Daiwa(ダイワ)から新種のバスワーム「クローズ」と「ボスクロー」が登場

クローズ&ボスクロー

2016年4月に、Daiwa(ダイワ)から、新型のバスワームが登場した。

今回、登場した製品は以下のとおりだ。

  • クローズ
  • ボスクロー

テール部位は2つに分かれたタイプ、すなわち、ゆらゆらとアピールするタイプ。

ボスクローに関しては、尻尾に切り込みを入れることで、ジタバタとしたアピールに変化させることが可能となるようだ。

そこで、レポ部では・・・
Daiwa(ダイワ)から新種のバスワーム「クローズ」と「ボスクロー」が登場
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

クローズ

Daiwa(ダイワ)から、沈下時間(フォール)を多れるように設計されたバスワームが登場した。

テール・アーム・ダブルテールの各部位を、進行方向に対して抵抗になる方向に向けることにより、ユラユラと揺らめく設計を実現したようだ。

アーム部分の設計が独特、まるで、ワームで作成したスプーンのような形状となっている。

アーム部位がスプーン形状であるからこそ、本体バランスを保つことが可能となるのか。

カラーリングは、ブラックブルーフレーク(黒色)・ジュンバグ(紫色)・スカッパノンレッドフレーク(濃赤)といった渋めの色から、アピールカラーのスカッパノン(赤色)のような派手目な色までもがラインナップされている。

スペック / 特徴

サイズ(インチ) 個数 カラーリング(種類)
3 6 10

This is CRAWS

ボスクロー

Daiwa(ダイワ)から、アレンジ性を利かした飛距離重視のバスワームが登場した。

この製品の一番の特徴は、ボディ内部(前側)にタングステンコアが入っていること。

単体で飛距離を出すことができ、尻尾(爪)のスリットをカットすると、アクション性が変化するような特徴を持っている。

カラーリングは、シュリンプ・グリーンパンプキン・ウォーターブルーメロンフレークといった目立ちにくい色から、ブラックブルー・ジュンバグのような綺麗なカラータイプまでもがラインナップされている。

本体は濃い目に設定され、各パーツ部位が透き通っている仕上がりとなっているようだ。

環境・状況によって、アクション性を変化させ、釣果に繋げれるようなワームである。

スペック / 特徴

サイズ(インチ) 個数 カラーリング(種類)
3 6 10

This is BOTH CRAW

まとめ

いかがだろうか。

2016年4月に、Daiwa(ダイワ)から、新型のバスワームが登場した。

それぞれのワームの特徴としては、

  • クローズ(フォールを意識して攻略するゲームタイプ)
  • ボスクロー(状況によって使いこなすアレンジタイプ)

安定性に優れた平面型のワーム、足が多く付いていることにより、使い方によっては、リアクションバイトを多く取ることができる。

是非、新型のバスワーム「クローズ」と「ボスクロー」をチェックしてみて欲しい。