インスタントな環境を身近に!?イワタニの「ジュニアバーナー」が話題に!

ジュニアバーナー

ガス・エネルギー関連事業を展開する岩谷産業のジュニアバーナーが話題となっている。

コンパクトサイズに収納でき、土台の付いた安定性が優れたコンパクトバーナーだ。

ハイキングや軽登山、ツーリング、フィッシングなどのアウトドアに重宝し、防災備品としても、荷物にならない収納性に優れた製品である。

そこで、レポ部では・・・
インスタントな環境を身近に!?イワタニの「ジュニアバーナー」が話題に!
をレポートしたいと思う。
スポンサードリンク

ジュニアバーナー(CB-JRB-3)

Iwatani(イワタニ)のコンパクトバーナーの魅力は、気軽にアウトドア環境に持って行ける「収納力」と、鍋・やかん・トレックなどのツールを置く土台の「安定力」である。

別途、ツールを支える支柱(五徳)を用意しなくとも、ジュニアバーナーには、4方向から成る支えが本体に付いている。

数あるコンパクトバーナーの中でも、コストパフォーマンスに優れ、イワタニカセットガスジュニア使用時には、約40分の火力持続性を持っている製品だ。

お湯の沸騰は500mlの湯が5分で沸かせることを確認した。

正式な価格は載せることができないため、公式サイト、もしくは、通販サイトにて確認して欲しい。

カセットガスも忘れずに…

カセットガスには、同じく、Iwatani(イワタニ)のカセットガスを推奨する。

Iwatani(イワタニ)から製品化されているカセットガスは以下のとおりだ。

  • イワタニカセットガス
  • イワタニカセットガスジュニア
  • イワタニカセットガスパワーゴールド

このジュニアバーナーには「イワタニカセットガスジュニア」が1本付属しているが、先ほど解説したイワタニカセットガスジュニアの火力持続性から判断するに、別途、カセットガスを用意しておいた方が無難である。

ジュニアバーナーとセットで使いたいツール

ジュニアバーナーと併用したいツールについて紹介しよう。

当サイトがオススメしたい製品は2つだ。

まずは、ジュニアバーナーの火を風から保護するロゴス(LOGOS)のウィンドスクリーン。

コンパクトに折りたたむことができ、その収納サイズは、幅9.5×長さ25×厚さ2.5cm。

着火時の危険性を軽減し、外観はスタイリッシュなシルバーミラータイプである。

2つ目は、ジュニアバーナーの安定性を引き出すツール「アルミロールテーブル」だ。

キャプテンスタッグから製品化されている土台は、軽量、コンパクトサイズ、そして、約30kgまでの荷物に耐えることができる性能を持っている。

ちょっとしたアウトドアには不向きだが、長時間、しっかりと構えるアウトドアには、もってこいの製品だ。

まとめ

Iwatani(イワタニ)から、収納性・機能性に優れたジュニアバーナーが登場した。

本体素材がアルミニウムだけに軽量、五徳・脚・風防にはステンレス素材が使われ、安定面に対しても優秀な製品である。

是非、ハイキングや軽登山、ツーリング、フィッシングなどのアウトドアだけで無く、防災備品として、一家に1つを常備してはいかがだろうか。

関連製品