ソルトウォーター仕様?!Daiwa(ダイワ)からショア・オフショア向け大型スピニングリール「BG」が登場

BG

2016年10月に、Daiwa(ダイワ)から、新しくショア・オフショア向けたリールが登場した。

  • BG

ショアジギングに最適な「3500~4000番」、オフショアゲームならば「4500~5000(H)」と、ジギングゲーム等、ルアーを扱いやすい番号を揃えつつ、大型サイズ(ブリ・サワラ等)に対応する「耐久性」と「高剛性」を兼ね揃えたアイテムとなっている。

ショア・オフショアジギングを主に楽しんでいる方、楽しみたい方は要チェックだ。

そこで、レポ部では・・・
ソルトウォーター仕様?!Daiwa(ダイワ)からショア・オフショア向け大型スピニングリール「BG」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

BG

Daiwa(ダイワ)から、ショア・オフショアに向けたジギングリールが登場した。

パワフルな魚とのリーリング(やり取り)を可能にする剛性アルミボディ「スーパーメタルボディ」が採用された高耐久リール「BG」は、パワーある青物に対処できるタフネスボディ設計。

軽量かつ剛性を意識して製作された「アルミスプール」、ハンドルには折りたたむことができる「高剛性マシンカットハンドル」が用いられ、各面に置いて、高い耐久力を意識して製作されている。

ショアジギングからオフショアジギング、幅広い釣法に使用できるように7つのリールスペック(番号)がラインナップされている。

個人のタックルと意識する巻き幅によって選び方は異なる。ただ、Web等の情報によると、ライトジギングならば「3500~4000番」を、オフショアジギングならば「4500~5000(H)」辺りを選択する方が多いようだ。

何よりも、耐久面で強化されている「BG」は、ショアジギング・オフショアゲームを始める初心者の方に優しい仕様、そして、青物とのパワーリング(やり取り)をサポートしてくれる力強い味方になってくれるはずだ。

スペック / 特長

番号
3500 3500(H) 4000 4000(H) 4500 4500(H) 5000(H)

This is BG

チェックしておきたい同メーカー製品

パワフルな魚とのリーリング(やり取り)が可能なリール「BG」と一緒にチェックしておきたい製品は、遠投性能に長けたショアジギング専用ロッド「ジグキャスター」だ。

目的(ゲーム)に沿った「長さ」と「硬さ」と「ルアーの適正重量」を、6つのラインナップから選択できる「ジグキャスター」は、初心者の方にはもちろん、初心者を脱却して、自分に合ったタックルを組み立てたい方にもオススメしたい竿(ロッド)だ。

トップガイドには「SiC」を採用、遠投性・シャクリアクションに優れた「軽量肉厚チューブラー設計」が特長のジギングロッドだ。

公式サイトに記載されている「対象魚別適合表」を見れば、釣り上げる対象魚に合わせてジグキャスターを選ぶ基準にすることができる。

なお、対象魚別適合表に関しては、Daiwa(ダイワ)の公式ページを参照して欲しい。

Daiwa ジグキャスター
検索

スペック / 特長

品名
90M 96M 87MH 97MH 96H 106H

This is JIG CASTER

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年10月に、Daiwa(ダイワ)から登場した製品だ。

  • BG – パワーある青物に対処できるタフネスボディ設計!

過去に登場したショアジギング用ロッドもチェックしておきたい。

  • ジグキャスター – 小型~中型、大型と幅広く狙うならコレ!

是非、目的に合ったタックルを選び、ショアジギングで大物を釣り上げて欲しい。