ワインドで釣れないときに確認すべき5つのステップ【まとめ】

ワインドで苦戦する釣り人

ワインド釣法とは、ライトタックルを使用しつつ、俊敏なダートアクションを駆使し、青物~根魚、フラットフィッシュを釣り上げる釣法である。

キビキビとした左右に揺れるダートアクションを用いることで、獲物の捕食スイッチを強制的にONにする、すなわち、釣果に左右されにくい釣法としても有名である。

ただ、ワインド釣法を用いて釣れたことのない方、もしくは、タックルは完璧なセッティングなのに釣果が伸びない方は、これからレポートする5つのステップを再確認しつつ、ワインド釣法で釣果を上げてみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ワインドで釣れないときに確認すべき5つのステップ【まとめ】
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ジグヘッドに対してのワームの刺さり具合

アクションをする前にチェックしておきたいことはジグヘッドに対するワームの刺さり具合。

ジグヘッドに対してワームが密着しつつ、ズレがない状態でピッタリと刺さってあるかを入念にチェックする必要がある。

平行に刺さっているかを確認する方法としては、軽くキャストを行い、竿(ロッド)を中心に固定し、高速のリトリーブ(ただ巻き)を行いつつ、ジグヘッドを回収する。

このときに、ジグヘッドの動きが左右に反れて行くようならば、まっすぐに刺さっていないということになる。

  • 回収時に右に反れていくようならば、ジグヘッドのヘッドを右に捉えて、ジグヘッドだけを右に少し回転させる。
  • 回収時に左に反れていくようならば、ジグヘッドのヘッドを右に捉えて、ジグヘッドだけを左に少し回転させる。

ジグヘッドの調整手順を繰り返しつつ、完璧なセッティングにすることで、ジグヘッドに対してのワームの刺さり具合をコントロールすることができ、キレのあるアクションを生み出すことができるのだ。

キャスティング時の垂らしは長く取ること

キャスティング時の垂らしとは、竿先からジグヘッド(ルアー)までの間、すなわち、竿先からジグヘッドまでのリーダー(ライン)間の距離を言う。

重たいジグヘッドでは、垂らし距離間を広く取ることで、竿(ロッド)の破損を防ぎつつ、遠距離へとキャスティングすることが可能。

元ガイドとその1つ上のガイドとの間にジグヘッドが来るようにセッティングできれば、竿(ロッド)の破損を抑えつつ、飛距離を十分に伸ばすことができるようになる。

キャストの仕方は、大きく振り子のようにキャスティングすることを心掛け、振り子の原理を応用しつつ、竿(ロッド)のディップに負担を掛けないように意識をしながらキャストすることが大切である。

ボトム(海底)へのアクセスを怠らないこと

キャスティングすれば、海底(ボトム)へとジグヘッドを落とし、そこからアクションへと発展させる。

海底(ボトム)へのアクセスはワインド釣法では大切であり、これを怠り、海層の途中からアクションを行ってしまうと、アクションを行った途中の海層から海面までをサーチングすることになる。

海底(ボトム)へと着底させることができれば、ボトム(海底)から海面までの広い距離をサーチングすることができると同時に、横に対しても広範囲にアピールすることができる。

ワインド釣法のターゲットとして、フラットフィッシュ・根魚が存在するのは、海底(ボトム)を取る基本動作から来るものであり、幅広い魚種をターゲットとするならば、海底(ボトム)へのアクセスは必須事項となるからだ。

ダートアクション(左右)が上手くできているか

ワインドアクションの手順は、

  1. ボトムに着底させる(糸ふけを取った状態にする)
  2. 竿(ロッド)を上に立てる(元々の位置)
  3. 竿(ロッド)を下げてから素早く上げてリールを1回巻き取る(アクション)
  4. [3]を繰り返す

[3]をスムーズにこなすことで、流れるようなワインドアクションが可能となる。

アクションをする上で覚えておきたいことは、

  • ジグヘッドが寄ってきた距離だけ巻き取ること

このときに、寄ってきた距離以上に巻いてしまうと、ジグヘッドの動きを悪くしてしまい、挙句の果てには、ジグヘッドが左右に動く幅を狭くし、突き上げるようなルアーアクションとなってしまう。

ハイギア型リールはワインド釣法には不向きである

項目[ダートアクションが上手くできているか]で解説した通り、「ジグヘッドが寄ってきた距離だけ巻き取ること」を心掛けることが大切である。

アクションで寄ってきたジグヘッドの距離以上にリールを巻いてしまうと、ジグヘッドの動き(動作)を悪くしてしまうからだ。

ワインド釣法では、左右のダートアクションを俊敏にするために、タックル選びを最も大切に行わなければならない。

ワインド釣法で一番に大切だと言われているのは「リール」。

通常は、2500番、3000番の2つの中から選択するのが無難、すなわち、小刻みなアクションでキレを出したいならば「2500番」を、1つ1つのアクションの前後を広く取りたい方には「3000番」と目的にあった選択方法を見つけることが大切である。

ハイギアタイプを使用してしまうと、極端に巻き取り量が多くなってしまうため、突き上げるようなルアーアクションとなってしまい、ジグヘッドの動きを直線的なものにしてしまう。

これは、ワインド釣法のメリットである「キビキビとした左右に揺れるダートアクションを用いつつ、獲物の捕食スイッチを強制的にONにする」といったワインド釣法自体の概念を潰すセッティングとなってしまうのだ。

▶ SHIMANO(シマノ) アルテグラ 2500S  – おすすめ!

ダイワ(Daiwa) フリームス 2506

ダイワ(Daiwa) カルディア 2506

まとめ

いかがだろうか。

ワインド釣法で釣果が伸びない方は、道具(ツール)から見直し、アクション方法を理解し直すことが大切である。

基本的な操作だが、ワインドで釣れないときに確認すべき5つのステップを見直すことで、新たな間違いを見つけることができるキッカケとなるかもしれない。

是非、季節・状況・環境に縛られないワインド釣法で、今季の釣果を上げてみて欲しい。

初心者が選ぶべきワインドタックルの選び方
ワインドはタチウオを釣る釣り方としても有名だ。 他にも、シーバス、サワラ、マゴチ、ヒラメ、シイラ、青物、根魚などの幅広い魚種を狙うことが...