手巻きリールで水深測定?!Daiwa(ダイワ)からタナを的確に攻略できるリール「ワカサギタナハンター」が登場

ワカサギタナハンター

2016年8月に、Daiwa(ダイワ)から、水深測定が可能なカウンターが搭載されたワカサギ専用リールが登場した。

  • クリスティア ワカサギタナハンター

ワカサギ釣りは「波」がある、すなわち、ワカサギは「群れ」で行動することから、ワカサギが居る海層(タナ)近くにエサを放り込まない限りは、連続してヒットは望めない。

今回、紹介するのは、手巻きリールで水深が測定できるユニークなアイテムだ。

一度、釣れた海層(タナ)を見つけ出すことができれば、連続してヒットを狙うことができ、「タナが分からなくなった!」という不祥事を無くすことができる。

そこで、レポ部では・・・
手巻きリールで水深測定?!Daiwa(ダイワ)からタナを的確に攻略できるリール「ワカサギタナハンター」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

クリスティア ワカサギタナハンター

Daiwa(ダイワ)から、水深(タナ)を測定可能なワカサギ専用リールが登場した。

手巻きリールにして、ワカサギが居る水深(タナ)を効率よくサーチすることができ、ワカサギが釣れた場合には、水深(タナ)にセットできる「タナストッパー」が付いている。

ブルー(青)とホワイト(白)から構成されたスタイル、雪国を思い浮かべるような清潔感が溢れる外観を持ち、初心者に向けたワカサギ専用リールならではの使いやすい機能を搭載したワカサギ専用リールだ。

  • 手巻きリールを使ってみたい!
  • 水深(タナ)を効率良く探りたい!

このような方にオススメしたいアイテムだ。

電動リールが主体の中、手巻きリールならではの操作感と繊細なバイト感を体験することができる魅力的なアイテムが「クリスティア ワカサギタナハンター」である。

スペック / 特長

釣法 重さ(グラム) 糸巻き量(ナイロン)
ワカサギ釣り 60 1号(100)、1.5号(65)

This is WAKASAGI TANAHUNTER

チェックしておきたい同メーカー製品

水深(タナ)を測定可能な手巻きリール「クリスティア ワカサギタナハンター」と一緒にチェックしておきたい製品は、初心者から中級者まで幅広く使いこなせるワカサギロッド「クリスティアワカサギ 21」だ。

竿(ロッド)継数は2本、本体に竿先を収納することができ、先ほど紹介した「クリスティアワカサギタナハンター」と相性が良い製品となっている。

「クリスティアワカサギタナハンター」と似たようなカラーリングを持ち、クリスティア穂先各種を本体に装着可能と汎用面でも考慮されたワカサギ専用ロッド。

  • タックルにスペースを確保したい!
  • 各種穂先(クリスティア)を付け替えたい!

このような方にオススメしたいアイテムだ。

当たりが判断しやすい扁平タイプの穂先が採用、収納面・汎用性、各種性能面でも扱いやすい仕上がりとなっている。

スペック / 特長

釣法 サイズ(cm) 適合ライン(号) 錘負荷(g)
ワカサギ釣り 44 ~0.8 1~2.5

This is CRYSTIA WAKASAGI 21

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年8月にDaiwa(ダイワ)から登場した製品だ。

  • クリスティア ワカサギタナハンター – 水深(タナ)を測定可能な手巻きリール!

同時期に登場したワカサギ専用ロッドもチェックしておきたい。

  • クリスティアワカサギ 21 – 収納面・振動吸収・アタリ判別に優れた竿(ロッド)!

是非、相性の良い2つのアイテムを使い、今期のワカサギシーズンを快適に過ごして欲しい。