シーズン開幕?!秋~冬のアジングでデカアジを釣り上げるときに活躍するアイテム

打ち上げられたアジ

アジング、それは、アジを釣り上げることを目的とした釣法である。

気温の暖かい季節は数釣りで小アジを、気温が寒い季節には油が乗った大物をターゲットとすることができ、18cm~35cmほどの大物になるとライトタックルで激しいアジとのやり取りを体験することができる魅力的な釣法だ。

今回は、大きいアジ(デカアジ)を釣り上げたときに役に立つ釣りグッズを幾つか紹介しよう。

そこで、レポ部では・・・
シーズン開幕?!秋~冬のアジングでデカアジを釣り上げるときに活躍するアイテム
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

あなたならどっち?!「玉網(タモ網)」

玉網(タモ網)はデカアジを取り込む上で必要だ。

取り返しの良さが印象的なランディングネット(コンパクト網)、対して、タモ網(伸縮するタモ)は、繊細なアジングロッドで大きい獲物を取り上げる上で性能を発揮する。

玉網(タモ網)では大袈裟と感じる方もいるかも知れない。

ただ、ライディングネットとは違い、防波堤・磯場・海釣り公園など、足場の高いポイントでは、ランカーサイズ・通常のサイズと共に伸縮する玉網(タモ網)が役に立つ。

  • 不意な大物も釣り上げてみたい
  • 足場の高い場所で釣りを行うのでライディングネットでは不安だ

このような方にオススメしたいアイテムが「タモ網」である。

ただ、ランガンに適しているかは不明である。

ランガン性・手返しの良さで選択するならば、ライディングネットを選択して欲しい。

This is PRO MARINE

鮮度良く持ち帰りたい!「神経締めツール」

小アジを1つ1つ締めるのは面倒くさい。

対して、18cm~25cmほどの大きいアジは鼻の位置が見極めやすく、アジ締めピックで締める分には位置を特定しやすい、すなわち、簡単に大きいアジを締めることができる。

TICT(ティクト)から製品化されたアジ締めピックは、アジ・メバルの両方に使える汎用性に長けた製品となっている。

アイスピックのような形状、グリップにはEVA素材が採用され、持ちやすさと扱いやすさを兼ね揃えた錆びに強いステンレスピックだ。

使用方法は至って簡単だ。

  • アジの鼻の穴からピックを入れて、尾っぽの方向へと真っ直ぐに突き刺す

大きいアジ・メバルを釣り上げたときには「アジ締めピック」を用いて鮮度を保って欲しい。

This is TICT

サイズを測って自慢する!「フィッシングメジャー」

デカアジを釣り上げたならばサイズをチェックしておこう。

そんなときには、折りたたんで収納できる「コンパクトメジャー」がオススメだ。

ダイワから製品化されているフィッシングメジャーにはセットプレートが付いている。

このセットプレートを立てることで正確なサイズを測定し、収納する際にはプレート部に巻きつけることでコンパクトサイズとなるユニークな製品である。

  • ポケットからサッと取り出して使いたい
  • 収納スペースを取られたくない
  • 正確に計測したい

このような方にオススメしたいアイテムだ。

荷物が増えやすいアングラーにとってサッとサイドポケットから取り出し、容易に計測することができる。

メジャーとしての性能はもちろん、持ち運び面を考慮して製作されたアイテムが「フィッシングメジャー」だ。

This is Daiwa

ルアーをコーディネイト!「光るんです!」

サビキ釣りで判断できるようにエビ科に高い反応を示すアジ。

VARIVAS(バリバス)から製品化されている「光るんです!」をソフトワーム・エギに塗ることにより、蓄光性能とシュリンプ(海老)の匂いを付けることができる。

ナイトゲームに効果を発揮し、アジだけでなく、海老をベイトとする魚達を幅広くターゲットにでき、光と匂いのダブル作用(相乗効果)でアピール力を発揮する。

  • ルアーに蓄光性能を付けたい
  • ワームに集魚効果を付けたい
  • 幅広い魚種をターゲットにしたい

このように思われる方にオススメしたいアイテムだ。

光るんです!を塗ったグッズに蓄光器を当て、充電した後に釣行すると光が見えやすい。

別途用意したルアーに「蓄光性能」と「集魚作用」を与えるユニークな製品である。

This is VARIVAS

曲がったなら?!「ラジオペンチ」

ライトタックルで組み上げるアジングでは「ジグヘッド」を使用することが多い。

大きいアジを釣り上げる最中にジグヘッドが変形し、アジをバラしてしまうことがある。

ジグヘッドを回収できれば、ラジオペンチを使うことにより、釣行前のジグヘッドに戻すことができる。

  • ジグヘッドを再利用したい
  • アジの口元から安全に針(ハリ)を取り外したい

このような方に向いたアイテムである。

更には、ガン玉とジグヘッドフックを組み合わて「自作ジグヘッド」を作るときに、ラジオペンチが必要なアイテムとなっている。

自作ジグヘッドに興味をお持ちの方は以下リンクにて詳しく解説している。

サイト ガン玉でアジング・メバリング用ジグヘッドを作成?!

This is TOP

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、デカアジを釣り上げたときに活躍するアイテムの数々だ。

秋・冬に釣ることができるデカアジは、油が乗っており、美味しいことで有名だ。

アジングでの大型サイズ(ランカーサイズ)は25cm~35cm、海面に見えたときは別の魚に見えるほどに、ブルーランナーとして成長した風格ある姿を漂わせている。

是非、デカアジをターゲットとするならば、万全な準備を行ってから、釣行を行って欲しい。