障害物を回避するボディ形状?!Daiwa(ダイワ)からロックフィッシュ用ワーム「HRFパドルホッグ」が登場

バスと根魚を両方狙えるホッグ系ワーム

2016年5月に、Daiwa(ダイワ)から、コンパクト型ロックフィッシュワームが登場した。

  • HRF パドルホッグ

障害物回避性能を持った ” PUパドルホッグ ” がベースで作られており、形状も極めて似た製品となっている。

沈んだカラーバリエーションを持っていた ” PUパドルホッグ ” を、ロックフィッシュ用のライト(明るめ)なカラーリングにチェンジしたモデルとなる。

そこで、レポ部では・・・
障害物を回避するボディ形状?!Daiwa(ダイワ)からロックフィッシュ用ワーム「HRFパドルホッグ」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

HRF パドルホッグ

コンパクトボディ形状を持ったロックフィッシュ専用のホッグ系ワームが登場。

アイナメ・カサゴ・ソイ・キジハタ(アコウ)・エソ・ヒラメ・マゴチなどのあらゆる根魚を対象としている「HRF パドルホッグ」は、従来のホッグ系ワーム「PU バトルホッグ」の形状を受け継いでいる。

従来のホッグ系ワーム「PT バトルホッグ」は、バスが好むようなカラーバリエーション(沈んだ色)がラインナップされていたのに対し、新型のワーム「HRF パドルホッグ」は、ロックフィッシュ用にライトトーン(明るい)色が使われているようだ。

障害物回避能力に長けたPUパドルホッグの基本性能を受け継ぎつつ、海でのジギング用にアレンジされたモデルである。

サイズラインナップは3インチのみ、コンパクトな形状を意識しつつ、繊細な動きを根魚にアピールすることができる素晴らしい製品だ。

スペック / 特長

サイズ(inch) 本数(個) タイプ
3 7 ホッグ系

This is HRF PADDLE HOG

チェックしておきたい同メーカー製品

ホッグ系ワームでチェックしておきたい製品は、同じく、Daiwa(ダイワ)から製品化されているホッグ系ワーム「PT バトルホッグ」だ。

Daiwa(ダイワ)の公式ページのタブを見る限るでは、バス用ルアーに位置付けられているが、ロックフィッシュにも有効であることは間違いない。

むしろ、大型の根魚をターゲットとするならば、4インチの「PT バトルホッグ」を使用した方が獲物の視野からするとアピール度が高い。

1点シェイク、リフト&フォール、様々なアクション性に対し、ホッグ系ワーム「PT バトルホッグ」が自然に付いてくる感覚を実感することができ、あらゆるリグと組み合わせて使用することで、それぞれが独特な動きになる。

サイズは3インチ、4インチの2種類がラインナップ。

根魚とバス、双方共にターゲットにできる数少ないホッグ形ワームである。

スペック / 特長

サイズ(inch) 本数(個) タイプ
3 8 ホッグ系
4 6 ホッグ系

This is PADDLE HOG

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、2016年5月に登場したDaiwa(ダイワ)の製品である。

  • HRF パドルホッグ

根魚とバス、双方共にターゲットにできる汎用性に優れたホッグ系ワームは、

  • PT バトルホッグ

是非、これらのホッグ系ワームを使い分け、目的に合った釣りを楽しんでみて欲しい。