ソルトゲーム対応?!PROX(プロックス)から海水に対応したベイトリール「バルトムBC S1」が登場

海水に対応したベイトリール

2016年9月16日に、PROX(プロックス)から、ソルトウォーターに対応したベイトリールが登場した。

  • バルトムBC S1

淡水・海水に対応した丸形スタイルのベイトアクションモデル、コンパクトなボディに大型ギアが採用することでリトリーブ性能が向上された扱いやすいベイトリールだ。

そこで、レポ部では・・・
ソルトゲーム対応?!PROX(プロックス)から海水に対応したベイトリール「バルトムBC S1」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

バルトムBC S1

PROX(プロックス)から、ソルトウォーターゲームに対応したベイトリールが登場した。

本体サイドにには数値の変動によってブレーキを調整する「ダイヤル調整式マグネットブレーキ」を搭載、バッククラッシュの抑止・飛距離性能重視とアングラーの操作性をコントロールすることができる。

大型ギアが採用されることでリトリーブ性能を向上することに成功したベイトリールアクションモデルだ。

  • 淡水・海水の両方で使えるリールを探している!
  • スムーズなリトリーブを行いたい!

このような方にオススメしたいアイテムだ。

なお、ハンドルには、ハイギア・ノーマルギアのそれぞれに「右ハンドル」「左ハンドル」「右クランクハンドル」の3つがラインナップされている。

自分に合ったハンドルタイプを見つけ出し、快適なソルトゲームを楽しんで欲しい。

スペック / 特長

規格 タイプ ギア ギア比 最大巻上長(cm/1回転)
R73D 右ハンドル ハイギア 7.3:1 80
L73D 左ハンドル ハイギア 7.3:1 80
R73C 右クランクハンドル ハイギア 7.3:1 80
R66D 右ハンドル ノーマル 6.6:1 72
L66D 左ハンドル ノーマル 6.6:1 72
R66C 右クランクハンドル ノーマル 6.6:1 72

This is Barutomu BC S1

チェックしておきたい同メーカー製品

海水に対応したベイトリール「バルトムBC S1」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、PROX(プロックス)から登場した過去の製品「バルトム2スピード」だ。

ベイトリールではなく、スピニングリールから成る「バルトム2スピード」は、ギア比率を変更することができる「ギアチェンジシステム」が搭載された次世代スピニングリールだ。

ノーマルギアからハイギアに変更することで、魚とのやり取りをスムーズに行うことが可能。

数多くラインナップされているサイズ、すなわち、あらゆる釣法で活躍することができ、ショアジギング・シーバスフィッシングで行うワンピッチジャーク等のアクションによる寄せ幅を1つのリールを使って変動させることができる。

  • ノーマルギアとハイギアを1つのリールで使いたい!
  • アクションの寄せ幅を多様化したい!
  • 様々な釣法で使いたい!

このような方にオススメしたいアイテムである。

なお、グリップ(EVA製)には、2500番まではI形状、3500番以上にはラウンド形状のノブが使用されている。

ショアジギング、シーバス、エサ釣り、様々な釣法で使用できる次世代スピニングリールだ。

スペック / 特長

製品名 LOW HIGH 自重(g)
V2S1500 4.7:1 6.7:1 328
V2S2500 4.7:1 6.7:1 340
V2S3500 4.3:1 6.3:1 414
V2S4500 4.3:1 6.3:1 438
V2S7000 3.7:1 5.4:1 675
V2S8000 3.7:1 5.4:1 716
V2S9000 3.7:1 5.4:1 756

This is Barutomu 2 Speed

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年9月16日に、PROX(プロックス)から登場した製品だ。

  • バルトムBC S1 – 海水に対応したベイトリールをお探しならコレ!

過去に登場した1つのリールで2つのギア比率を操作できるスピニングリールもチェックしておきたい。

  • バルトム2スピード – ギアチェンジシステム搭載モデルならコレ!

是非、様々な性能を持つリールを使いこなし、機能性を持って、ランカーサイズの魚を釣り上げて欲しい。