カバンの種類も色々!見た目と特長から選ぶ釣行に使える便利なバッグ【まとめ】

釣りを行う上で必要となる道具入れ。収納スペースを意識したり、持ち運びを重視したりと人によってカバンの選び方は様々だ。できれば、自分の用途に合ったカバン・バッグを選択し、取り返しの良い釣りを行いたいところ。

このページでは、様々な特長を持つカバン(バッグ)を種類に分けてピックアップしている。

是非、釣り用のバッグ(カバン)を選ぶ基準にして欲しい。

そこで、レポ部では・・・
カバンの種類も色々!見た目と特長から選ぶ釣行に使える便利なバッグ【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

両手が空いて釣りがしやすい!「ウェストバッグ」

手返し良く釣りを行うならばウェストバッグがオススメ。ただ、ウェストが細い方はズレ落ちてくる心配がある。釣りをしている最中にウェストバッグがズレてくるとストレスが溜まり、釣りに集中できない。そして、ウェストバッグでのサイズ調整はベルトによって行うため、ウェストの細い方がベルト調整を行うと余りの部位が広くなる。すなわち、釣りをしている最中にヒラヒラと余ったベルトが邪魔をすることになる。できるならば、ヒラヒラを収納できる留め具が付いた製品を選択したいところ。

ウェストバッグの利点をピックアップしてみた。

  • 立ちながらでも小物等が取り出せる
  • 両手が空き、アクションをしやすい
  • ランガンに向いている

対して、ウェストバッグの欠点は、

  • 荷物が重いと腰に負担が掛かる(下がってくる)

立ちながら作業をすると物を落としやすい。ウェストバッグを使う場合は一つ一つの道具を落下防止ストラップ等を用いて固定することをオススメする。

This is Hip bag

腰からズレ落ちない!「ショルダーバッグ」

腰に掛かる負担を軽減しつつ、ハンドフリーの状態で釣りを行うことができるショルダーバッグは、管理人が一番にオススメしたいカバンの種類。ただでさえ、荷物の多い釣りでは、ウェストバッグを腰に下げていると重さによってズレてくる。すなわち、利便性という意味では優秀だが長時間の釣行では疲労が溜まってくる。ショルダーバッグはウェストバッグとは違って腰に負担が掛かりにくい。両手が空きつつ、アクション等がしやすいメリットも兼ね揃えている。

ショルダーバッグの利点をピックアップしてみた。

  • 立ちながらでも小物等が取り出せる
  • 両手が空き、アクションをしやすい
  • ランガンに向いている

対して、ショルダーバッグの欠点は、

  • 荷物が重いと肩に負担が掛かる(下がってこない)

ウェストバッグは「腰」に負担。ショルダーバッグは「肩」に負担が掛かる。ただ、ショルダーバッグはウェストバッグとは違って重さによって下がってこない。肩凝りの原因となることは否めないがウェストバッグよりかは断然使いやすいという意味を込めて私はショルダーバッグを使用している。

This is Shoulder bag

荷物を沢山詰め込める!「タックルバッグ」

荷物を沢山詰め込むことができるタックルバッグは、クーラーボックスに似た箱型のボックス。ランガン向けではなく、家族での釣行・道具を沢山持って行きたい方にオススメしたいバッグ。ただ、クーラーボックスのように保冷性能は優れていない。荷物を収納するスペースと割り切った方が良いのかもしれない。カッパ・水筒・お菓子・仕掛け等を入れるのに最適であり、タックル整理用として用いるのが一般的である。

タックルバッグの利点をピックアップしてみた。

  • 大容量を詰め込める(サイズに依存)
  • 雨が中に入りにくい(バッカンとは違ってシッカリとした蓋の構造を持っている)
  • ロッドスタンド等のオプションが備わっている場合がある(製品に依存)

対して、タックルバッグの欠点は、

  • 保冷性能がクーラーボックスと比べると低い
  • ランガン向けではない(タックルバッグを近辺に置いて釣りを行うことになる)

注目すべきはオプションの数々。滑り止めパッド・ロッドスタンド・ハンドル等のオプションが付いている製品が多い。タックルバッグの最大の利点、それは、カスタマイズ性に優れていることである。

