手長エビ釣りの基本と基礎 – Shrimp Fishing –

手長エビ釣りの仕掛け

春の終わり・梅雨が明けるとテナガエビ釣りのシーズンが開幕する。

初夏~秋口にかけて釣ることができる手長エビの生息地域は広く、本州・四国・九州と様々な地域に分布している。

体長は、小さい個体で3cm、大きい個体で20cmと、大物に関しては、魚類と同じような「ズシッ」とした重たいファイトを楽しむことができる魅力的な釣法でもあるのだ。

そこで、レポ部では・・・
手長エビ釣りの基本と基礎 –  Shrimp Fishing –
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

手長エビ釣りとは?

手長エビ釣りとは、アカムシ・ゴカイ・小エビなどの餌(エサ)を使って、手の長い特徴を持つ手長エビを釣り上げる釣法である。

食用に利用されることの多い手長エビは、貪欲なエビとしても知られており、肉食性が非常に強い。

そのために、手長エビの口に合ったサイズの餌(エサ)を正面に落とし込みさえすれば、難なくバイト(反応)を得ることができるだろう。

手長エビ釣りの仕掛けは、浮き釣りをベースにしたもので、複雑なツールは必要ない。

気をつけるべきは、針(フック)の種類であり、手長エビを専用に作られた仕掛けを用いれば、まず問題は無い。

手長エビ釣りの釣れる季節は?

手長エビ釣りを楽しめる理想の季節は、初夏~秋口(6月~11月)にかけて。

手長エビの繁殖期は5月~9月までと短め、夏に卵を多く産卵し、その産卵数は雌(メス)1体に対し、1000個~ 2000個ほど。

温暖な気候を求めて住み着く習性があり、気に入った場所(穴場)を見つけると、他の生物との共存を阻む独立性を持ったカリスマ的存在でもあるのだ。

これらのことから、手長エビを釣り上げるに適した環境は、産卵に適した暖かい気温を持った地域、そして、手長エビが住み着いていそうなポイントを絞りつつ、釣行すると釣れやすい。

手長エビの釣れる場所(ポイント)

項目[手長エビ釣りの釣れる季節は?]で解説した通り、手長エビは、温暖な気候を求めて住み着く習性がある。

手長エビの住み着く地域(場所)は、テトラポット、石の下、ストラクチャー(障害物)の隙間、水草(海草)の茂みなどに隠れて過ごしている。

大まかな地域を選出すると、淡水、下流、汽水域、河川、湖沼、河口、様々な地域に住んでおり、分布の幅広さから知名度が高いエビでもあるのだ。

竿(ロッド)の選択

手長エビ釣りでは、主に、ヘラ竿・渓流竿・のべ竿・小物竿を使用することが多い。

これは、ストラクチャーなどの隙間に潜むことの多い手長エビを手返し良く釣るためである。

遠投する必要性はなく、比較的、浅瀬を狙う釣法であり、近場の穴場、テトラポット、石の下をメインとしてポイントとする。

少し遠めのポイントを狙うならば長い竿(ロッド)を選択するなど、釣り場(その場の環境)に応じて判断することが大切である。

ただ、竿(ロッド)が長すぎてしまうと取り返しが悪くなり、短すぎるとポイントの穴場が遠めにある場合に届かない不便な思いを課せられることになる。

手長エビ釣り専用の竿(ロッド)を初心者が選択するならば、オーソドックスなサイズを持った竿(ロッド)、すなわち、1.8メートルから2メートルほどの取り返しが十分に利き、ある程度、遠めのポイントをターゲットにできる汎用性を求めた竿(ロッド)が適している。

長さ 1m 〜 3m 釣り場の環境に合わせる
タイプ ヘラ竿・渓流竿・小物竿・のべ竿 手返しが良い釣りを行うため

This is PRO MARINE

仕掛けの選択

手長エビを釣る上でオススメしたい仕掛けは、SASAME(ササメ)から製品化されている「手長エビ専用仕掛け」である。

浮き(ウキ)、ハリス、道糸、エビ鈎が一体化した手長エビ専用の仕掛け、すなわち、別途1つ1つ仕掛けを組み上げる必要はなく、竿(ロッド)の先端に「手長エビ専用仕掛け」をセッティングするだけで、釣行することが可能な優れた製品である。

手長エビ専用の針(フック)がチョイスされているだけに短い鈎先で手長エビの口にフィット、餌(エサ)を先端に巻くように付けるだけで仕掛けのセッティングは完了となる。

This is SASAME

餌(エサ)の選択

手長エビのポピュラーな餌(エサ)は、アカムシ・イソメ・ゴカイなどの虫類。

ただ、カニカマ・小エビ・ホタテを縦に千切った物でも餌(エサ)としての代用は可能である。

昆虫などの虫系を触るのが苦手な方は、上記のような食品を餌(エサ)に使ってみて欲しい。

手長エビ釣りでの代表的な釣り餌(エサ)をピックアップしてみた。

  • アカムシ
  • ゴカイ
  • カニカマ
  • 子エビ
  • イソメ
  • サシ(ウジ)
  • ホタテ(縦に千切った物)
  • ハム
  • 魚肉ソーセージ
  • 生肉
  • ミミズ
  • スルメイカ・アタリメ

上記で紹介した餌(エサ)を、針(フック)の先端に付けられるように小さめにカットする。

カットすることができれば、餌(エサ)を針(フック)に付け、ポイントへとキャストする。

手長エビ釣りのポイント

手長エビ釣りは、海底(ボトム)を取る釣法、すなわち、ポイントを決定したら、餌(エサ)を付けてキャストし、海面から海底まで距離(ウキ下)を調整する。

浮き(ウキ)から錘(オモリ)のラインは張っている状態、そして、浮き(ウキ)は、浮きとしての機能を果たせている状態を保っていることが前提となる。

浮き(ウキ)が沈みすぎたら当たりが見えなくなり、浮き(ウキ)が本来の役割を果たさなくなり、寝そべるようならば、錘(オモリ)を重くする必要性がある。

海面から3cm~7cmほど、浮き(ウキ)が沈んだ状態を保つことができれば、ベストな状態を保っていることになる。

海面から海底まで距離(ウキ下)の初期設定だけは欠かさずに行うことが手長エビ釣りで釣果を出すための1つのポイントだといえる。

まとめ

いかがだろうか。

初夏~秋口に行うと良い釣果が出やすい手長エビ釣り。

ベストシーズンでは、20cmを超える大型サイズの手長エビと出会える可能性もある。

手長エビ釣りの仕掛けは至ってシンプル、竿(ロッド)の先に「手長エビ専用仕掛け」をセッティングし、餌(エサ)を装着してキャストするだけで釣行することができる。

是非、この際に、大型の手長エビを釣り上げ、食卓のオカズに並べてみてはいかがだろうか。