ハードルアーを使って釣り上げろ!カマスを狙えるメタルジグ【まとめ】

大量のカマス

カマスとは、細長い円筒形の体型を持った日本全国に生息する海水魚である。

餌(エサ)だけではなく、メタルジグ、ホッパー、ミノー、様々なルアーに反応し、数多いルアーゲーム(釣法)の外道としても知られている。

エキサイティングなファイトが楽しめる青物であり、塩焼き・干物・から揚げと調理法が幅広く、オカズにすればセサミのようなタンパクな味覚を楽しむことができる。

今回は、カマス釣りで使って欲しい「メタルジグ」について紹介しよう。

そこで、レポ部は・・・
ハードルアーを使って釣り上げろ!カマスを狙えるメタルジグ【まとめ】
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

月下美人 プリズナー

あらゆるフィッシュイーターに効果を発揮する汎用メタルジグ。

3グラム・5グラム・7グラムと小さめに開発されたジグ、貫通力に優れたサクサス技術を針(フック)に備えており、スムーズな掛け(フッキング)を体感することができる。

カマスの他に、アジ・サバ・シーバス、様々なフィッシュイーターをターゲットにできる汎用性に優れたメタルジグだ。

センターウェイト設計から再現される水平フォールアクションと、数多くラインナップされているカラーバリエーションから生み出されるフラッシング効果のアピール度は計り知れない。

カマスを釣り上げるならばリトリーブ(タダ巻き)で誘い、食いが悪いならば、竿先をチョンチョンと、ルアーを跳ねさせるようなイメージを思い浮かべながらアクションさせてみよう。

This is PRISONER

五目ジグ

左右非対称フォルムのサイドウェイトにより、ジャーク時の超ワイドなスライド性能と水平姿勢ヒラヒラフォールを再現したジグ。

ジャークアクションでカマスを誘いたい方はチェックしておこう。

1つ1つのジャークアクションで起こるジャークからフォールまで掛かる時間を遅めにセッティング、すなわち、食わせの間を多く取ることでフォール時に当たる確立を向上した。

近場に存在するカマスをターゲットにするならば、3グラム・5グラム・8グラムを、少し沖を狙いたいならば、12グラム~40グラムまでと遠投が利くサイズを使ってみて欲しい。

カマス・アジ・メバルはもちろん、サゴシ・ワラサといった少し大きい魚類をターゲットにしたい方、メタルジグ、フォールアクションを駆使し、食わせの間を多く取りたい方にオススメしたいアイテムだ。

This is GOMOKUJIG

ジグパラ(MICRO)

ボディ本体に「5層マルチレイヤーコーティング」が施された「剥げ」「割れ」に強いジグ。

  • ストラクチャーポイントを攻略したい
  • ボトムに居るカマスを狙いたい

このような目的をお持ちの方にオススメしたいアイテムだ。

高反応を示すアクションはフォール、ボトム(海底)へとジグを到達させたら、竿先を跳ね上げるアクションを数回繰り返し、その後、フォール時に食いつくパターンが多い。

平べったいシルエットから成るアピール力の高いヒラヒラーフォール、カマス・アジ・メバル・シーバス・タチウオ、様々な魚種をターゲットにできる五目的要素が含まれた製品だ。

「剥げ」「割れ」を気にせずにタイトなポイントを攻めることができるメタルジグである。

This is JIGPARA MICRO

マメ太

JACKALL(ジャッカル)から登場したメタルジグ。

フロントに重心を設定したサイドバランス設計、すなわち、ゆったりとしたヒラヒラフォールを再現し、カマスに対して「リフト&フォール」で、高いアピールを示すことが可能。

カマスだけでなく、根魚やアジ、メッキといった周辺に居付く魚達をターゲットにできる五目的要素を含んだメタルジグだ。

3グラム・5グラム・7グラム、ライトタックルで扱いやすい各サイズがラインナップ。

カラーリングに関しては、アピール力が高いピンク色・ブルー色、カマスのベイトフィッシュ「シラス」をイメージしてかシラス色と、全8種類が用意されている。

食いが悪いときには「リフト&フォール」でカマスを誘ってみてはいかがだろうか。

ルアーを持ち上げて(浮かせて)落下(落とす)させるアクションを示す。

リフト&フォール|レポ部

This is AJIMAMETA

ガンガンジグ

重心を中心に集結させたセンターバランス設計が特長のメタルジグ。

フリーフォールでは、不規則なローリングアクションを生み出すことができ、7種類から成る多彩なカラーリングとシャープに設計されたセンターボディが魅力的にカマスを誘う。

一定方向だけでなく、360度アピールできるように、最大限に高まるボディ部(両面)に反射面を設計させ、フラッシング効果によるアピール度に長けた製品となっている。

カマスを始めとした小型青物、フラットフィッシュ、ロックフィッシュ、様々な魚種をターゲットにでき、20グラム・30グラム・40グラム・60グラムの4種類がラインナップ。

ライトショアジギングに適したメタルジグ、すなわち、遠投性が利くことから、風の影響を受けにくいメリットも兼ね揃えている。

中型~大型のカマスが周りで釣れているならば「ガンガンジグ」を使ってみよう。

This is GUNGUN JIG

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、カマスを狙うときに使用したいメタルジグの数々である。

歯が鋭いことで知られるカマス、お察しの通り、素手で掴むと大変な怪我を招く恐れがある。

カマスをホールドするときには「メゴチバサミ」や「ワニグリップ」といった手が直接触れない道具(ツール)を駆使し、万全な状態で釣行することが大切である。

是非、3グラム・5グラム・7グラムといった軽量ジグを使用しつつ、海のバラクーダ「カマス」を釣り上げて欲しい。