ブルーギルを使って泳がせ釣り?!新しい環境で挑戦する姿が話題に!

ブルーギルを使った泳がせ釣り

ブルーギルを使って泳がせ釣りを行うユニークなアングラー達。

Youtube(釣りジャンル)で多大なアクセス数を誇る「釣りよかでしょう。」様が、Youtubeに投稿した話題を呼んだ動画である。

アジ・イワシ、様々な小さな海の魚を用いつつ、海で釣行することが主となる泳がせ釣り。

今回は、餌(エサ)にブルーギルを用い、海とは違った環境で釣行することになる。

ブルーギルを使った泳がせ釣りで釣れる魚とは何なのか、非常に興味をそそられる動画だ。

そこで、レポ部では・・・
ブルーギルを使って泳がせ釣り?!新しい環境で挑戦する姿が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

泳がせ釣りとは?

泳がせ釣りとはベイトフィッシュとなる小魚を獲物として他の魚を釣り上げる釣法である。

ヒラメをターゲットとした泳がせ釣りで例えるならば、

  1. ヒラメの餌(アジ・イワシ)を生きたまま仕掛けにセットする
  2. 海に泳がせた魚を食べようとヒラメが寄ってくる
  3. 泳がせた魚と針(ハリ)を口に咥え、やり取りを開始する

単純に表すと仕掛けからフッキングするまでに上記3つのフェーズ(段階)で分かれている。

投稿されたブルーギルを使った泳がせ釣りでも上記のフェーズで釣りを行っており、誰も試したことがないようなユニークな発想だ。

  • 「ブルーギルを使った泳がせ釣りで釣り上げることができるのか?」
  • 「泳がせ釣りは海だけでなく、湖・沼・池・河川に潜む魚達に有効なのか?」
  • 「果たして釣れる魚とは?」

アングラーの好奇心を擽る興味深い動画である。

Movie by Youtube

未知への可能性

今回、ブルーギルを使った泳がせ釣りで釣ることができた魚は「雷魚」であった。

雷魚は貪欲な魚として知られており、ブラックバスやナマズなどと並ぶ日本の淡水でのルアーゲームでのターゲットの一種となる。

外来魚として有名、そして、意外と食べてみると美味しい魚だ。

  • から揚げ
  • ムニエル
  • キムチ鍋
  • 塩焼き
  • 澄まし汁

様々な料理法で用いることができ、肉厚な淡白な白身を1匹で存分に味わうことができる。

ただ、淡水魚に多い寄生虫(有棘顎口虫)が体内に存在することから、安心してはいけない。

感染してしまうと、皮下・重要な血管を移動し、腸閉塞・心筋梗塞、様々な恐ろしい症状に見舞われてしまうことがある。

必ず、生食は避け、加熱処理を加えてから食べることを頭に入れておくことが大切だ。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となった動画である。

動画が公開されたことで、湖・沼・池・河川で釣ることができる外来魚「雷魚」に対し、泳がせ釣りは有効である証明になった。

また、泳がせ釣りという釣法を利用することにより、雷魚のベイトフィッシュは「ブルーギル」ということも判明した。

疑問に思ったら試してみるのが一番、アングラーの疑問を解決してくれた為になる動画だ。

関連製品