ダイソーのUVレジンを使ってルアーの目玉を作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!

UVレジン

動画投稿サイトにて、ダイソーで販売されている製品「UVレジン」を使って、ルアー(メタルジグ・ホッパー等)の目玉を作成する動画が投稿され、話題となっている。

UVレジンとは、紫外線硬化樹脂のことを言い、紫外線に反応し、硬化する液体である。硬いグミのような感触で、紫外線を5分ほど照射すると硬化する不思議な樹脂なのである。

ルアーの目玉を自作してみたい方は、動画を参考にし、挑戦してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部では・・・
ダイソーのUVレジンを使ってルアーの目玉を作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

UVレジンを使ったルアーの目玉とは?

動画投稿サイト(Youtube)にて、紫外線硬化樹脂「UVレジン」を使った目玉シールの作成方法が公開された。

様々なツールを使ってルアー用の目玉シールを製作する投稿者は職人そのもの。

動画(Movie)では、ホログラムシールの上に、黒色のビニールテープを採用している。

このホログラムシールとビニールテープのカラーバリエーションを変化させることで、様々なカラータイプを持つ、目玉シールに変化させることが可能。

ダイソーで販売されている「UVレジン」は100円で購入することができ、コストパフォーマンスが素晴らしい、1つの目玉シールに対し「UVレジン」を少量しか使用しないことから、生産コストという面に関しても優秀である。

製作手順は至って簡単、土台となるシール(ホログラムシール)の上にビニールテープを貼り付け、紫外線硬化樹脂でコーティングし、少し乾かす。

たった、これだけの作業で、ルアー専用の目玉シールを作成することができる。

作成手順をマスターすることができれば、君だけのオリジナルの「目玉シール」の完成だ。

Movie by haru 834

用意するもの

メタルジグの目玉(アイ)を作成する上で必要なものは以下のとおりだ。

  • ホログラムシール(ダイソー)
  • 皮ポンチ
  • カッター
  • ビニールテープ(黒)
  • 紙コルネ
  • UVレジン(ダイソー)
  • ハサミ

ホログラムシールとビニールテープを合わせるときには、少しビニールテープの角度を変化させることによって、よりリアルな目玉を再現することができる。

1度、工程を覚えてしまうと、3分未満で終わらすことができるほどの単純な作業だ。

自分で作成した目玉とメタルジグで釣果を出すことができれば、込み上げてくる嬉しさは数十倍となることは間違いない。

是非、自分の作成した目玉シールをルアーに貼り付け、釣りを楽しんでみて欲しい。

ルアーだけでない?!汎用性を秘めた自作の目玉シール

ルアーに合ったサイズに調整して作成できる自作の目玉シール。

ハンドメイド、すなわち、目玉が取れてしまった様々なルアーに対応することでき、あらたな可能性を秘めたリサイクルをしたルアーが完成する。

ルアー以外に、ライトゲーム用ジグヘッドに目玉シールを採用するといった方法もある。

アジング・メバリングでは、ガン玉を使って自作ジグヘッドを作成することがあり、そのようなときにも、自作の目玉シールでオリジナルジグヘッドを作成することができる。

ガン玉は、丸型を帯びた形状をしており、普段はラインを挟み込んで使用するため、線形状にスレット(切り込み)が入れられている。

柔らかい鉛(ナマリ)で作られた構造上の性質を利用することで、手間を掛けずに、針(フック)を挟み込み、圧迫(プレス)するだけでジグヘッドを作成することができるのだ。

ガン玉の挟み込む部位、すなわち、スレット(切り込み)部位に、針(フック)をカカト部位(アイとシャンクの間)にセッティングし、ガン玉をラジオペンチで圧迫(プレス)する。

たったこれだけの作業手順で、アジング・メバリング専用のジグヘッドを自作することができ、目玉シールをジグヘッドに付けることで完璧な仕上がりとなる。

ジグヘッドフックとガン玉の2つを持っている方は、作り方をマスターしておきたい。

ガン玉でアジング・メバリング用ジグヘッドを作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!
動画投稿サイトにて、ガン玉を使ってアジ・メバル用のジグヘッドを作成する動画が投稿され、話題となっている。 ガン玉が元となって作られたジグ...

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となった動画である。

メタルジグ・ホッパー・ミノー、様々なルアーに使用することができ、自分だけのオリジナル性を加えた品を作り出すことができる。

ルアーだけではない、ジグヘッドなどに応用することで、ガン玉で作成したメバル・アジング用ジグヘットに取り付け、ジグヘッド自体の外観をカスタマイズすることも可能。

自作した目玉シールで獲物に対してアプローチできれば、釣れたときの嬉しさは数十倍に膨れ上がることは間違いない。

是非、この際に、自作の目玉シールをルアーに取り入れ、釣果のほどを試してみて欲しい。