様々なエギに対応したエギケース?!Daiwa(ダイワ)から「エメラルダス エギホルダーV(B)」が登場

エメラルダス エギホルダーV(B)

2016年7月に、Daiwa(ダイワ)から、数あるエギに対応したエギケースが登場した。

  • エメラルダス エギホルダーV(B)

沢山のエギを持ち運ぶために考案されたLWサイズ、必要な範囲の持ち運びを考慮したSサイズなど、使う側に配慮したエギングケースでもあると同時に、様々なエギに対応したエギケースでもある。

そこで、レポ部では・・・
様々なエギに対応したエギケース?!Daiwa(ダイワ)から「エメラルダス エギホルダーV(B)」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

エメラルダス エギホルダーV(B)

Daiwa(ダイワ)から、新型のエギホルダー「エメラルダス エギホルダーV (B)」が登場した。

シンカー(錘)の大きいエギやスッテも収納可能な全面マット仕様になっている。

シンカーホルダー等のエギを区切るスペースが無いことから、自由に配置(フリーエリア)できるエギホルダーとなっている。

LWサイズに限っては2段式となり、収納スペースがLサイズの2倍となるのに対し、外寸(サイズ)自体には高さしか変化がない。

従って、Lサイズと似たような平面サイズを持ったウェストバックに余裕を持って収納することができるなど、メリットは多く存在している。

本体サイズは、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、LWサイズの4つがラインナップ。

なお、持ち運びに便利なD環&カラビナが付属しているのはSサイズのみとなるようだ。

スペック / 特長

サイズ 外寸(cm) エギ収納可能数
S (約)19×13×3 4.0号以内 / 5本程度
M (約)14×19×3 3.0号以内 / 8本程度
L (約)19×25×3 4.0号以内 / 10本程度
LW (約)19×25×6 4.0号以内 / 20本程度

This is EGI Holder V(B)

チェックしておきたい同メーカー製品

数々のエギを収納できる全面マットが特長のエギホルダー「エメラルダス エギホルダーV (B)」と一緒にチェックしておきたい製品は、同じく、Daiwa(ダイワ)から登場しているエギをしっかり固定できる機能(シンカーホルダー)が付いたエギホルダー「エメラルダス エギホルダー (B)」だ。

先ほどの製品が自由に配置(フリーエリア)できるエギホルダーなのに対し、エギホルダー (B)は、固定数が限られてしまうものの、揺らぎない配置(スペース)を決定付けることができる機能「シンカーホルダー」が付いている。

ランガン(移動時)にエギ同士が接触してしまい、エギホルダー内部のエギがズレてしまう現象を抑えるために考えられた機能である。

すっきりと収納できることはもちろん、カンナ部保護カバー等、機能面でも充実した仕上がりを見せている製品だ。

本体サイズは、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、LWサイズの4つがラインナップ。

なお、持ち運びに便利なカラビナが付属しているのはSサイズのみとなるようだ。

スペック / 特長

サイズ 外寸(cm) エギ収納可能数
S (約)19×13×3 5本
M (約)14×19×3 8本
L (約)19×25×3 10本
LW (約)19×25×6 20本

This is EGI Holder(B)

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年7月にDaiwa(ダイワ)から登場した製品である。

  • エメラルダス エギホルダーV(B)

過去に登場したエギを固定する機能「シンカーホルダー」が設けられたエギケースもチェックしておきたいところ。

  • エメラルダス エギホルダー (B)

是非、使用用途と合致したエギホルダーを選択し、エギングシーズンを乗り切って欲しい。