魅力的なテールが獲物を誘う?!SHIMANO(シマノ)から新種のアジングワーム「ソアレ モモアジ」が登場!

ソアレ モモアジ

2016年8月に、SHIMANO(シマノ)から、新しいアジングワームが登場した。

  • ソアレ モモアジ

テールは柔らかく、シラスを似せたような小魚の形状、外見だけじゃない、水中での泳ぎもベイトフィッシュそのものである。

尾びれを振る動き忠実に再現された生分解ワーム、まさに、リアルベイトフィッシュ。

そこで、レポ部では・・・
魅力的なテールが獲物を誘う?!SHIMANO(シマノ)から新種のアジングワーム「ソアレ モモアジ」が登場!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ソアレ モモアジ

SHIMANO(シマノ)から、ベイトフィッシュに似せた新種のアジングワームが登場。

生分解素材が使われているために環境に優しく、ベイトフィッシュの尾っぽを「フルフル」と振る動きを忠実に再現する技術「ライブテール」が用いられている。

まさに、シラスパターンのためのアジングワームである。

カラーリングは9種類、ナイトゲームに効果を得やすいグロータイプ、ラメが混在したアピールワームがラインナップされている。

なお、4本×2色(8本入)と、1つ買えば2つのカラーバリエーションが入っている。

通販で購入する場合は、それぞれのカラーリングを確認した上で、購入に至って欲しい。

シラスが発生しているポイント、シラスを餌(エサ)としているアジが存在するならば、迷わず「ソアレ モモアジ」を使って釣ってみよう。

スペック / 特長

名称 サイズ(インチ) 入数(本)
ソアレ モモアジ 1.8 8

This is Soare MoMoAJI

チェックしておきたい同メーカー製品

ベイトフィッシュの尾っぽを振る動きを忠実に再現したワーム「ソアレ モモアジ」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、Daiwa(ダイワ)から製品化されている動物プランクトンに似せたワーム「ソアレ アルテミア」だ。

動物プランクトン「シーモンキー」に似せて製作されたワーム、無数に生える足をモゾモゾと動かし、水泳する姿をワームに取り入れ、無数に生える足を片面6本(両面12本)の足で再現されている。

カラーリングは9種類、ナイトゲームに効果を得やすいグロータイプ、ラメが混在したアピールワームがラインナップされている。

シラスパターン「ソアレ モモアジ」で食いが悪いときには「ソアレ アルテミア」が持つ、引き抵抗、そして、安定したフォールアクションを駆使しつつ、食わせの間を長く取り、獲物を誘って欲しい。

関連リンク ソアレ アルテミア(Soare Altemia)

スペック / 特長

名称 サイズ(inch) 本数(8)
ソアレ アルテミア 1.6 8

This is Soare Altemia

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年8月に、SHIMANO(シマノ)から登場した製品だ。

  • ソアレ モモアジ

ほぼ、同時期に登場した動物プランクトンに似せたワームもチェックしておきたい。

  • ソアレ アルテミア

是非、双方のワームが持った特長を捉えつつ、環境に合ったベイトパターンを読み、それぞれのワームを使い分けて欲しい。