ワーム&フックを豊富に収納できる?!Daiwa(ダイワ)からワームホルダー(A)が登場

ワームホルダー(A)

2016年5月に、Daiwa(ダイワ)から、ワーム・フック・ルアー・リーダーなど、小物を入れるスペースが用意されたルアーバッグ(ワームボックス)が登場した。

4つのエリアに分かれた収納エリアを持ち、内の1つは仕切りポケットで分けられていることによって、ハリス・ショックリーダーなどの横幅と縦幅が小さめなスリーブに梱包されている製品を取り出しやすい形状で、そのままルアーバッグ内に投入することができる。

「取り出しやすく」「持ち運びやすい」

まさに、アジング・バス・トラウト・メバリング・ガシリングなど、小物が多い釣法(ライトゲーム)に適した製品である。

そこで、レポ部では・・・
ワーム&フックを豊富に収納できる?!Daiwa(ダイワ)からワームホルダー(A)が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ワームホルダー(A)

ワームホルダー(A)の収納スペースは5つ。

本体の収納スペースは4つ、カバー裏面のファスナー付きポケットに1つ設けられている。

本体サイズから判断するに、横:25cm / 縦:16cm までのワームスリーブを収納でき、本体幅は、15cm まで伸ばすことが可能、すなわち、太めのワームスリーブに対応していることから、バスワームなどの大量にワームが袋(スリーブ)に入っていたとしても、難なく収納することができる。

カラーリングは、シルバー・ライム・レッドの3色、それぞれのカラータイプが、黒色(ブラック)の本体カラーの上から大きく、Daiwa(ダイワ)のデザインロゴに使われている。

横幅・縦幅がコンパクトであることから、タックルボックス・クーラーボックスなどに簡単に収めることができる。ただ、収納しすぎによる本体幅のサイズは各自で考慮して欲しい。

小物を豊富に収納でき、小物の幅に合わせて拡張する。

まさに、ライトゲームに適した「変幻自在なコンパクト型ワームホルダー」である。

スペック / 特長

モデル サイズ(cm) 素材 カラーリング
ワームホルダー(A) 5 [~15] × 25 × 16 PVC シルバー・ライム・レッド

This is Worm Holder (A)

チェックしておきたい同メーカー製品

常備、気軽にルアー&ワームを持ち運びたい方には、ルアーワレットを推奨したい。

まるで、財布(長財布)のような感覚で小物を持ち運ぶことができ、カラビナが付属していることから、持ち運び性能&衣服などの設置面に対しても優秀な製品である。

本体内部には、ワームを収納するのに便利な密閉スリーブが3枚付いており、万が一、破れたときのために、これらのスリーブは取り外し可能。

メッシュポケットの中には、針(フック)・小型のワームなどが入れれるようになっている。

本体外側にもチャックが付いていることから、私はちょっとしたライトゲームに出かける際に、財布&小物入れ代わりとして使用している。

バス釣り・シーバス釣りなど、キャッチ&リリースを主体とする釣法では、ルアーワレットとタックルを持っておけば、気軽に釣りを行うことができる。

ライトタックル化を取り入れたい方、すなわち、ランガン性を意識した釣法には、欠かせない製品であることは間違いない。

スペック / 特長

モデル サイズ(cm) カラーリング
ルアーワレット 3 × 21 × 12 ブラック・オリーブ・グレーカモフラージュ

This is Lure Wallet

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介した製品は、2016年5月に登場した、Daiwa(ダイワ)の製品である。

  • ワームホルダー(A)

ランガン性・ライトタックル化を意識した釣法では、

  • ルアーワレット

ワームホルダー(A)は、コンパクトサイズだが、豊富な収納エリアを兼ね揃えた製品だ。

是非、ワーム・ジグヘッド・リーダーなどの小物の収納スペースにお困りの方は、Daiwa(ダイワ)から製品化されたワームホルダー(A)を使用してはいかがだろうか。