六角形の多面体ボディ?!Daiwa(ダイワ)から大型メバル用ワーム「月下美人 ソードビーム」が登場

ソードビーム

2016年9月に、Daiwa(ダイワ)から、新しいメバリング用ワームが登場した。

  • 月下美人 ソードビーム

ソルトゲーム用品を引率してきた「月下美人」、今回、紹介するのは、メバリング用に考案された”ソートビーム”だ。

正面から見ると6角形の多面体ボディ、平面を多くとることで、リトリーブ(タダ巻き)、中層スイミングに対して、安定した直進アクション、ダートを実現することに成功したモデルとなる。

そこで、レポ部では・・・
六角形の多面体ボディ?!Daiwa(ダイワ)から大型メバル用ワーム「月下美人 ソードビーム」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

月下美人 ソードビーム

Daiwa(ダイワ)から、大型メバルを攻略するためのノウハウを形にした多面体ワーム「月下美人 ソードビーム」が登場した。

メバルは警戒心が強い、すなわち、メバリングでは微波動モデルと称されるワームを用いることが多く、大型のメバルほど、人工的なアクションを嫌う傾向にある。

ソードビームは、メバルに警戒心を与えるような自発的なアクションを排除することで、大型のメバルに対して、違和感を与えずにアピールすることが可能。

さらには、6角形の多面体ボディにより、平面を多くとることで、リトリーブ(タダ巻き)、中層スイミングに対して、安定した直進アクション、ダートを実現することができる。

ナチュラルな微波動を発し、できる限り、不快感を与えない最小限のアピール力で誘う大型メバル用ワームが「月下美人 ソードビーム」だ。

スペック / 特長

名称 サイズ(inch) 入り数(本)
ソードビーム[月下美人] 2.2 10

This is Sword Beam

チェックしておきたい同メーカー製品

6角形の多面体ボディを利用した微波動モデル「月下美人 ソードビーム」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、Daiwa(ダイワ)から製品化されている3角形状が演出するダートモデル「月下美人 ダートビーム」だ。

同じく、月下美人シリーズであり、メバル・アジをダートアクションで誘えるように開発されたライトゲーム専用ワーム。

正面から見ると3角形のボディ形状、ボディ横幅をよりワイドにし、前部を細身にすることによって、ジグヘッドからボディがはみ出しても水の抵抗を受けにくくする、すなわち、しっかりとキビキビとしたダートアクションが誰にでも再現できるようになった。

2016年9月に登場した極小タイプ(1.3インチ)は、シビアな環境で食い気スイッチを入れたいとき、過去からラインナップされていた通常サイズ(2.0インチ)は、オールマイティに使用できる汎用タイプとなっている。

コンパクト形状なのに、しっかりと水を掴み、キビキビとしたダートアクションを魅せるワームが「月下美人 ソードビーム」だ。

スペック / 特長

名称 サイズ(inch) 入り数(本)
ダートビーム[月下美人] 1.3 10
2.0 10

This is Dart Beam

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年9月にDaiwa(ダイワ)から登場した製品である。

  • 月下美人 ソードビーム – リトリーブ(タダ巻き)、中層スイミングで獲物を誘う!

過去に登場したダートアクションでアジ・メバルを誘うワームもチェックしておきたい。

  • 月下美人 ダートビーム – ダートアクションで獲物を誘う!

是非、様々な形状をしたワームを用いつつ、それぞれの良さと、ワームの形状に適したアクションで大型サイズのメバルを釣り上げて欲しい。