気分良く釣りを行いたい方必見!釣り場のゴミを効率良く持ち帰るための便利なグッズ

流れ着いたゴミ

釣り場にはゴミが落ちている。

釣り師が出したゴミ、外国から流れ着いたゴミ、枯れ木、大木、貝殻など。

  • 自分の出したゴミは持ち帰ること

アングラーの主張と考察が行き交う中、釣りメーカーも、環境改善を目的としたゴミ拾いを長年に渡り実施してきた。

これから先も、フィッシング(釣り)というジャンルが続く限り、ゴミ捨てはアングラーの課題であり、人としての最低限のモラル(常識)として認識されるであろう。

そこで、レポ部では・・・
気分良く釣りを行いたい方必見!釣り場のゴミを効率良く持ち帰るための便利なグッズ
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ゴミ捨て専用ボックス?!「ダストボックス」

ゴミ捨て専用に製作されたダストボックス。

バッカンのハンドルの間に取り付けることができ、本体上部はゴミが挿入しやすいように切り込みが入った隠しボックスで製作されている。

ダブルチャックを広げるだけでゴミを回収&掃除することができる便利なダストボックスだ。

なお、タバコ・マッチなど火の元となるものを捨てる際には必ず消火してから捨てること。

薬品、鋭利な物を挿入すると、変形、破損の要因となることは意識しておこう。

できるならば、ダストボックス内に収まるトレーなどを本体下(内部)に設置し、あらゆる対処を施してから使用したいところ。

This is Dust box

既存のグッズを拡張せよ!「エコバッカン(A)」

Daiwa(ダイワ)から登場したゴミ捨て専用ダストボックス。

本体上部には、ゴミ・糸クズを放り込みやすいようにスリットが入れられた透明蓋を採用。

背面にはステンレスフックが付いており、Daiwa(ダイワ)の各製品(対象製品)に装着することで、バッカン・タックルバック等にサイドボックス(ダストボックス)を装着することが可能。

本体のステンレスフックには、ステンレスのメリットである錆(サビ)への強さを兼ね揃えつつ、本体は洗浄可能なEVA素材が使われている。

ダブルチャックを開けただけで中にあるゴミを捨てることが可能、すなわち、ゴミをスムーズに挿入することができ、手入れ、洗浄とも楽々行うことができる。

なお、タバコの吸い殻等は火の付いた状態で投入しないこと。エコバッカンが溶けて穴が空く可能性があるために注意することが大切だ。

Daiwa(ダイワ)から製品化されたバッカン類、EVA製タックルバッグ等、開口部にフレームの付いたバッグに対応、ただ、クールバッグには対応しないようだ。

This is Eco Bakkan A

意外と役に立つ?!「ボトルホルダー」

カラビナ付きボトルホルダーがあれば、常にゴミ箱を身に付けておくことが可能。

もちろん、ボトルホルダーを先に用意し、後付けでカラビナをセットするのも良し。

大量のゴミが出にくいルアーフィッシングでは、ランガン性が利き、コンパクトに持ち運びができるボトルホルダーが使い勝手が良い。

できれば、ボトルホルダーの上部部位をキュッと絞ることができるタイプ、すなわち、ゴミの落下を防げる機能が付いたボトルホルダーを選択することが大切だ。

なお、ボトルホルダーの仕様によっては、カラビナが装着できないタイプ、ボトルホルダー上部をキュッと絞ることができないタイプなど、様々な製品が存在している。

100円ショップでも販売していることが多い「ボトルホルダー」を、ゴミ箱(ゴミ袋)代わりに代用してみてはいかがだろうか。

This is Bottle holder

ゴミ箱や椅子として使える?!「がんばりバケツ」

イノマタ化学から製品化されている「がんばりバケツ」は、2段階構造になっている。

インナーバケツ(内側)と本体バケツ(外側)を取り外せば、インナーバケツをゴミ箱として使用しつつ、外のバケツを椅子として利用することが可能。

外のバケツは、耐荷重は100kg、踏み台、椅子などに多目的に使用することができ、常にゴミ箱を周辺(足元)に置いておくことができる。

釣行の終わり(片付け時)には、インナーバケツを本体バケツに収納し、本体バケツに付いている取っ手を持って家にゴミを持ち帰るだけ。

ゴミ箱、椅子、踏み台、様々な用途で使用できる「がんばりバケツ」は要チェック製品だ。

This is Ganbari Baketu

バッカンケースに取り付ける?!「マルチホルダー」

DRESS(ドレス)から製品化されている「マルチホルダー」は、バッカンや、ランガンキープバッグに取り付け、別途に収納スペースを確保するために開発された製品だ。

プライヤーホルダー、神経締めホルダー、グリップホルダー、様々な用途に使用することができる超万能マルチケース、もちろん、ゴミ箱として使用することも可能となっている。

バッカンに取り付けることができる金属フックは錆に強いステンレス仕様、持ち運ぶときは、バッカンケースに入れておき、釣行時にはバッカンに装着することでゴミ箱ケースとして使用することが可能。

使い方はアングラー次第、バッカン等に別途に収納スペースを設置することができる拡張性に優れた製品だ。

This is Multi Holder

ゴミ袋をセット!「ちりとり捨楽」

市販のゴミ袋をセットするだけでチリトリに早変わり。

ゴミを集めてセットしたゴミ袋を捨てるだけの2ステップ。

自立するスタンドが本体底に付いており、ちょっとした隙間でも収納することが可能。(風がある場所ではスタンドが転倒する可能性有り)

別途にホウキ(箒)を用意する必要があるが、大きいチリトリを持っていくよりも、縦にスマートに収納できる本製品を持っていく方が便利であることは確かだ。

ゴミ袋をセットするだけで「ちりとり」に早変わり、まさに、掃除業界の革命チリトリ。

This is Dustpan

まとめ

いかがだろうか。

ゴミを出さないコツは2つ。

  • 手の届く範囲にゴミ箱を設置すること
  • 些細なゴミでも捨てる習慣を身に付けること

手の届く範囲にゴミ箱を設置すれば、ゴミを捨てる際に自然とゴミ箱に手が進み、些細なゴミでも捨てる習慣を身に付けることで、マナー意識の向上へと繋がることは確かだ。

是非、自分で出したゴミは家に持ち帰り、自宅で処分するように心掛けて欲しい。