釣りの歴史を知る?!福岡市博物館で「釣道楽の世界」を題材にした展覧会が開催

釣りのノウハウ

2016年9月17日(土)~11月6日(日)に、福岡市博物館「特別展示室」にて、釣りの歴史を題材とした展覧会が開催される。

  • 釣道楽の世界 – 多彩なる水の趣味文化

古くから親しまれてきた釣り。

岸(ショア)からひっそりと小さな魚を狙ったり、船で大海原へと旅立ち、永遠に大物へのロマンを追い求める人達など、様々なアングラーが存在する。

古くから伝わる釣り人の知恵が現在までに受け継がれ、受け継がれた知恵が様々な形と折り重なることで、数々の釣法が生まれる道しるべとなった。

そこで、レポ部では・・・
釣りの歴史を知る?!福岡市博物館で「釣道楽の世界」を題材にした展覧会が開催
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

釣道楽の世界 – 多彩なる水の趣味文化

多くの人々に「娯楽」として親しまれてきた釣り。

福岡市博物館で行われる展覧会のテーマは「釣り道楽の世界」であり、釣りにふけり、楽しみ、道楽を感じる、そのテーマに沿った題材に設定されてる。

歴史、文化、美学、進化、興味、情熱、人間が持つ様々な知恵が折り重なり、より楽しい娯楽へと発展させることに成功したのも、古くから伝わる釣り人の知恵があったからだ。

展示物は様々、いくつかを紹介していこう。

  • 世界初のスピニングリール「イリングワース-1」
  • 日本最古の魚拓 林正中「於錦糸堀御獲鮒之図」(写真)
  • 日本最初の釣り指南書 津軽采女「何羨録」

まだまだ、展示物は存在し、興味深い釣りの歴史と文化を知ることができる。

興味をお持ちの方は、この際に、釣りを歴史から学んでみてはいかがだろうか。

開催日時

2016年9月17日(土)~11月6日(日)

開館時間

9時30分(午前)~5時30分(午後)

※:入館は5時まで(午後)

休館日

月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日閉館)

開催場所

福岡市博物館「特別展示室」

チケット情報(入館料)

閲覧料(税込) 当日 前売り券
一般 1300円 1100円
高大生 800円 600円
中学生(以下) 無料 無料

フィッシング(釣り)は進化をし続ける!

古くから進化をし続け、あらゆる視点から、釣りの面白さを伝えてきた過去の人々。

タックル、ドラグ、ガイド、ルアー、今となっては、様々なツールが存在するものの、昔の釣り人は、竿、針、餌、これら3つを使って釣りをしていた。

今では、最新技術によって、精密性の高い製品が生まれ、それぞれの釣法に合った装備(タックルシステム)が考えられ、釣具1つ1つの精度も高い物となっている。

便利な道具(ツール)を生み出し、釣りが楽しめるような工夫を加えることで、「釣りを楽しむ」という好奇心は、無限に進化を続ける。

This is Product Link

まとめ

いかがだろうか。

福岡県は周りが海に囲まれた豊かな土地である。

「釣道楽の世界」を楽しみ、歴史と文化に浸りつつ、自然界が与えてくれる豊かな海で釣りをしむのも、これまた一興といえる。

是非、福岡に立ち寄った際には、福岡県の暖かさと恵みを実感し、過去の人になったつもりで釣りを楽しんでみて欲しい。

サイト 釣道楽の世界 – 多彩なる水の趣味文化