日本とオーストラリアのコラボ?!Daiwa(ダイワ)からチニングルアー「シルバーウルフ」系シリーズ3種が登場

シルバーウルフ

2016年6月に、Daiwa(ダイワ)から、チニングルアー「シルバーウルフ」シリーズ3種が登場し、アングラーからの注目を集めている。

  • シルバーウルフ チニングクランク 40F
  • シルバーウルフ チニングシャッド 40F
  • シルバーウルフ チニングペンシル 65F

日本とオーストラリアのプロスタッフが共同開発したチニングルアー、それぞれのルアータイプを使いこなすことで、これからのチニングゲームを有利に運べることは間違いない。

そこで、レポ部では・・・
日本とオーストラリアのコラボ?!Daiwa(ダイワ)からチニングルアー「シルバーウルフ」系シリーズ3種が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

チニングクランク 40F

Daiwa(ダイワ)が製品化したチニングクランクには、コツコツと水中で音がする「ノッキングアクション」が組み込まれている。

公式サイトによると、エビ・小魚が逃げ惑う姿をモジュールした音となっているらしい。

ラトルとは違ったスカスカした音ではなく、ステンレスボールを採用していることから、コツコツ・トントンといったオーソドックスメロディを奏でてくれる仕上がりとなっている。

ルアータイプはフローティング、すなわち、起き上がりが早く、水中でのポーズから浮き上がりアクションを行うだけで、自動的にステンレスボール音を奏でつつ、周りのクロダイ(チヌ)にアピールすることができる。

カラーリングは6種類、ルアーサイズは4cmと小型サイズのクランクとなっている。

スペック / 特長

モデル サイズ(mm) 重さ(g) カラーリング
フローティング 40 4.5 6

This is Crank

チニングシャッド 40F

2つ目に登場したチニングシャッドは、リアクションバイトでクロダイ(チヌ)を誘う目的で製作されたようだ。

公式サイトによると、チニングシャッドは、竿(ロッド)の操作に素直に反応し、トゥイッチなどのアクションでイレギュラーダートを発生させることでバイトを生むことができるようだ。

クロダイ(チヌ)の食いが悪いときには、アクションを駆使しつつ、リアクションバイトを誘うことで、強制的にクロダイ(チヌ)の捕食スイッチをONにさせることができる。

竿(ロッド)に素直に反応しやすいルアー設計、様々なアクションを行いつつ、自分のタックルとチニングシャッドに合ったアクションを見つけ出すことが可能なのか。

カラーリングは6種類、ルアーサイズは4cmと小型サイズのシャッド系ルアーとなっている。

スペック / 特長

モデル サイズ(mm) 重さ(g) カラーリング
フローティング 40 3.7 6

This is Shad

チニングペンシル 65F

3つ目に登場したチニングペンシル(65F)は、同じく、Daiwa(ダイワ)から製品化されているチニングペンシル(75F)よりも、小さく設計されたペンシル系ルアーである。

しかし、重量に関しては、チニングペンシル(75F)とチニングペンシル(65F)のスペックを見比べると0.6グラムしか減少していないため、小さく設計されたモデルだとしても、飛距離には大きな変化はない。

むしろ、小型化したチニングペンシル(65F)の方が、キビレ(小型)には好かれる傾向がある。

ルアータイプはフローティング、チニングペンシル(75F)とは違い、アクション時の音を消去した完全サイレント仕様となるようだ。

カラーリングは6種類、ルアーサイズは6.5cmと中型サイズのペンシル系ルアーである。

スペック / 特長

モデル サイズ(mm) 重さ(g) カラーリング
フローティング 65 4.0 6

This is Pencle

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介した製品は、2016年6月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品だ。

  • シルバーウルフ チニングクランク 40F
  • シルバーウルフ チニングシャッド 40F
  • シルバーウルフ チニングペンシル 65F

日本とオーストラリアのプロスタッフが共同開発したチニングルアーであり、それぞれの国の良さが取り入れられた素晴らしい製品である。

是非、この際に、Daiwa(ダイワ)のチニングルアーを使用しつつ、クロダイ(チヌ)を釣り上げてみてはいかがだろうか。