サビキ針を使ってアジング?!ワームを使って一度に沢山のアジを狙える仕掛けと方法【まとめ】

アジングサビキの仕掛け

ファミリーフィッシングとして有名な餌釣り「サビキ釣り」と、ワームで気軽にアジを釣ることができるルアーフィッシング「アジング」を合体した釣法「アジングサビキ」が若者を中心に人気を集めている。

サビキ針の1つ1つにワームをセッティングし、リトリーブ(タダ巻き)アクションを持って、ターゲットとなるアジを釣り上げる方法、すなわち、基本的な動作が単純であるために、仕掛けさえクリアしてしまえば、初心者の方でも、簡単に釣り上げることができる。

今回は、サビキ針を使って一度に沢山のアジをターゲットとする釣法「アジングサビキ」について注目していこう。

そこで、レポ部では・・・
サビキ針を使ってアジング?!ワームを使って一度に沢山のアジを狙える仕掛けと方法【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

アジングサビキとは?

アジングサビキとは、ルアーフィッシングでアジを釣り上げる「アジング」と、複数の針(ハリ)を仕掛けとして用いた釣法「サビキ釣り」を合体させた釣法である。

アジングサビキの仕掛けは簡単、

  1. 道糸の先にサビキ仕掛けをセットする
  2. サビキ仕掛けの1つ1つにワームをセットする
  3. サビキ仕掛けの最後尾(末端)にジグヘッドとワームをセットする

なお、最後尾(末端)には、キャスト性能に長けるナス型オモリを装着、または、メタルジグを装着することで、ワームを追いかける小魚のような動きを水中で演出してくれる。

メタルジグを装着すればメタルジグを狙った大物を釣り上げることができるかも知れない。

タダ巻きでアジを誘え!「リトリーブ」

アジングサビキの基本アクションはリトリーブ(タダ巻き)。

ジギングで良く用いられるジャーク等の複雑なアクションを行ってしまうと、サビキ針の針数から、他の針(ハリ)に絡まってしまうことがある。

複雑なアクションをせずに、リトリーブ(タダ巻き)だけで、アジを誘ってみて欲しい。

単純なアクション方法は以下のとおりだ。

  1. キャスト(飛距離を出す)
  2. 着底(ボトムを取る)
  3. リトリーブ(タダ巻きを行う)

たった3つのアクション(パターン)を意識するだけで、簡単にアジを複数匹ターゲットにすることができ、どなたでも、アジングサビキを気軽に楽しむことができる。

アクションに対応させたい場合

様々なアクションを使用した場合は、針(ハリ)の本数を少なくし、1つ1つのサビキ針の間隔を広く取ることによって、複雑なアクションに対応させることができる。

ただ、サビキ針同士の衝突は防げるものの、サビキ針全体のワームが正しくアクションを行うかといえばそうではない。

寝そべったサビキ針が存在したり、ハリスが幹糸に回転していたり、サビキ仕掛けの針(ハリ)が多ければ多いほどに、アクショントラブルが多くなる。

全ての点を考慮するとリトリーブ(タダ巻き)がナチュラル、すなわち、トラブルが少なく、ストレスを感じにくいアジングサビキを楽しむことができるだろう。

※:サビキ針にはスキン(ヒラヒラ)が付いている。ワームをサビキ針に装着する際に邪魔になることが多いため、スキン(ヒラヒラ)は取り外すことをオススメする。

タックルの選択

タックルに求められるスペックは、

  • ルアーを対象としたキャスト専用タックル

であること、すなわち、バスタックル、アジングタックル、メバリングタックル、様々なルアータックルを応用することができる。強いて求めるならば、最後尾(末端)にセッティングするルアーの重量をクリアした竿(ロッド)を選択すると良い。

3グラムのメタルジグを利用するならば3グラムを許容範囲にしたスペック、1号のナス型オモリを利用するならば3.75グラムをクリアしたスペックを持っている竿(ロッド)を選択するとベストである。

基本的に、アジングサビキは、針本数が増えただけであって、全本数にアジがフッキングすることは無い、すなわち、サビキ針に1本でもフッキングすれば、即回収の繰り返しとなる。

数に対処できるスペックを選択する必要性はなく、1匹1匹釣り上げるアジングサビキでは、ライトゲーム寄りのタックルを選択した方がゲーム性があって楽しめる。

したがって、アジングロッド、メバリングロッド等、ライトタックルでも十分に楽しむことが可能となる。

This is Daiwa

まとめ

いかがだろうか。

アジングサビキは、ファミリーフィッシングとして有名な餌釣り「サビキ釣り」と、ワームで気軽にアジを釣ることができるルアーフィッシング「アジング」を合体した新しい釣法だ。

ユニークな釣法ではあるものの、ワームをサビキ針に1つ1つ装着する面倒くさい作業から、疎まれている釣法でもある。

未開発な部分も多いサビキジギング。

是非、興味をお持ちの方は、ライトタックルを用いて試してみて欲しい。