様々なアクションに対応?!ハヤブサからアクション次第で動きが切り替わるジグ「ジャックアイスイッチ」が登場

ジャックアイスイッチ

2016年8月に、HAYABUSA(ハヤブサ)から、様々なアクションに対応し、そのアクション次第で動きが切り替わるメタルジグが登場した。

  • ジャックアイスイッチ

ワンピッチジャーク, ハイピッチジャーク, スローピッチジャークと様々なジャークに沿ったアクションを演出、すなわち、ジグを変更することなく、状況に応じた攻め方を選択することが可能となる。

そこで、レポ部では・・・
様々なアクションに対応?!ハヤブサからアクション次第で動きが切り替わるジグ「ジャックアイスイッチ」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ジャックアイスイッチ

HAYABUSA(ハヤブサ)から、アクション次第で動きが切り替わるメタルジグが登場した。

ワンピッチジャークではダートアクション、スローピッチジャークでは水平姿勢を演出する仕上がりとなっている。

ワンピッチジャーク、スローピッチジャーク、それぞれに異なる動きでターゲットにアピールするメタルジグ、まさに、船上のマルチダートジグ。

重心はフロント寄りに設定、非対称ボディで製作され、フォール最中は「スライドフォールアクション」で獲物にアピール。

ブリ・メジロ・アコウ・ガシラ・タチウオ、様々な魚種をターゲットとした船上ジギング用メタルジグである。

カラーリングは5種類、定番カラーのブルーピンク(ブルピン)を始め、アピールカラーのアカキン・フルグロー、数多くのバリエーションがラインナップされている。

スペック / 特長

名称 サイズ(mm) 重さ(g)
ジャックアイスイッチ 118 100
126 120
137 150
150 200
170 300

This is Hayabusa

チェックしておきたい同メーカー製品

ワンピッチジャーク、スローピッチジャークで異なるアクションを見せるメタルジグ「ジャックアイスイッチ」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、HAYABUSA(ハヤブサ)から登場した複数の針(ハリ)で獲物を狙うことができる「ジギングサビキ」だ。

有名なのは堤防から使用できる小型回遊魚をターゲットにしたジギングサビキ、こちらの製品は、大型魚に対応した船・キャスティング兼用モデルとなっている。

全長は70cmとキャストしやすいジギング設計、大型魚に対応したヒラマサ鈎仕様、先端にはメタルジグ以外に、インチク・鯛ラバ、様々なルアーをセッティングできる。

船から仕掛けを垂らして上下に揺さぶりを掛けて釣る方法、船からキャストしてあらゆるジャークで誘い出す方法、アングラーの使い方によって、根魚・フラットフィッシュ・青物をターゲットにすることが可能となっている。

なお、パッケージには2つの仕掛けがセットされている。

スペック / 特長

名称 ハリス(lbs) 幹糸(lbs)
ジギングサビキ(L) 40 50
ジギングサビキ(LL) 50 55

This is Hayabusa

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年8月に、HAYABUSA(ハヤブサ)から登場した製品である。

  • ジャックアイスイッチ

過去に登場した2つの針(ハリ)とメタルジグ(トレブルフック)本体にフッキングするような構造を持つ仕掛けもチェックしておきたい。

  • ジギングサビキ(モンスターサイズ)

とにかく釣ってみたい方はジギングサビキを、中級者から上級者の方はジャックアイスイッチを用いつつ、ワンピッチジャーク、スローピッチジャークを駆使し、ターゲットを誘ってみて欲しい。