キッチンが汚れない?!魚の鱗(うろこ)を取るときに便利なグッズ【まとめ】

遊泳する魚

魚を捌くときには、多くの方々が包丁を使って鱗(うろこ)を取る。

ただ、包丁を使って取ってしまうと、周辺に鱗(うろこ)が飛び散ってしまう、すなわち、飛び散り、乾燥することで、台所に鱗(うろこ)が引っ付いてしまい、掃除が困難となってしまう。

そんなときには、鱗(うろこ)が飛び散りにくいユニークなアイテムを使用し、掃除が楽になるように作業(処置)を施したいところ。

そこで、レポ部では・・・
キッチンが汚れない?!魚の鱗(うろこ)を取るときに便利なグッズ【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

固めて剥がす?!「ゴムベラ」

ゴムベラは名前の通り、先端がゴム製で製作された「ヘラ」のことである。

お菓子作りで使われることの多いゴムベラは、適度に軟性を持つ先端と、ゴムベラの角(尖った部分)を上手く使うことで、鱗(うろこ)を綺麗に剥がすことが可能。

ゴムベラの軟力(先端)が丁度良い働きをするのか、「ペリペリ」と剥がすようなイメージではなく、「ボリボリ」と鱗(ウロコ)がくっ付いて寄せ集まり、辺り一面に鱗(うろこ)が飛び散ることもない、すなわち、包丁のような煩わしさは一切感じられない。

ゴムベラの尖った部分を上手く使えば、エラ周り、背ビレ、腹ビレ、柔らかい部位に面した取りにくい鱗(うろこ)も綺麗に処理をすることができる。

ゴムの性質が含まれているからこそ、少々の力を加えたとしても、魚の繊細な身に与える影響は少ない。

ゴム質だからといって侮ってはいけない。

根こそぎ鱗(うろこ)を取るならば「ゴムベラ」で決まりだ。

This is Gomu Bera

捨てるな!貯めろ!「ペットボトルのキャップ」

ペットボトルのキャップは鱗(うろこ)取りに適している。

さらには、ペットボトルのキャップ内に鱗(うろこ)が蓄積するために、飛び散ることはなく、後々の掃除も楽々である。

コツとしては鱗(うろこ)の生えた向きに逆らってキャップを動かすこと、すなわち、尻尾から頭部に向かってペットボトルのキャップを動かすことで綺麗に取ることができる。

キャップ内に鱗(うろこ)が蓄積したら、溜まった鱗(うろこ)を取り除き、再び、尻尾から頭部に向かって動かしつつ、鱗(うろこ)を剥がすだけ。

ペットボトルのキャップが捨てられていたら思い出そう。

「鱗(うろこ)取りに使えるのに・・・」

This is Cap

大根卸し?うろこ卸しだ!「大根」

知る人ぞ知る鱗(うろこ)取り名人「大根」。

使い方は至って簡単、5cmほどに輪切りした大根の緑で鱗(うろこ)を擦り上げるだけ。

キッチン周りに鱗(うろこ)が散らない、すなわち、キッチン周りに鱗(うろこ)がこびり付いて手に負えないなんて主婦の悩みを野菜が解決してくれる。

コツとしては、尻尾から頭部に向け、滑らせる様に擦り、鱗(うろこ)に加える力を加減することで、柔らかい魚の身を傷つけることなく、スムーズに対処することができる。

原理としては、大根の水分で、鱗(ウロコ)同士がくっつき、飛び散りにくくなるとのこと。

この原理を利用すれば、サツマイモ、人参、様々な野菜で鱗(うろこ)を処理することが可能。

「魚を大根でスリスリ?大根卸し?」

「いや、うろこ卸しだ!」

This is Radish

なんやかんやコレに頼る?「手動うろこ取り器」

やはり、鱗(うろこ)取り専門の道具を利用する方が賢いか。

貝印から製品化されている「うろこ取り器」は、本体に、鱗(うろこ)が飛び散りにくいカバーが付いた鱗(うろこ)取り専門の道具である。

刃のタイプはギザ刃、すなわち、背ビレ、腹ビレ、エラ周り、頭部上の鱗(うろこ)を「ガリガリ」と擦るだけでスムーズに取ることができる。

鱗(うろこ)カバーは取り外し可、本体はステンレス、汚れも付きにくく、洗いやすい一体型となっている。

ご家庭での使用にピッタリ、コンパクトなギザ刃タイプの「うろこ取り器」である。

This is Kaijirusi

うろこ取り名人?!「電動うろこ取り器」

近年、様々のサイトで取り上げられている「電動うろこ取り器」。

電動うろこ取り器とは、その名の通り、電気を必要とするが、手動ではなく、電動で鱗(うろこ)取り作業を行ってくれる優れた機械だ。

業務用としてはもちろん、家庭、船、電気がある様々な環境で使用することができる。

大型バッテリーを搭載した製品が数多く産出されていた電動うろこ取り器、近年では、コンセントを本体に繋げるだけで使用できる「コンパクト性を追求した製品」も出回り始めた。

業務用として使用するならば「電動うろこ取り器」だ。

This is Anself

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、鱗(うろこ)取りに使えるユニークなアイテムの数々だ。

大根、ペットボトルを使えば、お金をかけずに鱗(うろこ)を取ることが可能。

ただ、魚を扱うことの多い主婦(主夫)ならば「手動うろこ取り器」を1つはキッチン付近に揃えておきたいところ。

まずは、周辺に存在する「お金のかからない鱗(うろこ)取りに使えるユニークなアイテム」を使いつつ、鱗(うろこ)取りに挑戦してみて欲しい。