コストパフォーマンスで攻めろ!Suaokiから付属品が豊富に付いた高性能プライヤーが登場!

suaoki(プライヤー)

今回は、通販ショップで根強い人気を誇っているフィッシングプライヤーを紹介しよう。

  • フィッシングプライヤー(Suaoki)

コストパフォーマンスに優れたフィッシングプライヤー、プライヤーケース・カラビナ・落下防止(安全ロープ)の3つが付属品として付いたお得感満載の製品となっている。

そこで、実際に購入した感想と評価を、機能&性能と共に紹介したいと思う。

そこで、レポ部では・・・
コストパフォーマンスで攻めろ!Suaokiから付属品が豊富に付いた高性能プライヤーが登場!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

フィッシングプライヤー(Suaoki)

フィッシングプライヤー(Suaoki)と出会ったキッカケは通販ショップ。

友人にプレゼントするために、コストパフォーマンスを考慮し、初心者向けのフィッシングプライヤーを探していたときだった。

なんと、フィッシングプライヤーの他に、プライヤーケース・カラビナ・落下防止(安全ロープ)の3つが付属品として付いたコストパフォーマンスに優れたプライヤーが目に飛び込んだ。

機能としては、スプリットリング外し、タングステンカーバイドカッター、ガン玉などの錘(オモリ)潰しなど、様々な性能が付いており、プライヤー先端のギザギザによって、獲物(魚)をホールドしやすいといった優れた性能まで兼ね揃えている。

ボディ先端はステンレスを採用、アルミニウムボディであることから、軽量かつ頑丈にできているとのこと。

コストパフォーマンスには似合わない「高級感」と「高機能」を持ったフィッシングプライヤーである。

スペック / 特長

メーカー サイズ(cm) 重量(g)
Suaoki 17.5 100

This is Suaoki(Fishing Plier)

プライヤーを購入してみた感想と評価

先端

タングステンカーバイドカッターに関しては、フロロカーボン、PEライン、ナイロンラインは容易に切断できた。ステンレスジョー部位に関しては、かなり精密な作りとなっているようだ。

メーカーロゴ

正しい名称は不明、メーカーロゴが目立つデザインとなっており、外観は100グラムと軽量かつ丈夫(頑丈)なアルミニウムボディが使われている。

ベルクロ

プライヤーを出し入れするときには、ベルクロテープを開く必要があるようだ。一々、出し入れの際にベルクロを開けるのは面倒くさいため、釣行時にはベルクロ部位は開けた上体で釣りを行う必要がありそうだ。ただ、プライヤーを奥まで差し込むと、ある程度に固定されるため、開けたままでも問題はないように感じる。

パッチ

プライヤーホルダー(背面)には、ベルトに装着可能なベルトバリー(ベルトを通す箇所)が設けられているようだ。パッチを開ける必要はなく、パッチをしたままベルトに通すだけで、プライヤーホルダーをベルト部位に固定ができる、すなわち、カラビナ等を使用しなくても、腰に常にフィットさせておくことが可能となっている。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介した製品は、Suaokiから登場したフィッシングプライヤーだ。

  • フィシングプライヤー(Suaoki)

セッティング面に長け、機能面、性能面に関しても、素晴らしい製品となっている。

是非、コストパフォーマンスに優れたSuaokiのフィッシングプライヤーで獲物をキャッチし、危険性のないフィッシング(釣り)を行って欲しい。