フライフックを使って優雅に泳ぐジグヘッドを作成?!動画での作成方法が話題に!

フライフックを使った自作ジグヘッド

動画投稿サイトにて、フライフックを使って、優雅に泳ぐジグヘッド(スイミング・ジグヘッド)を作成する方法を解説した動画が投稿され、話題を集めている。

小刻みにクネクネと泳ぐジグヘッドを自作することができれば、小魚が揺れ動く動きを兼ね揃えたライトゲーム用ジグヘッドを見事に作り上げることができる。

フライフックを用いたジグヘッドの作成に興味をお持ちの方は、動画を参考にし、ハンドメイドで製作してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
フライフックを使って優雅に泳ぐジグヘッドを作成?!動画での作成方法が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フライフックとは?

動画投稿サイト(Youtube)にて、フライフックにガン玉を取り付け、小魚が揺れ動く動きを持ったジグヘッド(スイミング・ジグヘッド)を作成する方法が公開された。

川の魚(イワナ・ヤマメ・アマゴ)を対象とした「渓流釣り」で使われることの多いフライフック。スタンダードタイプとなるストレートシャンクはもちろん、シャンクが極端にカーブした物、全体に丸みを帯びた形状を持つ物、先端が屈折形状を帯びた物と、ジグヘッドフックと似た特長を持つフライフックを用いた作成手順だ。

限られた道具と、器用な手さばきを駆使しつつ、ジグヘッド(スイミング・ジグヘッド)に仕上げる投稿者は職人そのもの。

もしも、フライフックとガン玉、代用できそうな道具(ツール)が身近にあるならば、動画を参考にしつつ、君だけの「ジグヘッド」を作成してみよう。

Movie by haru 834

用意するもの

スイミング・フックを作成する上で必要なものは以下のとおりだ。

  • ガン玉
  • 厚紙・プラスチックの板
  • ラジオペンチ
  • ハンマー
  • ハンマー(土台)
  • フライフック(ベントダウン)
  • 瞬間接着剤

ハンマーを使ってガン玉を平らに潰すことで、動画の冒頭部位で実演されている「ゆらゆらとした優雅な動き」を実現することができるのか。

作成する手順も至って簡単。厚紙(プラ板)にガン玉の割れ目を刺し込み、トンカチを使って平らに潰す、最後に、瞬間接着剤を使ってフライフックとガン玉を取り付けるだけ。

フライフックの形状は様々。フライフックの種類によっては、さらに、ユニークな動きを実現することができるかもしれない。

This is Hammer Table

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となった動画である。

動画を参考にしてジグヘッドを作成すれば、川釣りだけではなく、アジング・ロックフィッシュ・メバリング、様々な釣法で利用することができる。

是非、フライフックとガン玉を用いて、ジグヘッド(スイミング・ジグヘッド)を作成し、小魚が揺れ動く動作を持って、未知の魚達を釣り上げて欲しい。