怪魚を釣り上げろ?!メガバスから小塚拓矢氏がプロデュースした新ジャンルルアー「CHITALA MAX」が登場

CHITALA MAX

2016年8月に、全国の怪魚と猛攻を繰り広げるハンター「小塚拓矢氏」と、大手釣具メーカーである「MEGABASS(メガバス)」が共同開発をしたルアー「CHITALA(チタラ)」に新サイズが追加された。

  • CHITALA MAX(チタラ マックス)

次世代プレートボディとして名高い「CHITALA(チタラ)」は、3枚が連結したプレートボディ、それぞれのプレートが独特のアクションを繰り広げ、リトリーブ時のフラッシング効果は通常のメタルバイブレーションの3倍となる。

アピール力に優れた全く新しいユニークなプレート系ルアーだ。

そこで、レポ部では・・・
怪魚を釣り上げろ?!メバガスから小塚拓矢氏がプロデュースした新ジャンルルアー「チタラ マックス」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

CHITALA MAX

過去(2016年2月)に登場した「CHITALA(チタラ)」のスペックは以下のとおりだ。

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
CHITALA 55 7

今回、新たにサイズが追加された「CHITALA MAX」は、従来モデルより、重量が2倍以上増加、サイズは20mm増加した中型から大型向けのプレート系ルアーとなる。

スタイル(外観)は3区分けにされたプレート形状、従来モデルと同様、それぞれのプレートが独特のアクションを繰り広げ、リトリーブ時のフラッシング効果は通常のメタルバイブレーションの3倍とされている。

プレートの薄さは0.5mmの超軽量鉄板を採用、プレートの前部には2つのラインアイ、後部にはショートバイトにも対応できるアシストフックを装着可能となっている。

中型から大型サイズのブラックバスを狙うならば「CHITALA MAX」で決まりだ。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
CHITALA MAX 75 20

This is Chitala Max

チェックしておきたい同メーカー製品

より広範囲にフラッシング効果を魅せることが可能なプレート系ルアー「CHITALA MAX」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、MEGABASS(メガバス)から同時期に登場した超軽量&小型プレート系ルアー「CHITALA MINI Type ZINC」だ。

従来モデル「CHITALA(チタラ)」より、重量が4.2g減少、サイズは10mm減少した小型~中型サイズ向けのプレート系ルアーとなる。

CHITALA MINI Type ZINCは、名前の通り、亜鉛(Zinc)製タイプで製作されている。

頭部(ヘッド)素材に亜鉛を採用することにより、スローリトリーブでも扱いやすい仕上がり、ブラックバスは当然、トラウト、シーバス、メバル、様々な魚種をターゲットにできるオールラウンダーモデルとなっている。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
CHITALA MINI 45 2.8

This is CHITALA MINI

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、MEGABASS(メガバス)と全国を駆け回る怪魚ハンター「小塚拓矢氏」がコラボを組んだ共同開発製品だ。

  • CHITALA MAX(チタラ マックス)

同時期に登場したCHITALAシリーズの中で最小サイズを誇るプレート系ルアーもチェックしておきたい。

  • CHITALA MINI(チタラ ミニ)

CHITAMAシリーズ待望のミニサイズとビッグサイズの登場で、更に多彩なシチュエーション・フィールドに対応できるようになった。

是非、怪魚ハンターがプロデュースしたルアーで様々な魚種を釣り上げて欲しい。