ステンレス線を使って取り外しが可能なルアー用フェザーを作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!

ルアー用フェザーの作成方法

動画投稿サイトにて、ステンレス線を使い、取り外し可能なルアー用フェザー(フックなし)を自作する方法を解説した動画が投稿されて注目を集めている。

フェザーミノー、フェザージグ、様々なルアーの装着アイテムとして使用することができ、フェザーの種類によっては、波動、視覚効果、色々なアクションを水中で奏でてくれる。

自作するルアーフェザーに興味をお持ちの方は、参考にしてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ステンレス線を使って取り外しが可能なルアー用フェザーを作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ステンレス線を使った「フェザージグ」とは?

動画投稿サイト(Youtube)にて、ステンレス線とフェザーを使った取り外し可能なフェザージグの作成方法が公開された。

様々なツールを使って、フェザールックに仕上げる投稿者(姿)は職人そのもの。

フェザージグとは、その名の通り、フェザー(羽)を取り付けたジグ(ルアー)のことである。

本来は、フックのギラつきを抑えてカモフラージュするために開発されたアイテム、すなわち、魚からみたジグ(ルアー)の違和感を極力抑えるアイテムとなる。

しかし、ルアー本体に取り付けることにより、ルアーが止まった時にフワッと開き、些細な流れでユラユラするようなフェザーアクションを引き起こすことを目的としてルアー本体に装着する場合もあり、様々な用途で用いることができる応用面を兼ね揃えたアイテムでもある。

視覚効果、アクション、フェザーが持つ様々なメリットをルアーに取り入れ、君だけの「フェザージグ」を作成してみよう。

Movie by haru 834

用意するもの

取り外し可能フェザーを作成する上で必要なものは以下のとおりだ。

  • ラジオペンチ
  • ニッパー
  • ステンレス線
  • スレッド
  • 固定台
  • ハサミ
  • 瞬間接着剤
  • ティンセル
  • 鳥の羽(フェザー)

作成手順を見ていると頷くほどに興味深い。

1つ1つの作業に意味を持ち、丁寧さと繊細さが投稿者からオーラとして出ているようだ。

投稿者の作業を見るに大切なのは「ティンセル・フェザーを固定する手順」だと感じた。

ティンセルとスレッドを絡めて巻く作業は、注意を払って丁寧に行っているように見える。

取り外し可能なフェザー、この方法で自作することができれば、あらゆる羽(フェザー)とステンレス線を用い、様々なフェザージグを作成することが可能となる。

This is Tiemco

まとめ

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となった動画である。

紹介した動画を参考にすれば、ルアーを装飾することはもちろん、ファッションとしてアクセサリー用に作るのも良いかも知れない。

是非、自分だけのフェザーを作成し、生活面に取り入れてみてはいかがだろうか。