割ビシでワインド用ジグヘッドを作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!

自作ワインドジグヘッド

動画投稿サイトにて、割ビシを使ってワインド用のジグヘッドを作成する動画が投稿され、話題となっている。

割ビシが元となって作られたジグヘッド、すなわち、割ビシの重さを調節することによって、様々なジグヘッドウェイト(重さ)へと調整することが可能。

ジグヘッドを自作してみたい方は、動画を参考にし、挑戦してみてはいかがだろうか。

そこで、レポ部は・・・
割ビシでワインド用ジグヘッドを作成?!動画投稿サイトでの作り方が話題に!
をレポートしたいと思います。
スポンサードリンク

割ビシを使ったワインド専用ジグヘッドとは?

動画投稿サイト(Youtube)にて、割ビシを使ったジグヘッドの作成方法が公開された。

様々なツールを使ってワインド用ジグヘッドを製作する投稿者は職人そのもの。

割ビシは、長方形に丸型を帯びた形状をしており、真ん中は加工がしやすいように、線形状に空洞となっている。

柔らかい鉛(ナマリ)で作られた構造上の性質を利用することで、手間を掛けずに、針(フック)を挟み込み、圧迫(プレス)するだけでジグヘッドを作成することができるのだ。

割ビシの空洞となっている中心部位にアイを作成した針(フック)をセッティングし、割ビシをラジオペンチで圧迫(プレス)する。

たった、これだけの作業で、ワインド専用ジグヘッドを作成することが可能となる。

作成手順をマスターすることができれば、君だけのオリジナルの「ジグヘッド」の完成だ。

Movie by haru 834

用意するもの

ワインドジグヘッドを作成する上で準備するものは以下のとおりだ。

  • ステンレス線
  • ラジオペンチ
  • ニッパー
  • ジグヘッドフック
  • タイイング用スレッド
  • ハサミ
  • 瞬間接着剤
  • エポキシ接着剤
  • ペイントブラシ
  • 割ビシ
  • ダイヤモンドヤスリ
  • 穴あけドリル

ワインド用ジグヘッドを作成する過程で、ステンレス線とジグヘッドフックをタイイング用スレッドで固定する作業が少々素人には難しいか。

ただ、一度覚えてしまうと、ステンレス線とジグヘッドフックの固定は3分未満で終わらすことができるだろう。

自分で作成したワインド専用ジグヘッドで釣果を出すことができれば、込み上げてくる嬉しさは数十倍となることは間違いない。

そして、数多く生産すると、市販のワインド用ジグヘッドよりか、格安で済むことは確かだ。

総合的に見ると、コストパフォーマンスに優れ、ロマン溢れるジグヘッドでもあるのだ。

ワインドのアクション方法

ワインドでのアクションは通常のシャクリとは違い、ラインスラッグ(糸ふけ)をワザと残す。

このときに出るワインドのラインスラッグは2箇所ある為、どちらのラインスラッグを取れば良いのか初心者には分かりにくい。

竿(ロッド)を張った状態から下ろしたときに出るラインのたるみが第一のラインスラッグ、素早くロッドを上げた状態にしたときにジグヘッドが前進することで出る糸のたるみが第二のラインスラッグとなる。

回収するのは第二のラインスラッグとなる為、リールの一回転での巻き取り量とアクション時のバランスが大切となってくるのだ

ワインドの詳しいセッティング方法、アクション方法は以下のリンクを参考にして欲しい。

ワインドの基本と基礎 - Wind Fishing -
ワインドでターゲットとする獲物はタチウオだけではない。 サワラ、ツバスなどの青物、ヒラメ、カレイなどのフラットフィッシュ、メバル、ガシラ...

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介したのは、動画投稿サイト「Youtube」にて、話題となっている動画である。

根魚・青物・フラットフィッシュ、様々な魚種をターゲットにすることがでるワインド釣法。

自分で作ったアイテム(ツール)で釣り上げることができれば、釣れたときの嬉しさは数十倍に膨れ上がることは間違いない。

是非、この際に、自作のワンンド専用ジグヘッドを作成し、釣果のほどを試してみて欲しい。