墨吐きを未然に防ぐ?!イカを締める方法【まとめ】

イカを締める方法

イカを締める主な理由、それは、イカを生きたままクーラーボックスに入れてしまうと、墨を吐かれてしまい、墨だらけになってしまうからだ。

イカの墨はメラニンでできている。粘性が高いことで知られ、イカスミパスタ等、イカスミの粘りを利用した料理に使われることも多くなってきた。ただ、この粘りは衣服等に一度付いてしまうと取ることが困難となる。

できれば、メラニン色素を含むイカスミを吐かれる前にイカを締め、保冷力を持続させる効果を持つクーラーボックス等に鮮度が悪くならないように保存したいところ。

そこで、レポ部では・・・
墨吐きを未然に防ぐ?!イカを締める方法【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

あなたも仕事人に?!「指」を使う方法

イカ締めツール等を用いずとも、指を使えば簡単に締めることが可能。親指と人差し指を使って、目と目の間(眉間)の部分より「下」を抓ることで簡単に胴体部位を締めることができる。

頭部を絞めるには目と目の間(眉間)部位の「真ん中」を上から押すことで、頭部全体を締めることができ、Youtubeで投稿されている動画では、非常に分りやすく解説されている。

神経を圧迫することで簡単にイカを締めることができる興味深い動画だ。

イカを締める際に便利な小道具を持っていない方は、参考にしてはいかがだろうか。

This is Youtube

怪我だけには気をつけて!「チョップ」を使う方法

怪我をする恐れがあるが、イカチョップを用いることで、素早くイカを締めることが可能。ただ、イカチョップでイカを締めるには「硬い土台の上」で行う必要がある。柔らかい土台だと衝撃が分散されてしまい、神経を一気に圧迫することができない。

できれば、コンクリート・まな板等、硬い土台の上からイカの眉間に圧迫を与えよう。

ただ、怪我をする恐れが少なからずある。怪我にだけは十分に気をつけてイカを締めることを頭に入れておいて欲しい。

This is Youtube

やっぱりコレ?「ツール」を使う方法

イカ締めツールを用いれば確実にイカを締めることが可能。イカ締めツールを持っていない場合には「ハサミ」「カニスプーン」「ナイフ」等、キッチン周りで見ることのできる道具で代用することもできる。

ただ、神経を直に触れることになる。すなわち、慣れてない人は神経の位置を判断するまでに時間が掛かる。

神経締めツールを使ったイカの締め方(手順)は、

  1. 目と目の間(眉間)に挿入し、胴体に向かって差し込む
  2. 目と目の間(眉間)に挿入し、頭に向かって差し込む

全体的に白く色が変色すれば完了だ。

This is Youtube

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、一般的に使われることの多いイカの締め方だ。

イカを締める理由としては、

  • 鮮度を保つ(食感の違いが生まれる)
  • 墨吐きの防止(クーラー等を汚さない)

イカスミの汚れは取れにくい。ご存知の通り、クーラーボックス等に付着してしまうとブラシで擦らなければ取ることすら困難である。

是非、イカを保存する際には、イカ・その他の道具を綺麗に持ち帰って欲しい。