釣れたら注意!ゴンズイの毒を含む部位と生態とは?

威嚇するゴンズイ

ゴンズイはナマズ目の魚類である。

川・沼・池で生息するナマズに対し、ゴンズイは、ナマズ目の海水魚として記されている。

海水エリアに生息するナマズとして知られているだけに、泥臭さを無くしたナマズのような味覚を味わうことができる。

頭部から尾部にかけて2本(両面)の黄色い線が描かれており、顔付近には、ナマズのような髭(ヒゲ)が複数本生えているのが特徴である。

そこで、レポ部は・・・
釣れたら注意!ゴンズイの毒を含む部位と生態とは?
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

毒を含む場所

毒のある部位

ゴンズイの毒は「背びれ」と「胸びれ」の第一棘条に毒を含み、刺されてしまうと、指を突っつかれるようなズキズキとした痛みに襲われる。

ただ、タンパク毒であるがゆえに、熱湯に患部を浸ければ、タンパク質が熱変性する、結果、この処置が応急処置へと繋がるために、必ず、頭に入れておいてほしい。

なお、ゴンズイのタンパク毒は、死しても、失われずに残り続ける。

ゴンズイを知らずに踏んで激痛を招いてしまうことが多く、付近の漁港では、子供たちが落ちているゴンズイに触れてしまい、棘(トゲ)に刺されてしまうといった事例までもが報告され、自治体が注意を呼び掛けている地域までもが存在する。

頻繁にゴンズイが釣れている場所では、大人たちは子供たちの動向を、注意深く見守る必要性がありそうだ。

サビキ釣りでも釣れる?!

ゴンズイは、幼魚の群れとなり、巨大な団子状を表しつつ、海中を移動することが多い。

本来、テトラ等に住み着くことが多い海水魚だが、群れを成している最中は、水深の安定した防波堤に住み着き、団子状で移動する。

群れで行動することが多いことから、ファミリーフィッシングで有名な「サビキ釣り」でも、ゴンズイは引っかかってくるので要注意だ。

特に、10cm~15cmほどのゴンズイはアミエビに容赦なくアタックしてくる、すなわち、強い引きを体感できる一方、釣り上げたときは、少し残念な気持ちを味わうことになる。

ただ、ゴンズイは、棘(トゲ)を適切に処理すれば、天ぷら・味噌汁・煮物といった料理にも使うことができ、ナマズに似た「脂が豊富に乗ったタンパク質感」を味わうことができる。

前もって、ゴンズイが釣れることが分かっているならば、棘(トゲ)を安全に取り除くことができるツール(道具)を揃え、安全面を考慮したゴンズイ釣りを楽しんで欲しい。

ゴンズイの代表的なレシピとは?

外道として有名なゴンズイだが、棘(トゲ)を適切に処理すれば、天ぷら・味噌汁・煮物といった料理にも使うことができる万能な海水魚でもある。

河口近くで取れたゴンズイは少し臭みがあるものの、河口から離れた防波堤で釣れたゴンズイに関しては、臭いもなく、ゴンズイならではの風味を味わうことができる。

特に、ゴンズイの「天ぷら」と「蒲焼き」は美味として知られており、それを目当てにゴンズイを狙い釣り上げるアングラー(釣り師)が多く存在する。

ゴンズイの代表的な料理

サイト ゴンズイの蒲焼き
サイト ゴンズイの天ぷら

まとめ

和歌山県某漁協にて、ゴンズイが群れを成し、漁港近辺の釣具店では、アミエビを使ったサビキ釣りでゴンズイを大量に釣ることができるとの噂で持ち切りとなっている。

ゴンズイが群れとなって移動する姿は、まるで、「ブラック・ソウル(黒い魂)」そのものだ。

是非、ゴンズイのタンパク毒に注意を払いつつ、ゴンズイを食べる場合は、泥臭さを無くしたナマズのような風味とタンパク感を味わってみて欲しい。