秋のサビキ釣りはサイズで勝負?!防波堤から釣るには絶好のチャンス!

サビキ釣りをする少年

サビキ釣り、それは、餌(エサ)となるアミエビと餌(エサ)に似立てた針(ハリ)を一緒に落とし込むことで、針(ハリ)をアミエビと勘違いした魚を釣り上げる釣法である。

複数の針(ハリ)を落とし込むサビキ釣りでは、多くの数をターゲットにでき、オキアミで狙える魚種が幅広いことから、様々な種類の魚を釣り上げることができる。

特に「秋」はサビキ釣りのベストシーズン。

回遊してきた魚はある成長した段階で防波堤に入る、すなわち、その成長した魚をアングラー達は釣り上げることになる。

引きの強い釣りを楽しむことができる「秋」のサビキ釣り。

中型~大型サイズを釣り上げるならば、「秋」を主点にして釣行することが大切だ。

そこで、レポ部では・・・
秋のサビキ釣りはサイズで勝負?!防波堤から釣るには絶好のチャンス!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

サビキ釣りは秋がベストシーズン?!

海釣りでは様々な魚種を狙うことができる、すなわち、まずは「どんな魚を狙うのか?」を明確にしないと仕掛けや道具を選択することができない。

ただ、サビキ釣りに関しては例外である。

サビキ釣りは「どんな魚を狙うのか?」という疑問を、Abaut(大体)で解決してくれる「迷ったときに便利な釣法」と言える。

防波堤から釣ることができるサビキ釣り、ファミリーフィッシングと称され、釣り初心者がまず始めに入る釣法だ。

気温の暖かい季節は数釣りで小型サイズを、気温が寒い季節には油が乗った中型~大物サイズをターゲットにすることができ、その中でも「秋」は、ある程度に成長した中型サイズの回遊魚が釣れると同時に、数が釣れるベストシーズンでもある。

ベストシーズン(秋)に行うサビキ釣りについての「ツイート」についてチェックしてみよう。

反響ツイート

防波堤から狙える魚とは?

防波堤には様々な魚種が存在する。

サビキ釣りでは、アジ・イワシ・サバといった回遊魚を始め、カサゴ(ガシラ)・メバル・アイナメなどの根魚、チャリコ(小鯛)・黒鯛(チヌ)など、幅広くターゲットにすることができる。

ただ、危険な魚も存在することは忘れてはいけない。

ヒレに毒を含む「ミノカサゴ」「ゴンズイ」「ハオコゼ」「アイゴ」、テトロドトキシン毒を含む「フグ」、牙の鋭い取り扱う上で注意が必要な「カマス」など、様々な面で危険な要素を持った魚類が釣れてしまうサビキ釣り。

危険な魚に対処する知恵を身に付けつつ、釣りに挑みたいところ。

This is Fish Holder

大きいサイズを釣って美味しく頂こう!

中型~大型サイズが釣れる「秋」のサビキ釣り。

冬になると暖かい気候を求めて魚達は沖へと旅立ってしまう。

冬の海は綺麗だと感じたことはないだろうか。

これは、海水温度の低下でプランクトンが存在しなくなっているからだ。

プランクトンが居ないということは、捕食する魚達も当然ながら存在しない。

水温が温かい海を求めてプラントンを追い続ける魚達、秋がベストシーズンと言われる由縁と照らし合わせると、海水温度が完全に低下する前、すなわち、「秋」にサビキ釣りを行うことが大きいサイズを効率よく釣り上げる方法なのではないか。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、秋に行うサビキ釣りの魅力についてである。

紹介した通り、4つの季節の中で、秋は、中型~大型サイズを狙うことができるサビキ釣りのベストシーズンだ。

是非、食欲の秋といわれるように、サビキ釣りで大きい魚を釣り上げて、プリプリとした淡白な味覚を味わってみて欲しい。