手をかざすだけでライトアップ!PROX(プロックス)から新型のセンサーヘッドランプが登場

プロックス

2016年4月26日に、PROX(プロックス)から、新型のヘッドライトが登場した。

手をかざすだけで広範囲をライトアップすることができ、従来のヘッドライトのようなスイッチを押す動作を無くし、スムーズに点灯させることができる優れた製品となっている。

今回は、プロックスから登場した次世代のヘッドライトについて注目することにした。

そこで、レポ部では・・・
手をかざすだけでライトアップ!PROX(プロックス)から新型のセンサーヘッドランプが登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

3W LED センサーヘッドランプ

手をかざすだけでライトアップすることができるセンサー付きヘッドライトが製品化された。

タイトルが示す「3W」とは、強(165) / 中(80) / 弱(40)の3段階の点灯の形式を表す。

最大は165ルーメン、ヘッドライトの中では高い光総量(ルーメン指数)となるため、足元も広範囲に照らすことができる。

ただ、相手に向けて照らすと相手によってはストレスに感じてしまうため、そのようなときには、中(80) / 弱(40)と状況に合わせて使用できるメリットを兼ね揃えている。

PROX(プロックス)のキャッチフレーズは、

  • 釣りをもっとお手軽に…

このキャッチフレーズが示すように、コストパフォーマンス・性能・機能共に優秀な製品を数多く生み出しているメーカーから産まれた製品である。

スペック / 特長

タイプ 電池 ルーメン カラーリング
3W LED 単4 × 3個 165 ホワイト・ブラック

This is 3W LED PROX

従来のヘッドライトのデメリットを補った製品

従来のヘッドライトでは、スイッチを押すことにより、点灯させるタイプが多かった。

ただ、ナイトゲームで使用することが多いヘッドライトでは、手探りでスイッチの場所を探すしかないためにストレスに感じることが多かった。

PROX(プロックス)のヘッドランプは、センサーで手の動きを検知することで、スムーズに仕掛けのセッティング、フッキングした際のフックの取り外すことが可能。

何より、センサーが大きめに作られているからか、スイッチを切り替える動作が非常に速い。

従来のヘッドライトのデメリットを補いつつ、改良を加えた次世代のヘッドライトと感じる。

角度の調節も可能、マニュアルモード or センサーモードの変更、ルーメン値(ライトアップ)の変更と、性能・機能面に関しても素晴らしい製品である。

チェックしておきたい同メーカー製品

PROX(プロックス)は、数あるユニークな製品を産出してきたメーカーだ。

その中でも、2016年4月22日に製品化されたギア変動型リール「バルトム2スピード」は、是非、チェックしておきたい。

なんと、リール1つで2段階のギアを変更することができ、繊細なファイトを強いられる状況に置かれた場合にはノーマルギア(LOW)で獲物に対抗し、青物などにラインを持っていかれ距離が出ている場合はハイギア(HIGH)で対抗するなど、状況によって使い分けることができるギアチェンジシステムを搭載したリールである。

サイズのバリエーションも豊富で、あらゆる獲物(魚)がターゲットにすることが可能となるオールラウンドモデルといって過言ではない。

ギア変動リール「バルトム2スピード」については、以下のリンクにてレポートしている。

PROX(プロックス)から2つのギアを持つスピニングリール「バルトム2スピード」が登場
PROX(プロックス)から2段階のギア比率を持つスピニングリールが製品化された。 その製品の名前は、 バルトム2スピード ...

まとめ

いかがだろうか。

今回、紹介した製品は、ワンタッチでライトアップが可能となるヘッドライトである。

  • 3W LED センサーヘッドランプ

環境によって使い分けることができる次世代のセンサータイプ型ヘッドライトだ。

是非、この際に、PROX(プロックス)のセンサーヘッドランプを試してみて欲しい。