飛距離を大幅にアップ?!ナス型おもりを使用したエギングの方法とは?

エギングの仕掛け(ナス型おもり)

通常、エギングでは、リーダーの先にスナップを結び付け、模擬餌となるエギを装着する。

ただ、市販で販売されている号数(重さ)は限られており、模擬餌(エギ)の号数によってサイズと重さが変化する。

例えば、

  • 2.0号 →  6グラム(サイズ:小)
  • 2.5号 → 10グラム(サイズ:小)
  • 3.0号 → 15グラム(サイズ:中)
  • 3.5号 → 20グラム(サイズ:中)
  • 4.0号 → 25グラム(サイズ:大)
  • 4.5号 → 33グラム(サイズ:大)

このように号数が高いほどにエギのサイズが大きくなり、エギに装着されているグラム数(オモリ)が重たくなってくる。

このように感じたことはないだろうか。

  • 小さなエギで飛距離を伸ばしたい!

エギンガーなら誰しもが考え付くこと、すなわち、小さなエギにキャスト性能を備えることで、遠くに居付いたイカをターゲットにすることが可能となる。

まさに、エギのサイズで重さが決定するデメリットを無くした革命的な仕掛けである。

今回は、ショア(岸)から行う「ナス型おもりを使ったエギング」について注目していこう。

そこで、レポ部では・・・
飛距離を大幅にアップ?!ナス型おもりを使用したエギングの方法とは?
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ナス型おもりを使ったエギングとは?

思ったよりエギの飛距離が出ないと感じたことはないだろうか。

飛距離を出すには「竿の長さ」「ラインの種類」「ガイドの大きさ」「ルアーのサイズ」など、飛距離を重視したタックルスペックを選択しなければならない。

飛距離を出す上で、一番に大切な要素がエギ(ルアー)の選択である。

ただ、冒頭でも解説したとおり、イカの模擬餌となるエギには、サイズと重さによる縛りがあり、自由度が効かない面がある。

そこでナス型おもりの登場だ。

ナス型おもりをエギングに利用する理由は2つ。

  • 飛距離の向上
  • 波の抵抗に左右されない

それぞれの事象について解説していくことにする。

飛距離の調整

スナップにナス型おもりを取り付ければ、飛距離をアップさせることはもちろん、簡単に飛距離を自分好みに調節することができる。

ナス型おもりには、0.3号~100号までと幅広いサイズが用意されている。

2.0号(エギ)に3号(おもり)を取り付けただけで17グラムを超す、すなわち、3.0号(エギ)に近い重さを持つことになり、キャスト性能は格段と向上する。

くれぐれも、タックルに合った許容範囲を確認しつつ、エギングで使用するナス型おもり(号数)を決定すること。

ナス型オモリのラインナップ(重さ)について知りたい方は、以下のように検索して欲しい。

ナス型おもり 号数
検索

波の影響に左右されない

軽量設計であるエギは波の影響を受けやすい、すなわち、海底(ボトム)を取ることができなかったり、エギがあらゆる方向へ向いてしまうといったアクシデントが起こりえる。

そのような強い波のときには、重たいエギを使用することで海底(ボトム)をしっかりと取りつつ、波にも負けない「垂直力」を得ることができる。

何より、ナス型おもりを使用すれば、サイズの大きいエギ(重たいエギ)だけを利用するといった固定概念を取り払うことができ、小さなエギで海底(ボトム)をしっかりと取ることが可能。

良く扱われるエギングアクションでは、

  1. キャストする(仕掛けを投げる)
  2. エギを着底させる(フォールさせる)
  3. ステイさせる(待機する:1秒~4秒)
  4. アクションを行う(竿を垂直に立て、水平に戻し、糸ふけを取る:1~2回)
  5. [2]に戻る

エギングアクションに組み込む上で、海底(ボトム)を取る作業は必要不可欠となる。

波に影響され、海底(ボトム)を取れないのであれば、アクションに支障が出てしまうと同時に、当たりを逃すことになるのだ。

デメリットが存在する?!

ナス型おもりを使ったエギングでは、デメリット(良くない点)も存在する。

デメリットとは、

  • フォールの時間を長く取れないこと
  • バランスが悪くなること

フォールの時間を長く取れないことは、エギングでは、誘う時間を封殺していることになる。

特に、イカに当たりが来るのは、フォール中、海底(ボトムステイ)、平行移動中に多い。

極端に早いフォールにはイカが反応しきれずに釣れなくなってしまう可能性があるのだ。

このようなときには、フォールした後のボトムステイ(海底で止まるとき)の時間を長く取り、エギ(餌)の存在をイカに認識させること、すなわち、ナス型おもりを使ったエギングでは、本来のエギングスタイルであるフォールの釣りから、ボトムを中心に当たりを意識する釣り方へと変化させることになる。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、ナス型おもりを使用したエギングの方法である。

  • 深場のイカを狙うとき
  • 遠くの潮目に投げたいとき
  • 手返しよく誘いたいとき

このようなときに扱いやすく、湾内ゲームと親しまれてきたエギングは、広範囲に探れる湾外ゲームへと変化する。

是非、ナス型おもりをスナップに装着し、飛距離を高めつつ、イカを誘ってみて欲しい。

関連製品