物、ユニークなタッチで自分を撮影する物等、あらゆる観点から撮影できるように各種マウント(固定器具)は存在する。

ただ、取り付けを行う上で、それぞれのマウントに合った部品が必要になる。(ハウジングマウントボルト、マウントアダプター等)

今回は、SJCAM SJ4000にマウントを取り付ける上で必要となる部品と取り付けの工程について紹介していくことにする。

そこで、レポ部では・・・
SJCAM SJ4000の各部マウント取り付け方法
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

自撮り棒

自撮り棒をセッティングするのに必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • ハウジングマウントアダプター(下にネジ穴が空いてるやつ)
  • 自撮り棒

順序としては、

  1. 防水ハウジングケースにマウントアダプターを取り付け、マウントボルトで固定する
  2. 自撮り棒にセッティングする
底部にネジ穴が付いていれば三脚に取り付けることできる。すなわち、高い位置からの撮影が可能になる。自撮り棒を伸ばすことでカメラを身長と同じ位置から撮影することができる。

トライポットマウント

三脚をセッティングするのに必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • ハウジングマウントアダプター(下にネジ穴が空いてるやつ)
  • 三脚(トライポットマウント)

順序としては、

  1. 防水ハウジングケースにマウントアダプターを取り付け、マウントボルトで固定する
  2. 三脚にセッティングする
自撮り棒の底部にネジ穴が付いていれば自撮り棒を三脚に取り付けることが可能。ただ、風に弱く、不安定な撮影になるかもしれない。

チェストマウントハーネス

マウント(胸)をセッティングするのに必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • Jアングルバックル(カーブを描いてるやつ)
  • チェストマウントハーネス

順序としては、

  1. チェストマウントハーネスにJアングルバックルを装着する
  2. 防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
胸部にウェアラブルカメラを固定するマウント。ハンズフリーで安定した撮影が可能となる。

ヘッドマウント

マウント(胸)をセッティングするのに必要な部品は3つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • ヘッドマウント

順序としては、

  1. ヘッドマウントに防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
頭に装着するマウント。チェストマウントハーネスより高い位置での撮影が可能。ヘルメット・髪の上から被ることができ、自分の目線とカメラをリンクさせることができる。

フローティングハンドグリップ

フローティングハンドグリップにセッティングするために必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • フローティングハンドグリップ
  • ハウジングマウントボルト
  • ストラップ

順序としては、

  1. フローティングハンドグリップにストラップを装着する
  2. フローティングハンドグリップに防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
ヘッドマウント・チェストマウントハーネスを使用して水中撮影を行うことも可能。ただ、手で操作したいという方はフローティングハンドグリップを使用したいところ。カメラ本体を海底に落とす心配が出てくる海中では、浮力を持ったマウントを装備することで落下を防止することができる。シュノーケル・ダイビング撮影を行うときに便利なアイテムだ。

ハンドルパイプマウント(一型)

自転車にセッティングするために必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • ハウジングマウントアダプター(下にネジ穴が空いてるやつ)
  • ハンドルパイプマウント(一型)

順序としては、

  1. 防水ハウジングケースにマウントアダプターを取り付け、マウントボルトで固定する
  2. ハンドルパイプマウントにセッティングする
自転車・バイクのハンドル部分にカメラを装着することができる。

ハンドルパイプマウント(二型)

ハンドルパイプマウント(二型)をセッティングするために必要な部品は5つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト(二個)
  • 延長アーム(交差型)
  • ハンドルパイプマウント(二型)

順序としては、

  1. ハンドルパイプマウントに延長アームを取り付け、マウントボルトで固定する
  2. 延長アームに防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
自転車・バイクのハンドル部分にカメラを装着することができる。ちょっと複雑になっていて延長アーム(交差型)がないと側面を向いた視点となる。延長アームを使って向きを変更すれば正面を向いた視点になる。

クリップマウント

クリップマウントにセッティングするために必要な部品は2つ。(本体と防水ハウジングケース除く)

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • クリップマウント

順序としては、

  1. クリップマウントに防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
ズボン・カバン・リュックサック等に装着することが可能。挟むだけでウェアラブルカメラを装着することができるクリップマウント。

車載マウントホルダー

車載マウントホルダーにセッティングするために必要な部品は4つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • ハウジングマウントアダプター(下にネジ穴が空いてるやつ)
  • 車載マウントホルダー

順序としては、

  1. 防水ハウジングケースにマウントアダプターを取り付け、マウントボルトで固定する
  2. 車載マウントホルダーに装着する
車にウェアラブルカメラを搭載するなら車載マウントホルダーが便利。吸盤で固定するタイプだとワンタッチで取り付けることが可能。

リストバンドマウント

リストバウンドマウントにセッティングするために必要な部品は3つ。

  • 防水ハウジングケース
  • ハウジングマウントボルト
  • リストバウンドマウント

順序としては、

  1. リストバウンドマウントに防水ハウジングケースを取り付け、マウントボルトで固定する
腕にカメラを搭載するときに便利なリストバウンドマウント。ただ、腕に取り付けてしまうとぶつけやすい。カメラに気を使ってしまって他の注意が疎かになってしまうかもしれない。

ネイキッドフレーム

ネイキッドフレームは本体を防水ハウジングケースを外して撮影したいときに便利。防水ハウジングケースを付けたままだと音がこもって録音されにくい。ネイキッドフレームならばクリアな音声で録音することができる。

ただ、SJCAM SJ4000は元々の録音音量が非常に小さい。少しでも音量を大きく録音したい方にオススメしたいケースが「ネイキッドフレーム」だ。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、SJCAM SJ4000のハウジングケース・マウント等の取り付け方である。

是非、ハウジングケース・マウント等の取り付け方が分からない方は参考にして欲しい。

SJCAM SJ4000 Wi-Fiモデル

SJCAM ゴープロ 対応 アクセサリー 26点セット

バッテリー2個 + USB 急速デュアルチャージャセット