サゴシ専用設計?!Daiwa(ダイワ)からキャスト性能に優れたルアー「サゴシー 95S」が登場

サゴシー 95S

2016年10月に、Daiwa(ダイワ)から、サゴシを対象としたシンキングミノーが登場した。

  • サゴシー 95S

岸(ショア)からのジギングでお馴染み「サゴシ」をターゲットにしたルアー。数多いシーバスタックルの適正ウェイト(g)を満たしたライトジギング設計となっている。

30gに見合わないキャスト能力(遠投設計)を秘めた「サゴシー 95S」は、サーフ・岸(ショア)に接近しないサゴシ(サワラ)を釣り上げるのにピッタリなヘビーシンキングミノーだ。

そこで、レポ部では・・・
サゴシ専用設計?!Daiwa(ダイワ)からキャスト性能に優れたルアー「サゴシー 95S」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

サゴシー 95S

サゴシ(サワラ)をターゲットとした「サゴシー 95S」。釣り業界でも珍しいサゴシを専門に開発されたヘビーシンキングミノーである。

30gに設計されたボディ。軽いルアーを扱うシーバスタックル・ライトジギング、様々な釣法で使用することが可能だ。

軽量ルアーには見合わない高比重設計と、水平姿勢のフラッシュローリングフォールにより、サゴシ(サワラ)に対し、強烈にアピールする。

  • 離れた沖合いに居るとき
  • 防波堤の近くまで接岸するとき

このように、サゴシ(サワラ)の回遊範囲は広く、時には、見える範囲で回遊しているサゴシ(サワラ)を見かけることもある。

離れた沖合いにサゴシ(サワラ)が居る場合、見えない場合、ナブラが立っている場合には「サゴシー 95S」をキャストし、幅広くポイントを探ってみてはいかがだろうか。

大型魚がイワシなどの小魚の群れ補食のため追い回し、発生する水面のさざ波(部分的荒波)のこと。[ナブラ]

スペック / 特長

タイプ  サイズ(mm) 重さ(g)
ヘビーシンキング 95 30

This is SAGOSEE 95S

チェックしておきたい同メーカー製品

サゴシ(サワラ)をターゲットとした「サゴシー 95S」と一緒にチェックしておきたい製品は、キャスティングにおける基本性能(機能)を詰め込んだメタルジグ「サムライジグ」だ。

鉛の塊(メタルジグ)で製作された「サムライジグ」。ラインがルアーのフックに絡んでしまうこと(テーリング)を起こさないように設計されたメタルジグだ。

アシストフック(フロントフック)には、煌びやかなティンセル仕様のサクサスシングルアシスト(伊勢尼)を装備。グラム数が豊富にラインナップされており、ライトジギング用の竿(ロッド)から、少しヘビー寄りとなるショアジギング用の竿(ロッド)と、幅広く扱うことができる。

飛距離を出す上で必要となるバランス設計を考慮したアイテムが「サムライジグ」だ。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
サムライジグ 75 20
85 30
95 40
105 60

This is SAMURAI JIG

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年10月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品である。

  • サゴシー 95S – 遠くに居るサゴシ(サワラ)を釣り上げるならコレ!

過去に登場したキャスティングゲーム用メタルジグもチェックしておきたい。

  • サムライジグ – 取り合えず何かしら釣りたいならコレ!

是非、様々な特長を持つルアーを使用しつつ、サゴシ(サワラ)を始めとしたフィッシュイーターを釣り上げて欲しい。