This is Tackle bag

ハンドフリー・収納性に優れる!「リュックサック」

最近、リュックサックで釣りを行う姿を良く目にする。リュックサックを利用すれば、両手が開き、安全で動きやすい釣りを行える他、両肩で荷物を下げることになるため、ショルダバッグのように一方の肩に重さが集中するのではなく、両肩に負担を分散することができる。すなわち、重い荷物を運ぶのに適している。ただ、ショルダーバッグのように気軽に物を出すことはできない。一々、リュックサックを置いて荷物を取り出すことになるので用途としてはタックルバッグと同じか、行きと帰りの移動を楽にする道具と考えるのが一般的だ。

リュックサックの利点をピックアップしてみた。

  • 両手が空き、アクションをしやすい(重量による)
  • 大容量を詰め込める(サイズに依存)
  • 収納スペースが多い
  • 安定感に優れる

対して、リュックサックの欠点は、

  • ランガン向けではない(重さに依存:背負いながら釣りを行うと体が持たない)
  • 夏場には向かない(蒸れる)
  • 荷物が容易に取り出せない

あらゆるグッズを詰め込むことができるリュックサック。防水機能を持ったリュックサックやリールエリアが設けられたリュックサックも製品化されている。気軽にランガン!とまでは行かないが良いポイントを見かけたらリュックサックを下ろし、釣りを行い、そのポイントが気に入らなければリュックサックを背負い直し、また別のポイントを探すこともできる。ショルダーバッグよりかは機動性は劣るが収納性は格段とアップする。それがリュックサックの良いところである。

This is Rucksack

防水仕様が多い!「トートバッグ」

手持ちカバンで知られるトートバッグには防水素材が扱われていることが多い。濡れ物を仕舞ったり、濡らしたくない物を収納する場合にはトートバッグをオススメしたい。ただ、トートバッグは手提げカバン。釣り場(一箇所)に留まって釣りを行う場合には優秀だがランガンには向いていない。防水性を活かせば、ボート・船釣り等で効果を発揮するタイプである。

トートバッグの利点をピックアップしてみた。

  • 防水性が多い(製品に依存)
  • 収納力が高い
  • 肩掛けも可能(製品に依存)
  • 場所を取らない(電車の釣行に最適)

対して、トートバッグの欠点は、

  • ランガン向けではない
  • 荷物が容易に取り出せない(竿の置き場に困る等)

トートバッグの最大の利点は場所を取らないこと。タックルバッグのように正方形の形に捉われない。すなわち、電車での釣りに適している。ただ、周りにトートバッグを持って釣りを行っている方がいるかというと見かけることは少ない。トートバッグを持つ位ならタックルバッグを持っていく!という方が多いみたいだ。

This is Tote bag

最小限の道具を詰め込むなら!「スマートバッグ」

本当に必要な道具だけを持っていきたい方に推奨するスマートバッグ。釣りをスマート(手軽)に行うために作られたコンパクトサイズのカバン。スマートバッグの多くはショルダー型。カバンに収める容量も少量であるため、肩に負担が掛からず、スマートに釣りを行うことができる。Daiwa(ダイワ)から登場したフラップバッグには、エメラルダスイカシメCP(プライヤー)を収納するホルダーやピンオンリールホルダー、メインポケットの他に仕掛けを投入できるファスナー付き内ポケットが付いている。

スマートバッグの利点をピックアップしてみた。

  • 持ち運びを楽に行える
  • 両手が空き、アクションをしやすい
  • 立ちながらでも小物等が取り出せる
  • ランガンに向いている

対して、スマートバッグの欠点は、

  • 収納スペースが少ない

スマートバッグの最大の利点は軽いこと。キャッチ&リリースを目的とする釣りならばクーラーボックス・タックルバッグ等は必要ない。自宅の近くにポイントがあるならば、仕掛けを入れたスマートバッグと組み上げたタックルと一緒に釣りを行ってみてはいかがだろうか。

This is Flap bag

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、様々な特徴を持った釣り兼用バッグの数々だ。

釣りを行う上で必ず必要となるカバンやケースの選び方は個人によって異なる。

  • 手返しの良いカバンを探している!
  • 収納スペースを多く取れるカバンを探している!
  • 防水性を意識して選択したい!

カバンの選び方は人それぞれ。自分に合ったカバンを妥協せずに選びたいところ。

是非、自分の目的と合致したカバンを選択し、手返しの良い釣りを行ってみて欲しい。