水中でブラックバスを釣る?!動画投稿サイトでの釣り方が話題に!

ブラックバス

動画投稿サイトにて、水中に潜りつつ、釣竿を使って、ブラックバスを釣っている動画が投稿されて、注目を集めている。

わざわざ、水中に潜る必要性は感じられないが、そこがユニークな発想といえる。

釣り用語に「サイトフィッシング」といった言葉が存在する、いわゆる、見えバスをターゲットにする釣り方だが、水中からブラックバスを目で捉えてターゲットとするこの方法こそ、ユニークなサイトフィッシングとして知られることは間違いない。

そこで、レポ部では・・・
水中でブラックバスを釣る?!動画投稿サイトでの釣り方が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

水中でブラックバスをターゲットに?!

動画投稿サイトにて、アングラーが潜水道具を付けて水中に潜りつつ、釣竿(タックル)を用いて、ブラックバスを釣っている動画が公開された。

陸ではなく、魚と同じ土俵(水中)に立って(座って?)釣りを行うユニークすぎるアングラー。

水中にはブラックバスがウヨウヨと存在することから、アクションは1点シェイクで誘っているように見える。

ただ、陸で行うサイトフィッシングよりも、水中では動きに制限が掛かってしまうため、サイトフィッシングの論点である「ブラックバスからの可視化」にも制限が掛かってしまう。

水中でサイトフィッシングを行う場合は「人間の姿はブラックバスから丸見え」であることを覚悟しておいて欲しい。

Movie by Youtube

サイトフィッシングの論点

サイトフィッシングでは「ブラックバスの視界から去ること」を第一に考える必要がある。

人の姿、影が見えてしまうと、警戒心の高いブラックバスから警戒されてしまい、釣果が下がってしまう傾向にあるからだ。

ブラックバスを専門に狙う服装で「黒」「迷彩」「茶」が多いのは、ブラックバスからアングラーの姿を隠す(ハイド)目的で作られていると言われている。

ただ、動画を見て判断できる通り、障害物(ストラクチャー)の少ない水中では、アングラーの姿を隠すことができない、すなわち、ブラックバスの視点からすると、アングラー(おじさん)がくっきりと見えていることになる。

まさに、サイトフィッシングをする上では、致命的な欠点だといえる。

キャスティングはもちろん、しゃがむことすら困難な水中世界でのフィッシング(釣り)。

水中でのロマン溢れる世界で釣りを行うのは、どのような体験(感覚)なんだろうか。

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となった動画である。

水中で釣りを行うユニークな発想、動画を見る限りでは、陸とは違った面白さがある。

過去からブラックバスに関しては、警戒心の強い魚類であると知られてきたが、動画から判断するに、警戒心の弱い魚類なのかも知れない。

関連製品